JaLCDOI 10.18926/CTED/58123
Title Alternative A Study on the Method of Thinking Support in Social Studies: The Case of Inductive Inference
FullText URL cted_010_091_105.pdf
Author 髙畑 昌志| Yamada, Hidekazu|
Abstract 本研究は,社会科における思考支援の方法を明らかにすることを目的とし,思考ツールを用いた授業に着目した。特に,帰納的推論を働かせるためのアプローチについて考察を行い,以下の成果を得た。(1)先行研究では,思考ツール(クラゲチャート)の使用に関する提案がなされているものの,帰納的推論でつまずいてしまう原因,そして,つまずかないための支援方法について,十分に明らかにされているわけではないことを明確にした。(2)思考ツール(クラゲチャート)を活用した実践を行った上で,5つのつまずきのパターンを見出した。また,クラゲチャートの構造自体にその原因があることを指摘した。(3)実践の省察と授業のユニバーサルデザイン(UD)の視点をもとにして,思考支援の改善の方向性を示した。本研究では以上のような成果を得ることができたが,具体的な改善の方向性については,今後,さらに実践を行った上で検証を行うことが必要である。
Keywords 社会科 (social studies) 思考支援 ( thinking support) 帰納的推論 (inductive inference) 思考ツール (thinking tool)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 91
End Page 105
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58122
Title Alternative Choosing a theme and designing its instructional units in Life-Unit Learning : Analyzing the impact on what and how students with intellectual disabilities have learned
FullText URL cted_010_079_090.pdf
Author NAKAYA, Akitaka| INOUE, Hironori| NOSE, Ryoko|
Abstract 本研究では、知的障害特別支援学校中学部において、同一集団、同一指導者によって2年間実践された「生活上の課題をもとにした」22 の生活単元学習の授業評価を行い、その結果を踏まえて、単元設定や単元構成の在り方について検討した。3 観点からなる観点別個別評価結果を基に各単元の評価を行った結果、観点別評価による各単元の特徴及び生徒個々の活動への取り組み方を確かめることができた。また、個々の単元の評価結果と、単元の活動経験の有無、活動の種類、単元目的の具体性、教師と生徒のいずれが提案した単元であるかという視点との明確な関連性は見られなかった。一方で、生徒が見通しをもつことのできる単純な単元構成、集団全体の課題解決場面の設定、人と関わりの多い場面設定と単元の評価結果との関連性が見られ、単元設定、単元構成におけるこれらの重要性が示唆された。
Keywords 生活単元学習 (Life-Unit Learning) 単元設定 (theme selection) 単元構成,授業評価 (unit plan development, lesson evaluation)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 79
End Page 90
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58119
Title Alternative The Relationship between Teamwork among Teachers and School Organizational Climate: Investigation of the Precondition for Implementing“ a School as a Team”
FullText URL cted_010_063_077.pdf
Author MISAWA, Ryo| MORIYASU, Fumihiko| HIGUCHI, Kouji|
Abstract 本研究の目的は,第一に学校組織における教師のチームワークの構成要素を確認し,第二にそれらチームワークの構成要素と学校組織の風土の関連性を検討することである。教師のチームワークについては,特に行動面に焦点をあて,産業領域の知見に基づく尺度を構成した。また学校組織風土として,協働的,同調的,心理的安全性の3 つの側面を測定する尺度を準備した。現職教員を対象に質問紙調査を行い,230 名から回答が得られた。チームワークに関する因子分析により「相互調整」「職務の分析と明確化」「知識と情報の共有」の構成要素が抽出された。そして学校組織風土の関連性を吟味したところ,チームワークの各要素はいずれも「協働的風土」および「心理的安全風土」と正の関連,「同調的風土」とは負の関連を示した。これらの結果から,学校内で協働を志向し,率直で開放的な議論ができる風土の下で,教師のチームワークも発揮されやすいことが示唆された。
Abstract Alternative The purpose of this study is two-fold: (a) identify the components of schoolteachers’ teamwork; and (b) investigate the relationship between components of teachers’ teamwork and school organizational climate. A questionnaire survey for in-service teachers in Japan resulted in 230 responses. Teachers’ teamwork was measured using scales based on previous research in the industrial field. The perceptions of school organizational climate were measured with respect to three aspects using the existing scales: collaboration, conformity, and psychological safety. The results of factor analysis revealed that teachers’ teamwork is composed of three factors ("coordination," "analysis and clarification of task," and "information sharing"). The correlation analyses showed that the scores on each teamwork component positively related to the perception of a collaborationoriented and psychological safety climate and negatively related to the perception of a conformity-oriented climate. On the basis of these findings, the future research directi ons were dis cussed.
