著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/19805
タイトル(別表記) Clinical studies on bronchial asthma induced by chironomid midges -comparison between positive and negative cases to house dust-
フルテキストURL 060_054_060.pdf
著者 貴谷 光| 荒木 洋行| 周藤 眞康| 谷崎 勝朗| 多田 慎也| 高橋 清| 木村 郁郎| 松岡 裕之| 石井 明|
抄録 近年ユスリカが気管支喘息の原因抗原となり得ることが報告されている。しかし,その臨床的特徴はいまだ明らかにされていない。このユスリカ抗原の特徴を検討する目的で,気管支喘息症例163例をHD(ハウスダスト)に感作されたRAST score2+以上の陽性例82例とscore1+以下の陰性例81例とに分けて比較検討を行なった。その結果皮膚反応,ヒスタミン遊離,CTT抗原を用いた特異的IgE抗体いずれの検討においても,HDに感作された症例が,よりユスリカ抗原にも感作されやすいことが明らかになった。
抄録(別表記) In recent years it has been reported that chironomid migdes might be one of the causative allergens in bronchial asthma. In order to clarify the clinical characteristics of bronchial asthma induced by chironomid midges (Tokunagayusurika akamusi), 163 patients with bronchial asthma were studied. The subjects were divided into two groups ; cases with negative (0~1 + ) and positive (2 + or more) RAST score to house dust. 1. Skin reaction to midges was positive in 54 cases (33.1%) out of 163 patients with bronchial asthma. Thirty-six cases (43.9%) out of 82 asthmatics with positive RAST score to house dust showed positive skin reaction to midges, but in 81 cases with negative RAST score, only 18 cases (22.2%) showed positive skin reaction. 2. Fourteen cases out of 85 asthmatics showed a significant amount of histamine release (more than 15%). A significant amount of histamine release was observed in 12 cases (23.5%) out of 51 cases with positive RAST score, but in only two cases (5.9%) out of 24 cases with negative RAST score. 3. Specific IgE antibodies to CTT (Chiromonus thummi thummi) was positive in 12 cases (18.2%) out of 66 asthmatics. In 41 asthmatics with positive RAST score to house dust, 12 cases (29.3%) showed positive RAST score to CTT, though in 25 cases with negative RAST score to house dust no cases showed positive RAST score to CTT. In conclusion, cases with house dust allergy were more easily sensitized by chironomid migdes than those cases without house dust allergy.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) ユスリカ (Chironomid midges) ヒスタミン遊離 (Histamine release) ハウスダスト (House dust)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 54
終了ページ 60
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309057
JaLCDOI 10.18926/19817
タイトル(別表記) Radiation horrnesis with Radon baths
フルテキストURL 060_072_075.pdf
著者 古元 嘉昭| 得能 輝男| 曽田 益弘| 平井 俊一| 森末 真八| 鈴鹿 伊智雄| 砂川 満| 萬 秀憲|
抄録 ラドン泉浴の保温作用は,薬効的には高濃度(13,764-23,743Bq/ℓ)ラドンの吸入による組織循環の改善による。ラドンによる脈管作動的機序はなお明らかにし得ていないが,末梢循環改着作用に基づく保温効果は疲労回復,及び退行性変性の慢性疼痛緩解に適応を有する。生物に対する放射能は,すべて有害とする認識が一般的であるが,自然放射能を含めてその刺激作用によりbio-positiveの恩恵を受けている。ラドン泉浴によるbio-negativeの報告も見られる中で,ホメオスターシスの維持に必要なbio-positiveなhormetic effectsとしての刺激作用の解明が望まれる。
抄録(別表記) Radon bathings is indicated for chronic pain caused by degenerative changes in connective tissues by warming effect as a result of the improvement in tissue perfusion based on the experimental inhalation study for high concentration of Radon (13,764-23,743 Bq/ℓ). Radioactive radiation has been thought to be bio-negative in general. The environmental radiation in Misasa hospital of 80.7±7.8mBq/ℓ and 265.8±98.8mBq/ℓ in the steam bath room (727-2,395% of Rn-free district) may contribute on Rn spa therapy, as we have no experiences of bio-negative effects of Rn on epidemiology study. It seems probable that the early data of cosmic radiation effects to promote reproduction rate on the primitive organisms have significance and that the ambient radiation is essential for normal physiological function and life of the living organisms. In order to share the benefit of hormetic effects (hormesis) with Radon springs, optimal dosis should be determined together with the development of precise micro-dosimetry.
