Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University (ISSN 2186-1323)
Published by Center for Teacher Education and Development, Okayama University

「心のコミュニケーション」に関する道徳性の考察 : 教員養成課程におけるプレゼンテーションソフト活用会話形態が大学生に及ぼす道徳性の効果

Sakamoto, Kiyomi
Sakuda, Kiyokazu
Abstract
今日の教員への課題を取り上げ、意思疎通のあるコミュニケーションを導入した教員養成課程の必要性を検討した。なお、大学3年生(男性:10名、女性:15名)を対象として4種類の会話形態を行い、最も意思の疎通を感じ取ることのできるコミュニケーションが推認された。さらに、教職を目指す大学生を対象にして、プレゼンテーションソフトを活用した異コミュニケーションを行い、将来自分たちのえがいている教師像を目標として実施することにより、教員を志としての道徳観を抱くことが明確化された。そして、本研究における結果からこの会話形態により、道徳教育をはじめとする授業等を含めた学校教育活動全体に関わり、意思疎通による道徳性を高める効果が予測された。また、これからの倫理観と道徳観を培うための教員養成課程の在り方について明らかとした。
Keywords
目指す教師像
コミュニケーション
道徳性を深める会話形態
意思の疎通
倫理観と道徳観
Note
研究論文
ISSN
2186-1323