Keywords 教師 (teacher) チームワーク (teamwork) 学校組織 (school organization) 組織風土 (organizational climate) 心理的安全性 (psychological safety)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 63
End Page 77
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58118
Title Alternative A Study for Professional Matters of Area Related to“ Language” in Kindergarten Teacher-Training Course
FullText URL cted_010_049_061.pdf
Author KATAYAMA, Mika| ITO, Chisato| BABA, Noriko|
Abstract  2019 年度に改訂された幼稚園教諭養成の教職課程に設置される「領域及び保育内容の指導法に関する科目」は,「領域に関する専門的事項」と「保育内容の指導法(情報機器及び教材の活用を含む。)」より構成される。本研究では,従来の「教科に関する科目」が撤廃されたことにより新設された「領域に関する専門的事項」の科目において,具体的にどのような専門知識の学修を要するかについて,「保育内容の指導法」のモデルカリキュラム,及び新幼稚園教育要領の記載内容に照らして検討した。その結果,養成課程の学生自身が領域「言葉」のねらいや内容等を専門的見地から理解して保育実践のための知識や技能を修得することに加え,感じたり,考えたり等の体験的な学びから幼児の視点で言葉の世界をイメージする内容を授業に取り入れる必要性を見出した。
Keywords 領域「言葉」 (Area Related to “Language” ) 幼稚園教諭養成課程 (Kindergarten Teacher-Training Course) 専門的事項 (Professional Mat ters of Area ) モデルカリキュラム (Model Curriculum)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 49
End Page 61
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58117
Title Alternative Parents’ Involvement and Self-determination in Junior High School Students’ Club Decision Making and its Effect on the Independence and Adaptability of University Students
FullText URL cted_010_039_047.pdf
Author AOKI, Tazuko| OKUMURA, Yayoi| MORITA, Manami|
Abstract 本研究の目的は,中学時代の部活選択における親の関与と自己決定のあり方が,大学入学後の自立や適応にどう関連するかを明らかにすることである。大学生に質問紙調査を実施し,180 名からデータを得た(男性70 名,女性110 名)。分析の結果,中学部活選択における親の関与は,大学時の親への依存の高さ,精神的自立の一要素である判断責任性の低さと関連することが示された。また,大学生活満足度については自己決定と性別の交互作用が認められ,女性の場合に自己決定が高いと大学生活満足度が高いことが示された。以上の結果より,中学の部活選択が,時間を経た大学時における自立や適応に関連している可能性が示された。中学から大学にかけては,親子関係が変化していく心理的離乳の時期に当たり,その初期である中学時点において,親が関与しすぎず,親子関係の変化に対応していくことが,その後の大学時点での自立に重要である可能性が示唆された。
Abstract Alternative university life. In conclusion, junior high school students’ club decision making related to their level of independence and adaptability to university life despite the passage of time between the two stages. During junior high school, an early stage of psychological weaning, it is important that parents limit their decisionmaking involveme nt and focus on building lasting rel ationships.