キーワード ラドン泉 (Radon springs) 適応症 (lndications) 放射能泉 (Radioactive springs) ホルミシス (Hormesis)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 72
終了ページ 75
ISSN 09133771
関連URL http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/6511
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005816789
著者 松原 扶美恵| 遠藤 裕井| 周藤 眞康| 谷崎 勝朗|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/19797
タイトル(別表記) Clinical evaluation of co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study for early diagnosis of colon cancer
フルテキストURL 060_039_046.pdf
著者 越智 浩二| 石橋 忠明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 林本 加奈枝|
抄録 注腸・内視鏡同日併用法の大腸早期癌診断における有用性の検討,その診断能向上のための検査前日食改善を目的に,同法を施行した94例の診断能,従来のBrown変法に準じた献立食とレトルト食(サンケンクリン)とのX線画像の質,内視鏡時の残渣の程度,被検者への味のアンケートを分析した。発見大腸腫瘍は癌5例(早期癌2例,進行癌3例),ポリープ26例32病変である。早期癌はともにポリープの形態をとり,注腸,内視鏡とも病変を指摘できた。病変の好発部位である直腸・S状結腸で注腸・内視鏡によるダブルチェックができる。前日食の検討ではレトルト食が従来の献立食と比し,注腸・内視鏡ともに優れた腸内洗浄能を有し,味のアンケートからも劣ることはなかった。大腸癌早期発見の2次スクリーニングとして,レトルト食を前日食とする同法の有用性が示された。
キーワード 大腸早期癌 (Ealry diagnosis of colon cancer) 注腸・内視鏡同日併用法 (Co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study) 大腸検査前処置 (Preparation for colon examination)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 39
終了ページ 46
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309136
JaLCDOI 10.18926/19793
タイトル(別表記) Maternity swimmlng at Misasa Hospital of Okayama University Medical School. Second report. The indication and its practice.
フルテキストURL 060_035_038.pdf
著者 奥田 博之| 近藤 裕司| 坂田 旬子| 吉田 佐知江| 谷崎 勝朗|
抄録 第一報において,当科外来通院妊婦を対象とした妊婦水泳に関するアンケート調査の結果を報告1)したが,その結果にもとづき,1988年2月より妊婦水泳を開始し,11カ月を経過した。この間,初産婦および前回難産経験をもつ経産婦を主たる対象として,積極的に水泳を奨めた結果,18例の妊婦水泳を経験することができた。その結果,流早産例は1例もなく,児の予後も良好であり,妊婦管理の一環としての妊婦水泳の安全性と有用性が確認できたので,当科における妊婦水泳の現状とその適応につき報告する。
抄録(別表記) From February to December, 1988, 18 cases of maternity swimming were deliverd at Misasa hospital of Okayama university medical school. Then we discussed the indication, safety and effectiveness of maternity swimmmg. (Results) (1) Fifteen cases (83.3%) were primiparas and 5 cases (27.8%) were 30 years old or more. (2) As for the weeks of pregnancy at the beginning of swimming, the earliest one was at 18 weeks and the latest one was at 37 weeks. (3) The times of swimming during pregnancy were variou in each case, and the maxirnum one was 20 times and the minimum one was 2 times. (4) There was no abortion and premature delivery. (5) There was no low birth weight infant and no asphxia of the newborn. (Conclusion) The inducement of maternity swimming is safe and effective to the management of pregnancy, especially to the cases of primipara, old aged or having minor disturbance.
キーワード 妊婦水泳 (Maternity swimming)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 35
終了ページ 38
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309143
JaLCDOI 10.18926/19832
タイトル(別表記) Analytic study on colon examination for the past three years.
