このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 53155
FullText URL
Title Alternative
A Study on the Integrated Curriculum Centered on Social Studies: Focusing on Lindquist and Selwyn’s View
Author
Abstract
 本研究は,学校カリキュラムにおける社会科の位置づけや編成のしかたを考察するために, T.リンドキストとD.セルウィンによる所論に着目する。リンドキストらは,社会科を中核 にした統合カリキュラムを主張しており,具体的な授業事例を示している。リンドキストの 実践を取り上げて分析した結果,社会科のテーマや概念の理解を主目標とし,それを効果的 に達成するために他教科領域のスキルを活用する授業構成の方法が明らかになった。こうし た構成は,テーマや概念を軸にして授業の一貫性と領域の広域性を両立させようとする試み として意義づけられるが,そのバランスをどのようにとればよいのかなどのさらなる検討課 題も指摘できる。
Keywords
社会科
統合カリキュラム
授業構成
アメリカ
Published Date
2015-02-25
Publication Title
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Publication Title Alternative
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Volume
volume158
Publisher
岡山大学大学院教育学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Education, Okayama University
Start Page
103
End Page
114
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou