フルテキストURL kokugo_32_(1)_(12).pdf
著者 又吉 里美|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ (1)
終了ページ (12)
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_(13)_(25).pdf
著者 岡 実咲|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ (13)
終了ページ (25)
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_016_028.pdf
著者 小出 真規|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ 16
終了ページ 28
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name kokugo
フルテキストURL kokugo_32_001_015.pdf
著者 木村 功|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
出版者 岡山大学教育学部国語研究会
開始ページ 1
終了ページ 15
ISSN 2189-5414
NCID AN10178265
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name kokugo
JaLCDOI 10.18926/OLR/55836
タイトル(別表記) Okayama Prefecture Soja City HIKIKOMORI Support Center “One Touch” : Background of Establishment and its Achievement
フルテキストURL olr_020_129_138.pdf
著者 佐々木 恵|
備考 権利擁護研究会 (Okayama Advocacy Research Group)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 129
終了ページ 138
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 13
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55835
タイトル(別表記) Issues of the Master Plan for Promotion of Utilization of Adult Guardianship
フルテキストURL olr_020_107_127.pdf
著者 上山 泰|
備考 権利擁護研究会 (Okayama Advocacy Research Group)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 107
終了ページ 127
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 12
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55834
タイトル(別表記) Wildlife and State Tort Liability Law
フルテキストURL olr_020_089_106.pdf
著者 吉野 夏己|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 89
終了ページ 106
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 11
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55833
タイトル(別表記) Legal Consideration on Damages of Wild Animals
フルテキストURL olr_020_081_087.pdf
著者 津田 真臣|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 81
終了ページ 87
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 10
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55832
タイトル(別表記) The Overview of Protection and Control of Wild Birds and  Mammals and Hunting Management Law
フルテキストURL olr_020_073_079.pdf
著者 吉鶴 直斗|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group) 特集「有害鳥獣とどう向き合うか」 (How We Approach Injurious Wildlife Matters?)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 73
終了ページ 79
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 9
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55831
タイトル(別表記) Judicial Review of Local Governments’ Waivers of their Right to  Damages:Validity of Local Assemblies’ Waiver Resolutions
フルテキストURL olr_020_059_072.pdf
著者 東原 良樹|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 59
終了ページ 72
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 8
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55830
フルテキストURL olr_020_041_057.pdf
著者 小林 裕彦|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group ) 特集「平成29年度地方自治法改正 : 住民訴訟と監査制度の見直しについて」 (The 2017 Amendment to the Local Autonomy Law)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 41
終了ページ 57
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 7
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55829
タイトル(別表記) Ordinances and Human Rights in the Decentralized Society : From Japanese Constitutional Law’s Perspective
フルテキストURL olr_020_031_039.pdf
著者 大島 佳代子|
備考 岡山行政法実務研究会 (Okayama Administrative Law Research Group)   特集「条例制定権の限界 : 憲法学・行政法学の視点から」 (The Extent of Power to Enact Local Ordinances: From Constitutional and Administrative Law’s Perspective)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 31
終了ページ 39
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 6
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55828
タイトル(別表記) From Law Firm to IT Company : The Best Part of Corporate Lawyer
フルテキストURL olr_020_019_030.pdf
著者 向井 亜希|
備考 組織内弁護士研修講義録 (Lecture for In-House Lawyers)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 19
終了ページ 30
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55827
タイトル(別表記) Contingency of Revolving Guarantee before the Principal is established
フルテキストURL olr_020_011_018.pdf
著者 井藤 公量|
備考 論説 (Articles)
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 11
終了ページ 18
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/OLR/55826
タイトル(別表記) Verwaltungsrecht und Privat-Begriff
フルテキストURL olr_020_001_010.pdf
著者 岡田 雅夫|
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2018-03
20巻
出版者 岡山大学大学院法務研究科
出版者(別表記) Okayama Law School
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 1881-1485
NCID AA12143769
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name olr
JaLCDOI 10.18926/CTED/55819
タイトル(別表記) A Review of the U.S. Supreme Court decision in Endrew F. v. Douglas County School District (2017) : Implications for Academic Achievement for Students with Disabilities.
フルテキストURL cted_008_207_212.pdf
著者 天野 佑美| 劉 文浩| 趙 氷雁| 吉利 宗久|
抄録 本稿は,学校が障害のある子どもに保障すべき教育成果の水準について,米国連邦最高裁判所が示した画期的な判決(Endrew F. v. Douglas County SD , 2017)の論点を捉えることにより,今後のインクルーシブ教育のあり方の検討に必要な基礎資料を提供することを目的とした。米国では障害者教育法(IDEA)により,障害のある子どもに対する「無償で適切な公教育」(FAPE)が保障されている。従来,FAPEが求める教育成果の水準に関しては,1980年代の最高裁判所判決(Board of Educ. v. Rowley , 1982)が大きな影響を与えてきた。つまり,FAPEの要求は「最小限を満たすもの」であれば足りると解釈されてきた。しかしながら,Endrew 裁判によって,実質的な意味のある教育成果が求められることが判示された。今後,本裁判を契機に,障害のある子どもに対する教育の成果がこれまで以上に大きな議論となることも予想できる。
抄録(別表記) The purpose of this brief note was to understand the whole context of the "Endrew F. v. Douglas County School District " (2017) in the U.S. Supreme Court. The Individuals with Disabilities Education Act (IDEA) requires to guarantee a free appropriate public education (FAPE) for students with disabilities. In the "Board of Education of the Hendrick Hudson Central School District v. Rowley " (1982), the U.S. Supreme Court was rejected requirement to maximize educational potential of student. This decision has been quoted for a long time in the lower courts. However, new standard in the Andrew case was judged. We provides a summary of important legal contents.
キーワード 無償で適切な公教育 (free appropriate public education) 個別教育計画 教育権 (educational rights) 判決 (court decisions) インクルーシブ教育 (inclusive education)
備考 資料
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 207
終了ページ 212
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
Sort Key 19
Eprints Journal Name cted
JaLCDOI 10.18926/CTED/55818
タイトル(別表記) A Study on Parental Anxiety Over Child Rearing and Child Care Support for Parents with Children before and after Entering Elementary Schools
フルテキストURL cted_008_193_206.pdf
著者 岡﨑 由美子| 安藤 美華代|
抄録  本研究では,就学前後の子をもつ養育者が,子育てで感じている喜びや不安,必要としている支援について検討し,子育て支援のあり方について考察した。子ども園に通う3から5歳児の保護者と小学1,2年生児の保護者に子育てに関する自記式調査を行い,回答を得られた166名の記述内容について検討した。質的分析から,子ども園児・小学校児童の保護者とも,子どもの成長や姿,一緒に行動することに喜びを感じていた。一方,子ども園や学校での適応や保護者自身の子どもへの対応に不安を感じていた。このような状況から養育者への支援として,就学前教育と小学校教育の連携の強化,保護者同士の交流の場や機会の提供,相談体制の整備,子育てに関する講演会や心理教育の提供,子育て支援に関する満足度の定期的見立てが重要であると考えられた。以上より,子育て支援には,心理的支援を含めた多面的な支援が重要であることが示唆された。
抄録(別表記)  The objective of this study is to understand child care support systems for parents, based on analyses of data from parents with children, relative to need, degree of anxiety, and level of happiness during child rearing years. Parents of pre-school children, aged 3-5 years and/or 1st and 2nd graders answered a self-reported questionnaire on child rearing. This data of 166 parents were analyzed qualitatively. Most parents with children before and after entering elementary schools reported happiness through child growth and being together. On the other hand, some parents felt anxiety concerning child adjustment in school along with their own attitudes toward their children. It was suggested that collaborative child care support during pre-school and elementary school years would be helpful in providing opportunities to facilitate communication between other parents. This would include consultation concerning child rearing anxiety, and opportunities to attend lectures and psychoeducational workshops. Evaluation of child care support systems is necessary for better outcomes. In conclusion, it may be important to prevent child rearing anxiety through various support means, including psychological support in child care.