Keywords 青年期の親子関係 (parent-child relationship in adolescence) 親からの自立 (independence) 心理的離乳 (psychological weaning) 親の関与 (parents’ involvement) 自己決定 (self-det ermination)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 39
End Page 47
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58116
Title Alternative The Relationship between Word Play and Reading Fluency of Hiragana Words in Preschool Children
FullText URL cted_010_027_037.pdf
Author YOKOYAMA, Moe| TANJI, Takayuki|
Abstract 本研究は,年長児のことば遊び,長音表記知識,およびひらがな単語読字の流暢性との関連を明らかにすることを目的とした。年長児40 名を対象に,文字を使ったことば遊びである“ことばのかくれんぼゲーム”,かな読み中後期の発達課題である,ひらがな長音単語の表記知識課題,ひらがな単語速読課題を実施した。各課題の相関から,ひらがな単語速読成績と長音表記選択課題の分節回答成績で有意な関連が認められた。また,ことばのかくれんぼゲーム成績,長音表記選択成績,月齢を独立変数,ひらがな単語速読成績を従属変数とした重回帰分析の結果,ことばのかくれんぼゲームの「部分文字列」成績と月齢が有意な予測変数として抽出された。本研究から,年長児におけるひらがな単語読字の流暢性には,ことばの音韻操作を駆使してことばを見つける力や,有意味な文字列をすばやく見つける力を必要とされるような,ことば遊びが関与することが示唆された。
Abstract Alternative in preschool children. Forty 5-6 aged children participated in the study, and we assessed on three skills: orthographic knowledge of long-vowel words, reading fluency, word play. The results of correlation analysis showed that orthographic knowledge of long-vowel words was moderately related to reading fluency. In addition, the results of multiple regression analysis showed that age and scores of word play variables were predictors of reading fluency. The findings provide further evidence for the relationship between reading fluency and word play that were demanded th e skills of phonological manipulatio n and word search.
Keywords 年長児 (Preschool children) ひらがな単語の読字 (Hiragana Word Reading) ことば遊び (Word Play) 流暢性 (Fluency)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 27
End Page 37
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58115
Title Alternative A study on the association between reading activities and life skills at school among elementary school children
FullText URL cted_010_017_026.pdf
Author MURAKAMI, Natsumi| ANDO, Mikayo|
Abstract 児童生徒の問題行動の増加の背景には,日常生活に求められるスキルの低下が一つの原因と考えられている。本研究では,学校生活スキルに着目し,読書活動や読み聞かせを受ける体験との関連について検討することを通して,学校において読書活動の時間を設ける必要性について検討した。また,学校図書への知見を得るため,児童の興味・関心のあるジャンルについても検討した。小学校5,6 年生728 名を対象に,質問紙調査を行った。その結果,いずれの学校生活スキルにおいても,読書活動体験,読み聞かせを受けた体験が多い子どもの方がいずれの体験も少ない子どもに比べて学校生活スキルが高い傾向が示された。そして,現在の子どもの興味・関心のある本のジャンルは,絵本,児童文学,マンガ,小説が多かった。これらのことから,小学校においては,読書活動を継続するとともに,子ども達の関心のあるジャンルをふまえた学校図書館づくりが大切だと考えられた。
Abstract Alternative The increase in problem behaviors among school children is related to the decline in their life skills. The purpose of this study is to clarify the association among elementary school children between their experience of reading books and listening to stories and their life skills at school. Through this study, we also analyze the necessity of reading activities in school. 728 5th and 6th graders conducted self-reporting questionnaires. The results show that the students who had more experience of reading books or of listening to stories show better life skills at school compared to students who had less experience of reading books and listening to stories. The students showed an interest in genres such as picture books, children’ s books, manga, and novels for children, It may be important to continue reading activities in school. It is also important to arrange a school library from the perspective of which ge nres childre n are inter ested in.
Keywords 学校生活スキル (school-life skills) 読書活動 (reading activities) 小学生 (elementary school children) 学校図書館 (school library)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 17
End Page 26
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58114
Title Alternative Consideration of educational principles rooted in multifaceted and multifaceted thinking : From an educational method based on Jena Plan education case
FullText URL cted_010_001_016.pdf
Author SAKUDA, Kiyohiro| NAKAYAMA, Yoshikazu|
Abstract 思考力・判断力・表現力を重視した学校教育が求められる今日、物事に対する多面的な見方考え方に即した主体的な集団づくりに基づく教育原理の在り方が必要とされる。特に、対話による直接コミュニケ-ション的行為に関する教育方法の充実による、道徳的心情、道徳的判断力に根差した崇高な道徳性の構築、多面的な見方考え方による思考力・判断力・表現力の育成については、子どもたちが将来にわたり、高等教育及び、社会人に向けた重要な教育原理の基礎となる。<br/> 上記の点について、集団づくりの根底にある人間関係づくりの構築に向け、オランダにおけるイ エナプラン教育、我が国日本の異年齢教育における教育原理を考察し、対話、アクティブラーニング等のコミュニケーション的行為の充実により、自己肯定感、自己効力感、道徳性等が培われ、理想とする幸福追求に向けた教育原理が構築される旨を示唆した。
Abstract Alternative Today, school education that emphasizes thinking, judgment, and expression is required, and there is a need for an educational principle based on the creation of a proactive group based on a multifaceted view of things. In particular, build up moral sentiment, build sublime morality rooted in moral judgment, and foster thinking, judgment, and expression through multifaceted thinking by enhancing educational methods for direct communication through dialogue. Will be the basis for higher education and important educational principles for working peop le in the future. Considering the above points, considering the principles of education in Jena Plan education in the Netherlands and different age education in Japan in order to build human relations that are the foundation of group building, and by enhancing communication activities such as dialogue and active learning, He suggested that self-affirmation, self-efficacy, morality, etc. were cultivated and that an educational principle for the pursuit of ideal happiness was es tablished.
