JaLCDOI 10.18926/fest/52229
タイトル(別表記) Material design for the ceramics coating with high mold releasability by using molecular orbital calculations
フルテキストURL fest_019_022_025.pdf
著者 難波 徳郎| 藤原 二朗| 崎田 真一| 紅野 安彦|
抄録  To explore the ceramic materials appropriate for the coatings with high mold releasability, molecular orbital (MO) calculations have been applied to the ceramics with NaCl structure, such as TiN, TiC, CrN, etc. Chemical bonding characters were evaluated based on the MO calculations, which were correlated to the experimental surface free energy. The dispersion and polar components of surface free energy indicated high correlation with the bond overlap population of the surface bonds and the net charge of inside atoms of the cluster models, respectively. Among the ceramic materials investigated, MoN had the lowest surface free energy, being expected to be most suitable as the ceramic coating material with high releasability
キーワード Material design Ceramic coating Releasability Molecular orbital calculation
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
開始ページ 22
終了ページ 25
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005394644
著者 Omura, Kohei| Sakida, Shinichi| Benino, Yasuhiko| Nanba, Tokuro|
発行日 2013-03
出版物タイトル Journal of Asian Ceramic Societies
1巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 崎田 真一|
発行日 2012-12
出版物タイトル 環境制御
34巻
資料タイプ その他
著者 崎田 真一| 紅野 安彦| 難波 徳郎|
発行日 2012-02
出版物タイトル 環境制御
33巻
資料タイプ 紀要論文
著者 難波 徳郎| 三浦 嘉也| 崎田 真一|
発行日 2005-01
出版物タイトル Journal of the Ceramic Society of Japan
113巻
1313号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Nanba, Tokuro| Mikami, Shuhei| Imaoka, Takuya| Sakida, Shinichi| Miura, Yoshinari|
発行日 2008-02
出版物タイトル Journal of the Ceramic Society of Japan
116巻
1350号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Nanba, Tokuro| Kuroda, Yutaro| Sakida, Shinichi| Benino, Yasuhiko|
発行日 2009-11
出版物タイトル Journal of the Ceramic Society of Japan
117巻
1371号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Saiki, Keiji| Sakida, Shinichi| Benino, Yasuhiko| Nanba, Tokuro|
発行日 2010-07
出版物タイトル Journal of the Ceramic Society of Japan
118巻
1379号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 崎田 真一| 黒田 龍介| 紅野 安彦| 難波 徳郎|
発行日 2009-12
出版物タイトル 環境制御
31巻
資料タイプ 紀要論文
著者 崎田 真一|
発行日 2005-12
出版物タイトル 環境制御
27巻
資料タイプ その他
著者 崎田 真一|
発行日 2007-10
出版物タイトル 環境制御
29巻
資料タイプ その他
著者 崎田 真一| 三上 修平| 難波 徳郎| 三浦 嘉也|
発行日 2007-10
出版物タイトル 環境制御
29巻
資料タイプ 紀要論文
著者 崎田 真一|
発行日 2008-12
出版物タイトル 環境制御
30巻
資料タイプ その他
著者 崎田 真一| 増田 紘一| 難波 徳郎| 三浦 嘉也|
発行日 2006-12
出版物タイトル 環境制御
28巻
資料タイプ 紀要論文
著者 崎田 真一| 三上 修平| 難波 徳郎| 三浦 嘉也|
発行日 2007-10
出版物タイトル 環境制御
29巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 崎田 真一| 難波 徳郎| 三浦 嘉也|
発行日 2008-12
出版物タイトル 環境制御
30巻
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/fest/11475
タイトル(別表記) Material Recycling of Municipal Waste Slags by Using Phase Separation of Glass
フルテキストURL 012_161_165.pdf
著者 今岡 卓也| 崎田 真一| 難波 徳郎| 三浦 嘉也|
抄録 A novel recycling process of municipal waste slags obtaining Fe-free colorless materials was developed by using a phase separation of borosilicate glass. B(2)O(3) was added to a simulated waste slag to promote the phase separation. The slag glasses were heat-treated above glass transition temperatures, from which phase separation was successfully induced. The phase-separated slag glasses were still colored in black due to Fe ions, and after soaking in acid, they were successfully bleached, obtaining colorless solids. According to compositional analyses, no Fe ions were confirmed in the remaining insolubles, indicating that Fe ions were preferentially incorporated into the borate-rich phases soluble in acid. The main constituent of the colorless solids was SiO(2) and the end products obtained in the present process were expected as an alternative of pure silica glass.
キーワード slag recycling colorless glass phase separation
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2007-03-15
12巻
1号
開始ページ 161
終了ページ 165
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313957