Environmental Research & Control
Published by Environmental Management Center, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学環境管理センター報 (4号-11号) 岡山大学環境管理施設報 (1号-3号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

行動主義心理学からみた環境制御

Abstract
本稿は,B・F・スキナー(1904~1990)の徹底的行動主義(radical behaviorism)の流れをくむ行動分析学の立場から人間と環境とのかかわりの問題を論じることを目的とする。行動分析学は,ひとことで言えば,生活体と環境とのかかわりを客観的・機能的・実験的に分析することによって行動の原理が実際にどう働くのかを明らかにする学問である。行動分析学の 研究がすすめば,個体や集団の望ましい行動を形成・維持するための環境変数を適切に整備できるようになると期待される。しかしこれまで行動分析学は,特に理工系の研究者には殆ど理解されず,むしろ誤解・曲解されてきたように思う。そこで,本稿では,まず主な誤解の解消をめざし,行動分析学は環境制御の問題にどのような新しい視点を与えられるのかを論じることにしたい。
Note
論文 (Articles)
ISSN
0917-1533
NCID
AN1024789X