Keywords 主体的対話的で深い学び (Independent, interactive and deep learning) 多面的な見方考え方 (Multifaceted perspective) 自己肯定感 (self-affirmation) 幸福追求 (happiness pursuit)
Publication Title Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University
Published Date 2020-03-20
Volume volume10
Start Page 1
End Page 16
ISSN 2186-1323
language 日本語
Copyright Holders Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/fest/58060
Title Alternative Efficient modelling of 3-d finite element mesh formation with use of 3-d topographic survey
FullText URL fest_025_001_004.pdf
Author KANESHIGE, Minoru| NISHIMURA, Shin-ichi| SHIBATA, Toshifumi| SHUKU, Takayuki|
Abstract In this decade, 3-dimensional topographic survey has been developed by using the UAV as like drones. With the technique, the complete topographies of the geo-structures can be measured. Although the accurate shapes of the geo-structures can be obtained, the numerical methods as like the finite element method is are not related to the 3-dimensional survey directly. In this research, the finite mesh modelling technique with use of the 3-D topographic survey is developed. The models of the earth-fill embankments formed from measured 3-D data are introduced as the examples.
Keywords 3-dimensional survey UAV finite element mesh modelling
Publication Title 岡山大学環境理工学部研究報告
Published Date 2020-03
Volume volume25
Issue issue1
Start Page 1
End Page 4
ISSN 13419099
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/58045
Title Alternative Development of self-assessment sheet for Non-cognitive skills
FullText URL biess_4_186_195.pdf
Author NAKAYAMA, Yoshikazu| YOSHIZAWA, Eri|
Abstract  定量化による測定が困難とされる非認知能力に関して、自己評価による測定を試みるべく、その評価シートの開発を3 つの段階を踏まえて精緻に行った。特に本研究では、非認知能力との親和性が高いキャリア教育に着目して、キャリア教育の一環として正課外活動( 主に校友会クラブ活動)の支援に取り組む岡山大学の学生を予備調査の対象とした。当該学生たちによって予備調査用の質問項目を選定し、仮質問調査のための質問項目を精査した上で、まだ正課外活動に携わる前段階の年度当初の1 学年の学生へ仮質問調査を行った。この仮質問調査の結果を分析して、3 能力群各5 項目、計15 項目の非認知能力に関する自己評価シートを開発することができた。
Keywords 非認知能力 自己評価シート 自己維持・調整能力群 自己変革・向上能力群 他者協調・ 協働能力群
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 186
End Page 195
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812110
JaLCDOI 10.18926/58044
Title Alternative What Should International Student Dormitories Be at Okayama University?: Current State and Issues of the International Student Shared House and Other Dormitories
FullText URL biess_4_168_185.pdf
Author UZUKA, Mariko| OKA, Masumi| FUJIMOTO, Masumi|
Abstract 岡山大学の留学生宿舎の36 年の歴史の中で、寮規則の遵守、人間関係の構築、施設や人的リソース不足など多種多様な課題が指摘されてきた。3 年前に開所した混住型の国際学生シェアハウスにおいて新たに日本人学生が関与する問題が追加発生したこともあり、教育資源として寮を活用する視点から一転して、効率化のために管理を外注化する方向に舵を切った。留学生活の基盤となる住環境を整えることは元来、費用や労力のかかることであり、日常的に起こる課題を解決するためには、責任感のあるリーダー的日本人学生の果たす役割が小さくない。その一方で、課題解決できる日本人学生の育成には、きめ細かい指導・助言に加えて、教育資源としての寮の活用という大学のビジョンと推進力が必要である。
Keywords 国際シェアハウス ユニットリーダー フロアリーダー 異文化理解 教育資源
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 168
End Page 185
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812109
JaLCDOI 10.18926/58043
Title Alternative The Outline of the High School Trial Corresponding to the University Entrance Selection Reform : Special Examination Subcommittee of the National Six University Collaborative Consortium Education Collaboration Organization
FullText URL biess_4_149_167.pdf
Author ISHII, Ichiro| HARADA, Kazuyuki| KAMIMURA, Hiroko| MONTA, Mitsuji|
