このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 51043
FullText URL
Title Alternative
The process for inpatients with alcoholic liver diseases to decide to stop and continue abstaining from drinking
Author
山田 隆子 Kaken ID researchmap
Abstract
本研究は、アルコール性肝障害入院患者が,断酒を決意し,断酒を継続するプロセスを 明らかにし,断酒の決意と断酒の継続を可能にする看護支援について検討することである。 入院中のアルコール性肝障害患者6 名を対象とし、半構造化面接を行い、M-GTA の手法 で分析した結果、アルコール性肝障害入院患者が断酒を決意し断酒を継続するプロセスは, 【アルコールに飲み込まれていった自分を振り返る】ことや,【多量飲酒がもたらす不利益 を知る】ことが強い動機づけとなって【断酒し治療を受ける決心をする】を経て断酒し, その断酒の実績から【退院後も継続的な断酒を決意する】ことで、断酒継続の決意をより 強めて,入院中の断酒を継続するプロセスであることが明らかになった。 看護師は、アルコールに飲み込まれていった自分を患者自身が振り返ること、および、 多量飲酒がもたらす不利益を自覚できるように支援する必要であることが示唆された。
Abstract Alternative
This study aimed to clarify the process for inpatients with alcoholic liver diseases to decide to stop and continue abstaining from drinking in order to review nursing support to effectively help the patients. We conducted semi-structured interviews involving six inpatients with alcoholic liver diseases and analyzed the results by the modified grounded theory approach (M-GTA). As the result, we observed, in the process for inpatients with alcoholic liver diseases to decide to stop and continue abstaining from drinking, [reviewing one's own addiction to alcohol] and [learning about the drawbacks of heavy drinking] strongly motivated the patients to [decide to abstain from drinking and receive treatment], and the achievement of abstinence from drinking further motivated them to [decide to continue abstaining from drinking even after leaving the hospital] and actually do so. The results suggest the need for nurses to help the patients review how they became addicted to alcohol and learn about the drawbacks of heavy drinking.
Keywords
アルコール性肝障害
断酒
修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ
Published Date
2012-12
Publication Title
日本看護研究学会雑誌
Volume
volume35
Issue
issue5
Publisher
日本看護研究学会
Start Page
25
End Page
34
ISSN
0285-9262
Content Type
Journal Article
Related Url
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/50865
language
日本語
File Version
author
Refereed
True