キーワード 養育者 (parent) 子育て不安 (child rearing anxiety) 子育て支援 (child care support) 就学前後 (before and after entering elementary school) 心理的支援 (psychological support)
備考 資料
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 193
終了ページ 206
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
Sort Key 18
Eprints Journal Name cted
JaLCDOI 10.18926/CTED/55817
タイトル(別表記) 慢性疾患患児に対する復学支援の研究動向
フルテキストURL cted_008_181_191.pdf
著者 村上 理絵| 大守 伊織|
抄録 The principle aim of the present study was to elucidate research trends and issues related to school re-entry. We reviewed past studies concerning school re-entry support for children with chronic illness. A total of 36 papers were analyzed for the keywords of "school re-entry," "support," "pediatric cancer," and "chronic illness." The results revealed that the concerns regarding the children and school re-entry support roles of legal guardians, healthcare providers, teachers, etc., and specific examples of collaboration with other occupations. "Guaranty a right to learn " and "relationship maintenance" were noted as issues, and ensuring a system that can establish certain learning opportunities even if the enrollment status of the child changes, continued maintenance of relationships of the patient before the onset of disease, and support to maintain the relationship of healthcare providers and teachers who are involved after onset of the disease are necessary even after school re-entry.
抄録(別表記) 本研究では、慢性疾患患児の復学支援に関する研究を概観し、研究の動向と課題を明らかにした。「復学」「支援」「小児がん」「慢性疾患」をキーワードとする36文献を分析した。その結果、保護者、医療関係者、教師など、患児に関わる人たちの思いや復学支援における役割、他職種連携、連携の具体例、高校生や思春期における復学支援の現状と課題などについて研究されていた。課題としては、「学習保障」および「関係維持」を挙げることができ、患児の学籍が変更になっても一定の教育機会を設けることのできるシステムの確保と、患児が発病前からつながっている人間関係を維持し、発病後に関わることになった医療関係者や教師と復学後もつながり続けられるような支援が必要と考えられた。
キーワード school re-entry (復学) support (支援) chronic illness (慢性疾患)
備考 資料
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 181
終了ページ 191
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 English
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
Sort Key 17
Eprints Journal Name cted
JaLCDOI 10.18926/CTED/55816
タイトル(別表記) Study of “Confusion after the Entrance to Higher Education” Ⅱ : Practice of Psychological Support Service for Student
フルテキストURL cted_008_173_180.pdf
著者 池谷 航介| 原田 新|
抄録   本稿は,学生が大学入学後に陥りがちな高等学校と大学とのギャップからくる戸惑いや困難の状態を「大1コンフュージョン」であると,その要因を踏まえた支援の在り方について,学校心理学における3段階の心理教育的援助サービスの枠組みを用いて分類しつつ論考するものである。「大1コンフュージョン」の予防と緩和に関する実践的研究を推進するにあたって,(1)全ての新入学生,(2)苦戦し始めた一部の学生,(3)苦戦が著しい状態にある特定の学生,以上のそれぞれを対象とした具体的な支援例について検討した。
抄録(別表記) In this study, a gap between a high school and a university that new students tend to experience after entering the university is discussed. We call the strong bewilderment and difficulties caused by this gap “Confusion after the entrance to higher education “. Employing the concept of support service in the school psychology was thought to be a proper measure against these problems. As a practice to proceed with the study, some actual cases were examined.
キーワード 学生支援 (support for student) 発達障害 (developmental disorder) 大1コンフュージョン (confusion after the entrance to higher education) 心理教育的援助サービス (psychological support service)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 173
終了ページ 180
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
Sort Key 16
Eprints Journal Name cted
JaLCDOI 10.18926/CTED/55815
タイトル(別表記) Viewpoints of Class Improvement in Teaching Elementary School Science
フルテキストURL cted_008_159_171.pdf
著者 山﨑 光洋|
抄録 平成29年3月に公示された新学習指導要領では,「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が求められている。また,理科としては,育成を目指す資質・能力や,「理科の見方・考え方」といった新たに示された内容や視点に対応した学習指導の充実に取り組む必要もある。しかし,学習指導の充実は,新たな内容や視点を加えれば実現するというものではない。小学校の教師の多くは,問題解決的な理科の学習を指導することは難しいと感じている。理科の学習過程として問題解決の過程を重視した今回の改定により,その印象が加速されることが懸念される。本稿では,問題解決の過程を理科の学習過程に位置付ける上での課題と,理科の学習過程に沿った学習指導を行う上での課題を具体例で示しながら,それらへの対策を検討し,新学習指導要領実施に向けた学習指導改善の手掛かりをつかむための視点として提案する。
キーワード 小学校理科 (elementary school science) 授業改善 (instructional improvement) 観察・実験 (observation and experiment ) 教材 (development of teaching materials) 授業構成 (structure of activities)
備考 研究ノート
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 159
終了ページ 171
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
Sort Key 15
Eprints Journal Name cted