Abstract 6 大学連携事業として,評価したい資質について掘り下げ質問を行う構造化面接と,面接に代わる筆記試験であるペーパーインタビューについて,県内の高等学校の協力を得て2019 年度にトライアルを行った。評価した資質は「新たなこと追究しようとする態度」と「協働して取り組む態度」であり,まず,構造化面接とペーパーインタビューの結果を本学の教員が評価し,その結果を高校教員が個々の受験生に抱いている日常的評価と比較した。トライアルの結果,構造化面接の有効性ならびに,受験者全員に面接を課すことが,時間的,人員的に実施困難な入試におけるペーパーインタビューの有効性が確認された。同時に,測ろうとする資質によっては,面接との評価結果が異なる部分があることも明らかとなった。
Keywords 学力の三要素 構造化面接 ペーパーインタビュー
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 149
End Page 167
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812108
JaLCDOI 10.18926/58042
Author INAMORI, Takao|
Abstract This study attempts to develop a management model at cross-cultural work environment, which explains how managers’ perception affects their organisational performance. The model is created based on findings of quantitative research conducted toward Japanese aid project managers working in developing countries. As a result of cluster analysis, four types of aid project managers were identified. The model clarified how four types of aid project managers perceive, behave and consequently lead to either high or low performance organisation. Finally, this study indicates that fostering and maintaining positive perception are a key for successful organisation.
Keywords managerial perception organisational performance cross-cultural work environment Pygmalion effect Golem effect.
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 134
End Page 148
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/58041
FullText URL biess_4_124_133.pdf
Author KIM, Dong Kwang|
Abstract Okayama University has seen recently an upsurge in the number of courses taught in English. While students generally like the English-medium courses for the abundance and novelty of information available in them, they tend to show hesitance to participate, which sometimes leads to dissatisfaction with the courses. International faculty members also feel something is amiss because they do not understand why students fail to be responsive. Clearly, enhancement of student participation and mitigation of the alienating teaching experience of international faculty are challenges to effective administration of global studies. To that end, the quiet cultivation of optimal demographics for Englishmedium courses is currently the most effective strategy.
Keywords global studies English-medium courses Japanese student participation international faculty experience factors enhancing participation
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 124
End Page 133
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812107
JaLCDOI 10.18926/58040
FullText URL biess_4_112_123.pdf
Author YAMAMOTO, Yumiko|
Abstract One of the targets under the Sustainable Development Goals (SDGs) aims to reduce and redistribute unpaid care work, which is mostly done by women, through the provision of public services and the promotion of shared responsibility. In February 2019, experts from academia and international organizations gathered at Okayama University for an international symposium focused on the issues around unpaid and paid care work in relation to gender equality and sustainable society. This paper will first briefly summarize the issues in care work, with a focus on childcare and elderly care in a Japanese context, followed by a discussion of the key points from the symposium related to care-centered economic and social policies.