フルテキストURL 060_100_102.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 越智 浩二|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 100
終了ページ 102
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309110
JaLCDOI 10.18926/19776
タイトル(別表記) Spa therapy for chronic respiratory disease- in subjects admitted in 1988.
フルテキストURL 060_006_013.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 貴谷 光| 荒木 洋行|
抄録 1988年1月より12月までの1年間に当院へ入院した慢性呼吸器疾患患者62例を対象に,背景因子,臨床的特徴および温泉療法の臨床効果について検討を加えた。1.対象62例のうちわけは,気管支喘息49例,瀰漫性汎細気管支炎4例,肺気腫4例,アレルギー性肉芽腫性血管炎3例,肺結核,気管支拡張症各1例であった。2.これら62症例のうち,温泉療法を受けた症例は41例(66.1%)であった。3.温泉療法を受けた症例の地域分布では,鳥取県からの入院症例32例では14例(43.8%)であり,同様に岡山県からの入院症例17例では15例(88.2%),その他の県からの入院症例13例では12例(92.3%)であった。4.温泉療法の臨床効果は,気管支喘息では33例中著効12例,有効15例,やや有効5例,無効1例で,明らかな有効例は27例(81.9%)であった。また温泉療法は瀰漫性汎細気管支炎,アレルギー性肉芽腫性血管炎などに対しても有効であった。
抄録(別表記) Backgrounds, immpnological characteristics and clinical effects of spa therapy were examined in patients with chronic respiratory disease admitted at Misasa Branch Hospital in 1988. 1. Sixty two patients with chronic respiratory disease comprised 49 patients with brohchial asthma, 4 with diffuse panbronchiolitis, 4 with pulmonary emphysema, 3 with allergic granulomatous angitis, each 1 with lung tuberculosis and with bronchiectasia. 2. Forty one patients (66.1%) out of the 62 cases had spa therapy. 3. Out of 32 patients coming from Tottori prefecture, 14 cases (43.8%) received spa therapy. On the other hand, spa therapy was carried out for 15 cases (88.2%) out of the 17 cases from Okayama prefecture, and for 12 cases (92.3%) out of the 13 cases from the other prefectures (long distant areas). 4. Spa therapy was effective in 27 cases (81.9%) out of the 33 patients with bronchial asthma. Spa therapy also effective for patients with diffuse panbronchiolitis, and allergic granulomatous angitis.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 瀰漫性汎細気管支炎 (Diffuse panbronchiolitis) アレルギー性肉芽腫性血管炎 (Allergic granulomatous angitis) 温泉療法 (Spa therapy)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 6
終了ページ 13
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309166
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/19785
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma -Clinicai studies on 93 cases with bronchial asthma-
フルテキストURL 060_025_030.pdf
著者 周藤 真康| 荒木 洋行| 貴谷 光| 谷崎 勝朗|
抄録 1982年1月から1988年12月までの7年間に三朝分院内科に入院し,温泉療法を受けた気管支喘息93例を対象に,その背景因子,免疫アレルギー学的要素および温泉療法の臨床効果について総合的に検討した。1.年齢の平均は52.6才,発症年齢の平均は41.7才であり,両者ともやや高齢であった。2.血清IgE値の平均は506.2IU/mℓであった。300IU/mℓ以下の症例は59例(63.4%)であり,半数以上の症例が血清IgE値正常ないし低値を示した。3.皮内反応ではカンジダに陽性を示す症例が44例と最も多く,次にハウスダスト(以下HDと略す)26例,スギ13例,キヌ8例であった。4.換気機能検査では気管支攣縮型において換気機能の低下傾向が最も少なく,細気管支閉塞型で換気機能の低下傾向が特に% MMF,% V(50),% V(25)のような細気管支の閉塞を示すパラメーターの低下傾向がより高度であった。5.対象症例の臨床病型は気管支攣縮型が47例でほぼ対象症例の半数を占め次いで気管支攣縮+過分泌型29例,細気管支閉塞型17例の順であった。6.温泉療法の全般的有効率は79.6%であった。臨床病型別では細気管支閉塞型17例中16例(94.1%)が有効例であり,細気管支閉塞型で最も有効例がみられた。
