JaLCDOI 10.18926/11668
タイトル(別表記) カンジダ特異的IgG(4)抗体と気管支喘息
フルテキストURL 062_001_004.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 高取 明正| 奥田 博之| 原田 英雄|
抄録 Serum levels of Candida-specific IgG(4) antibodies were examined in 66 patients with bronchial asthma, relating to patient age and asthma severity. 1. The levels of Candida-specific IgG(4) antibodies were the highest in patients with 60+years of age, compared to the levels in cases with 0-39 and 40-59 years of age. 2. In cases with 40-59 years of age, the levels of Candida-specific IgG(4) were significantly higher in cases with long-term steroid therapy (severe intractable asthma) than in cases without steroid regimen. The results suggest that increased levels of Candida-specific IgG(4) were observed in relation to patient age and asthma severity.
抄録(別表記) 66例の気管支喘息症例を対象に,血清中カンジダ特異的lgG(4)抗体を測定し,その血中レベルと年齢および喘息の重症度との関連について検討を加えた。1.血清カンジダ特異的IgG(4)値は,0~39才,40~59才の年齢層にくらべ,60才以上の年齢層において高く,年齢によりその値が変動することが 示唆された。2.40~59才の年齢層では,血清カンジダ特異的IgG(4)は,ステロイド非使用例にくらべ,ステロイド依存性重症難治性喘息症例で有意の高値を示し,この年齢層では,カンジダ特異的IgG(4)抗体がその発症病態に関連している可能性が示唆された。以上,カンジダ特異的IgG(4)抗体の上昇は,高年齢層の症例(60才以上)では全般的に,また40~59才の年齢層で重症型喘息症例において観察されることが明らかにされた。
キーワード Candida (カンジダ) Sepcific IgG(4) (特異的IgG(4)) Bronchial asthma (気管支喘息) Aging (加齢) Asthma severity (喘息重症度)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 1
終了ページ 4
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313495