Keywords Care aging gender Japan SDGs
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 112
End Page 123
ISSN 2432-9665
language 英語
File Version publisher
NAID 120006812106
JaLCDOI 10.18926/58039
Title Alternative The Impact of Topic Selection on the Use of Viewpoint Expressions An Analysis of Native Japanese Speaker Narratives
FullText URL biess_4_101_111.pdf
Author SUESHIGE, Miwa|
Abstract 本研究では、日本語母語話者11 名に10 のトピックに関するパーソナル・ナラティヴを実施し、視点表現の出現傾向について分析を行った。分析の結果、日本語教科書で、迷惑や被害を表す表現として導入される受身表現に加え、移動表現についても他者から受けた不快な行為を描写する際に用いられることが分かった。また、使役表現は、典型的な強制の意味よりは、授受表現「てもらう」との組み合わせで感謝を示す際に用いられていた。以上の結果から、教科書で視点表現が扱われているトピックと日本語母語話者の使用が認められたものが必ずしも一致しないことが示された。
Keywords 視点表現 トピック ナラティヴ 日本語母語話者 日本語教科書
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 101
End Page 111
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812105
JaLCDOI 10.18926/58038
Title Alternative Selection and Evaluation of Extensive Reading Books by Japanese Language Learners
FullText URL biess_4_088_100.pdf
Author Banno, Eri|
Abstract 本稿では,著者の所属する大学で開講された多読クラスの概要を紹介するとともに,その授業の履修者107 名の読書記録から,彼らの選書傾向,本の理解度,面白さの評価を報告する。履修者は授業が進むにつれ,段階的読み物から日本語母語話者用の読み物を読む割合が増えていった。また,理解度については,段階別読み物の理解度が高く,日本語母語話者向けの本の中では絵本の理解度が高かった。さらに,面白さについては,漫画の評価が最も高かった。データからはまた,日本語力の低い学習者には母語話者向けの本は適切な多読教材とは言い難いこと,今後日本語学習者のための多読教材を質量両面での充実する必要性があることも示唆された。
Keywords 多読 日本語学習者 書籍 理解度 面白さ
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 88
End Page 100
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812104
JaLCDOI 10.18926/58037
Title Alternative A Study on the Korean Sentences in "Korinsuchi" published in Early Meiji Era
FullText URL biess_4_072_087.pdf
Author JIN, Namtaek|
Abstract 本稿では、明治前期に刊行された明治14年刊『交隣須知』(初刊本)、明治16年刊『再刊交隣須知』(再刊本)、白石氏蔵版『交隣須知』(宝迫本)の3本における韓国語文を対象に、初刊本と再刊本、初刊本と宝迫本の韓国語文の違いを調べる。分析結果をみると、① 初刊本から再刊本においては、韓国語文の誤りを訂正したものの、大多数の韓国語文は同じであること、② 初刊本と宝迫本においては、宝迫本には初刊本と違って見出し語がなく、対訳の日本語文を上段に示し、また韓国語文の変化が多いことがわかる。この研究は交隣須知関する基礎研究であり、今後明治期の朝鮮語学習書に関する研究に役立つと考えられる。
Keywords 朝鮮語学習書 交隣須知刊行本 浦瀬裕 宝迫繁勝
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 72
End Page 87
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812103
JaLCDOI 10.18926/58036
Title Alternative Discovery Program for Global Learners at Okayama University
FullText URL biess_4_050_071.pdf
Author Chung, Haeng-ja|
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 50
End Page 71
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812102
JaLCDOI 10.18926/58035
Title Alternative Development of Academic Japanese Training Course for Students at the Discovery Program for Global Learners, Okayama University
FullText URL biess_4_038_049.pdf
Author USHIDA, Eiko|
Abstract 岡山大学グローバル・ディスカバリー・プログラムは英語だけで学位が取れる新しいプログラムであるが, 制度上他学部開講の授業も履修することが可能である。全学日本語の日本語コースで日本語「を」学ぶ学生とともに他学部で日本語「で」学ぶディスカバリー生も徐々に増えている。そこで他学部の授業や教養科目を履修するディスカバリー生を対象にアカデミック・ジャパニーズ科目を新規開講することになった。Backward Design,Differentiated Instruction,Learning Strategy Instruction の手法を利用し,授業をこなし単位を取得することを目標に,学生が限られた日本語能力で最大限に対応できる「自分に合う」学習ストラテジーを開拓できるコースの開発と履修状況を報告する。
Keywords グローバル・ディスカバリー・プログラム アカデミック・ジャパニーズ Backward Design Differentiated Instruction 学習ストラテジー
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2019-12-30
Volume volume4
Start Page 38
End Page 49
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
NAID 120006812101