抄録(別表記) Allergological characteristics and factors of spa therapy in relation to clinical effects were studied on 93 patients, who were adirnitted at Misasa Branch Hospital from 1982 to 1988. Fifty-seven out of 93 cases were steroid-dependent intractable asthma. 1. The mean age was 52.6 and the mean age at onset was 41.7 years old. The age and age at onset were higher ip these asthma cases. 2. The mean serum IgE levels was 506.2IU/mℓ. Serum IgE levels were generally low, and less than 300IU/mℓ in many cases. 3. Frequency of positive skin reactions to various allergens was generally low, and considerably higher in the two allergens, candida albicans and house dust. Cases with posiitive RAST score was most frequently observed in house dust, followed by candida albicans and J. cedar. 4. Ventilatory function tests of these patients showed that % V(50), % V(25)and % MMF which represent small airway obstruction were less decreased in bronchospasm type and most deereased in bronchiolar obstruction type. 5. The bronchospasm type was most frequently observed, followed by bronchospasm-hypersecretion type and bronchiolar obstruction type. 6. Spa therapy was effective in 74 cases (79.6%) out of the 93 patients, and regarding clinical classification of asthma type, spa therapy was most effective in the cases with bronchiolar obstruction type.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (Spa therapy) 臨床病型 (Asthma type)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 25
終了ページ 30
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309015
JaLCDOI 10.18926/19779
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma-Clinical effects of inhalation of iodine salt soluions.
フルテキストURL 060_019_024.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 貴谷 光| 荒木 洋行|
抄録 気管支喘息20例を対象に,ヨードゾル吸入療法を行ない,その臨床効果について検討を加えた。1.ヨードゾル2週間吸入後の臨床効果判定では,著効4例(20%),有効11例(75%),やや有効4例(20%),無効1例(5%)であり,有効以上の明らかな有効例は20例中15例(75%)であった。また臨床病型別の効果の検討では,明らかな有効例は,Ⅰa.気管支攣縮型では9例中6例(66.7%),Ⅰb.気管支攣縮+過分泌型では9例中7例(77.8%)であった。一方,Ⅱ.細気管支閉塞型では2例いずれも有効であった。2.ヨードゾル1回吸入後の換気機能の改善率は,FVC8.5%,FEV(1.0)11.0%,PEFR9.7%,MMF12.2%, V(50)14.4%, V(25)14.8%であり,閉塞性換気障害を示すパラメーターの改善率がやや高く,なかでも小さい気道の換気障害と関連の深いMMFやV(25)の改善率が高い傾向がみられた。
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) ヨードゾル吸入 (Inhalation of iodine salt sotutlon) 温泉療法 (Spa therapy) 換気機能 (Ventilatory function)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309118
JaLCDOI 10.18926/19777
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Effect of spa therapy on adrenal glands function.
フルテキストURL 060_014_018.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 貴谷 光| 荒木 洋行|
抄録 気管支喘息30症例を対象に,血中コーチゾール値を観察することにより,温泉療法の副腎皮質機能に及ぼす影響について検討を加えた。1.対象30症例の平均血中コーチゾール値は,5.64±4.95γ/dℓであった。このうち,ステロイド依存性喘息15例では,2.25±2.51γ/dℓ,ステロイド非使用の喘息15例では,9.02±4.47γ/dℓであり,ステロイド依存性喘息症例で有 意の低下傾向が見られた(P<0.001)。2.1-3カ月間の温泉療法前後での比較では,療法前の平均血中コーチゾール値は5.26±4.98γ/dℓ,後では9.51±5.26γ/dℓであり,温泉療法により有意の上昇がみられた(P<0.05)。3.1回の温泉浴前後の血中コーチゾール値の変動では,変動のみられない群と上昇傾向を示す群の2つの症例群が観察された。このうち,変動のみられない症例群は,もともと血中コーチゾール値が正常であるか,あるいは副腎皮質機能が疲弊してしまっているかのいずれかであった。
抄録(別表記) Effect of spa therapy on adrenai glands function was studied in 30 patients with bronchial asthma, by observing serum cortisol levels. 1. The mean of serum cortisol levels was 5.64±4.95γ/dℓ in all cases, 2.25±2.51γ/dℓ in 15 cases with steroid dependent asthma and 9.02±4.47γ/dℓ in 15 cases without steroid therapy. There was a significant difference between the two groups (P<0.001). 2. Serum cortisol levels were measured before and after spa therapy for 1 to 3 months. The mean of serum cortisol levels increased from 5.26±4.98γ/dℓ before spa therapy, to 9.51±5.26γ/dℓ after spa therapy, which was significantly higher than the former (P<0.05). 3. Changes of serum cortisol levels after hot spring bath fot 20 min were observed. Serum cortisol levels seased in one group, and did not change in the other groups after 20-min hot spring bath. In no change groups of serum cortisol levels, adrenocortical function was normal in one group, and highly damaged in the other group.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 血中コーチゾール (Serum cortisol level) 温泉浴 (Hot spring bath) 温泉療法 (Spa therapy)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 14
終了ページ 18
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309101
JaLCDOI 10.18926/19834
タイトル(別表記) Application of personal computer system in nursing division. -(1) Programming for a roster-
著者 中井 睦郎| 吉田 順子| 稲垣 喜久子|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 103
終了ページ 107
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 三朝分院看護部|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/19821
タイトル(別表記) Interstitial matrix components in relation to the pathogenesis of fibrosis
フルテキストURL 060_076_082.pdf
著者 妹尾 敏伸| 原田 英雄| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 石橋 忠明| 武田 正彦| 三宅 啓文|
抄録 慢性膵炎の症例は近年増加の一途をたどっており,その発症機序と病態の解明および対策の確立が急がれている。慢性膵炎の重要な所見の一つである膵間質線維化の発生機序の解明および早期発見法の確立は重要な課題であるが,従来の知見は断片的にすぎない。そこで,筆者らは膵線維化の系統的な研究を始めるにあたって,細胞間マトリックスの構成成分と線維化に関する従来の知見および今後の課題を整理した。細胞間マトリックスのうちでも特にコラーゲン,グリコサミノグリカン,フィブロネクチンをとりあげ,その構造と機能および組織の線維化形成における役割について文献的考察を行った。今後,膵組織および膵液中のプロリンハイドロキシラーゼ,コラーゲンとその型別分布および各型コラーゲンの比,ヘキソサミン,デルマタン硫酸,フィブロネクチン,ラミニンを検討することが重要と思われた。
抄録(別表記) Increasing numbers of patients with chronic pancreatitis have been reported all over the world, including Japan. Pathogenesis of chronic pancreatitis has remained to be revealed and the early detection has remaind difficult despite extensive investigations. Interstitial fibrosis forms one of the most important histopathological features of chronic pancreatitis along with loss of parenchyma and irregular dilatation of the ducts and ductules. However, only a limited numbers of reports have been pubiished on the pathogenetic mechanisms of interstitial fibrosis of the pancres, because tissue materials are not easily accessible and blood samples can hardly reflect the fibrotic process of the pancreas unlike the case of the iiver. Our Preliminary studies revealed that biochemical and immunochemical analysis of pure pancreatic juice, such as determination of collagen, hexosamine, fibronectin and proline hydroxylase, might reflect the fibrotic process of the pancreas. The results led us to review the earlier reports on inter-cellular matrix in relation to the formation of fibrosis to find suitable markers to be evaluated in the future systematic investigations. The review revealed that pure pancreatic juice should be analyzed for collagen, types of collagen, hexosamine, dermatan sulfate, fibronectin, larninin, proline hydroxylase, collagenase and cathepsin B(1).
キーワード 慢性膵炎 (Chronic pancreatitis) 膵の線維化 (Interstitial fibrosis of the pancreas) 膵間質成分 (Interstitial matrix of the pancreas)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 76
終了ページ 82
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309179
JaLCDOI 10.18926/19775
タイトル(別表記) Effect of long-term daily intake of thermal water on gastric mucosal blood flow
フルテキストURL 060_001_005.pdf
著者 田中 淳太郎| 妹尾 敏伸| 松本 秀次| 石橋 忠明| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 内視鏡(オリンパス製XQ-10胃ファイバースコープ)と臓器反射スペクトル法を応用して,2週間連日の飲泉が胃粘膜血流におよぼす効果を検討した。健常者3名および胃疾患患者9名(治癒期にある胃潰瘍の患者6名と慢性胃炎の患者3名)を対象とした。当院飲泉場の温泉水による2週間連日の飲泉を行ない,2週間の飲泉の前後において,胃の3箇所(胃幽門部小弯,前庭部小弯,胃角部小弯)で胃粘膜血流を測定した。その結果,胃前庭部小弯では胃粘膜血流の有意の増加を認めた。しかし胃全体としては有意差を検出出来なかった。個々の症例について検討すると、飲泉後で胃の3箇所すべてにおいて血流が増加したケースが頻度多く認められ,飲泉の有効性が示唆された。従来から認められてきた慢性胃腸疾患に対する飲泉の効果には,胃粘膜血流の改善による要因も加わっている可能性が考えられる。
抄録(別表記) Effect of long-term oral intake of thermal water on gastric mucosal blood flow was evaluated, using an endoscopic organ reflex spectrophotometry together along with an Olympus XQ-10 forward viewing gastro-fiberscope. Three healthy volunteers and nine patients with gastric diseases in remission (six with healed gastric ulcer and three with chronic gastritis) were put on a 2-week treatment with daily oral intake of Misasa thermal water (38 to 42 ℃, 200mℓ, two times a day between meals). Gastric mucosal blood flow was measured just before and after the treatment period at three spots of the stomach (lesser curvature of the pylorus, antrum and angle) : Life style and drugs were unchanged during the period. Following results were obtained : (1) Pre-and post-treatment gastric mucosal blood flow (IHb) was 95.0±18.0, and 98.2±15.3 at the pylorus, respectively ; 104.8±16.9 and 110.8±12.8 at the antrum, respectively ; 116.1±20.4 and 118.7±18.5 at the angle, respectively. (2) However, Evaluation of each individual case showed that the post-treatment values were higher than the pretreatment ones in 75 % of patients at the pylorus and in 67 % of patients at the antrum and angle, respectively. (3) Student's paired t-test showed that the post-treatment increase in blood flow was statistically significant (p<0.05) only at the antrum. These results suggest that an improvement in gastric mucosal blood flow, along with an improvement in gastric secretion and motility, is also contributory to the favorable therapeutic results of spa-drink in chronic gastric diseases. Further studies are in progress to reveal (1) the clinical significance of the improvement in gastric mucosial blood flow, such asacceleration of healing and maintenance of remission, and (2) the characteristics of patients who are likely to show favorable response to the treatment.
キーワード 飲泉療法 (Spa-drink therapy) 胃粘膜血流 (Gastric mucosal blood flow) 臓器反射スペクトル法 (Organ reflex spectrophotometry)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 1
終了ページ 5
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309006
JaLCDOI 10.18926/19828
タイトル(別表記) A case report of linitis plastica type of colon cancer.
フルテキストURL 060_094_099.pdf
著者 平井 俊一| 鈴鹿 伊智雄| 森末 慎八| 曽田 益弘| 得能 輝男| 古元 嘉昭| 砂川 満| 萬 秀憲| 大塚 昭雄|
抄録 原発性びまん浸潤型大腸癌は,全大腸癌症例の1%未満と比較的稀な疾患であり,一般大腸癌症例とくらべてその予後の悪いことで知られている。その原因の一つとして,確定診断の困難さがあるが,これは粘膜病変の欠如のために生検で確論がつきにくい点にある。我々の症例は,43歳の女性で,横行結腸に原発した症例である。腹痛を訴えて入院後,急速にイレウス状態となり,注腸検査で横行結腸の高度な狭窄を認めた。大腸ファイバースコープは腹痛のため病変部まで届かず,膣擦過細胞診およびダグラス窩穿刺腹水細胞診にて腺癌細胞を確認できた。手術所見はP(3)H(0)S(3)N(4)で,姑息切除に終わった。本症は手術時の進行度がきわめて高度であるので,本症を疑って確診のつかない症例には,上記のような細胞診も試みてみるべきと思われる。
抄録(別表記) A 43-year-old women, complaining of abdominal pain and menstrual irregularity was found suffering from adenocarcinoma of the transverse colon by cytology tests for vaginal smear and ascites. She was operated for colonic obstruction palliatively because of the extensive lesions and died 2 months after surgery for all that of the intensive cancer therapy. The histological diagnosis was primary linitis plastica type of carcinoma of the transverse colon. Carcer involvement to the ovaries and uterine tubes could possibly be responsible for the positive cytology test for vaginal smear. This rare type of careinoma demonstrates certain clinicopathological characteristics that differ from those of the ordinary colonic carcinomas, such as unfavourable prognosis with the difficulty for diagnosis due to minimal mucosal changes and the marked thickend wall of the tumor being unable to perform endoscopic studies.
キーワード びまん浸潤型大腸癌 スキルス大腸癌 (Scirrhous Carcinoma of the Colon) Ⅳ型大腸癌 Linitis Plastica型大腸癌 (Linitis Plastica Type of Carcinoma)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 94
終了ページ 99
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309174
JaLCDOI 10.18926/19825
タイトル(別表記) Classification and concepts of pancreatitis
フルテキストURL 060_083_093.pdf
著者 原田 英雄| 田中 淳太郎| 越智 浩二| 松本 秀次| 石橋 忠明| 妹尾 敏伸| 三宅 啓文|
抄録 膵炎の分類は膵臓研究の進歩とともに変遷を重ねたが,ここ20年間はマルセイユ分類(1963年)が国際的に広く用いられてきた。しかし最近,膵検査法の進歩と膵研究の知見の蓄積を背景にして,ケンブリッジ(1983年),マルセイユ(1984年),およびローマ(1988年)において分類の改訂を目的に国際シンポジウムが開催され,それぞれに新しい膵炎の分類が提案された。各分類には多くの共通点が見られるが重要な相違点もある。各分類を十分に理解していないとしばらくは混乱に陥ることが危惧される。幸い筆者の1人はこれらのシンポジウムに招待され参加する機会を得たので,成文の背景にある討議を詳しく紹介し,各分類を比較しながらその特徴を述べた。それとともに将来理想的な分類を完成するために今後検討すべき課題をも指摘した。そして,これら分類の当面の利用法に関する筆者らの提案を述べた。
抄録(別表記) The present paper is a review of the historical changes in the classification and concept of pancreatitis. The Marseille classification and concept had enjoyed its international popularity for more than 20 years since it was adopted at the first Marseille symposium in 1962. However, the recent advancement in the study of the pancreas led to the attempts to revise the classification and concept of pancreatitis : International Symposium in Cambridge in 1983, Second International Symposium in Marseille in 1984 and Symposium at the International Congress of Gastroenterology in Rome in 1988. As one of us was invited to the last two symposia, we described the details of the revised classification and concept of Marseille (1984) and of Marseille-Rome (1988) ; then, we described the similarities and differences between the Cambridge classification, the revised Marseille classification and the Marseille-Rome classification. Finally we summarized the subjects to be further investigated to make better classification of pancreatitis in the future.
キーワード 膵炎 分類 (Classification and concepts of pancreatitis) 急性膵炎 (Acute pancreatitis) 慢性膵炎 (Chronic pancreatitis)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 83
終了ページ 93
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309066
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1989-07
出版物タイトル 環境病態研報告
60巻
資料タイプ その他