JaLCDOI 10.18926/53839
タイトル(別表記) Research into Medical Safety Education for Nurses and Nursing Students - Current Situation and Issues of Nursing Education Related to Safety Communication -
フルテキストURL hss_040_061_076.pdf
著者 山本 恵美子| 田中 共子| 兵藤 好美|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2015-11-25
40巻
開始ページ 61
終了ページ 76
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2015 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120005677838
著者 Tanaka, Tomoko| Hyodo, Yoshimi|
発行日 2014-07-25
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
61巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/47172
タイトル(別表記) A Review of Research about Nurses' Medical Incidents
フルテキストURL hss_032_015_024.pdf
著者 迫田 裕子| 兵藤 好美| 田中 共子|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2011-11-25
32巻
開始ページ 15
終了ページ 24
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2011 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 40019151196
JaLCDOI 10.18926/15246
タイトル(別表記) Survey on recipients expenses and degrees of satisfaction in the nursing insurance system
フルテキストURL 012_1_077_082.pdf
著者 鎌田 佳代子| 武岡 千晴| 寺嶋 朋恵| 藤井 可奈子| 松下 英代| 矢野 美雪| 兵藤 好美|
抄録 本研究は,介護保険法の利用者と家族の満足度や,介護保険法がどのように受け止めているのかを明らかにすることを目的とした。対象は,介護保険法の中で訪問看護を受けている利用者の家族の方(主に介護を担当されている方)95名で,郵送法により52名の回答を得た(回収率54.7%)。研究期間は,2000年7月から9月であり,アンケートは介護にかかる費用・介護サービスの2点に重点をおいて作成した。その結果,以下の実態を把握することができた。 1.介護保険法を利用するにあたり,介護サービスにおける費用の問題が多い。介護サービスの内容には満足していたが,介護サービスにかかる費用は高いと感じている。 2.介護者は,介護をしていて「利用者のこれからのことが心配である」,「自分の時間が持てない」と感じている人が多いことがわかった。 3.介護保険法や利用契約の手続きが複雑であるという意見が多かった。今後,介護保険法の利用に向けて,これらの問題点に対する解決への取り組みが必要であることが示唆された。
抄録(別表記) We carried out a survey on the caregivers impression and degrees of satisfaction. The objects are 95 family members who mainly take care of the elderly receiving the visiting care under the nursing insurance law. Sheets of questionnaires were delivered and collected from July to September, 2000. They were mainly focused on the expenses, qualities and quantities of the nursing service. We found that : 1. Many people are unsatisfied with the expenses. They were satisfied with the qualities and quantities of the nursing service, but they think that the fees are expensive. 2. Many caregivers have anxieties about the future of the elderly and they feel that they have no free time for themselves. 3. Many have impression that the nursing insurance law itself and the procedure for a contract are complicated.
キーワード 介護保険法 (nursing insurance law) 介護サービス (nursing service) 費用 (expenses) 負担 (burden) 満足感 (satisfaction)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 77
終了ページ 82
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307867
JaLCDOI 10.18926/15200
タイトル(別表記) Home caregivers of the elderly: their motivation andpositive feedback in caregiving
フルテキストURL 014_2_141_155.pdf
著者 高原 万友美| 兵藤 好美|
抄録 高齢者の在宅介護者7名に対して質問紙を用いた面接を行い,介護継続理由と介護より得たものの二側面について尋ねた。その中で特に,それらがどのように介護者と高齢者のQOLを向上させるかに注目した。介護継続理由については,愛情と家族の杵が最も重要であり,被介護者の健康の悪化が,しばしば在宅介護を中断させていた。また家父長制に基づく性的役割が,介護者の義務感や伝統観に強く影響していることも明らかになった。介護が始まった時期における被介護者からの希望や宗教的影響は,継続理由とはならないことが分かった。また,介護から得るものが多いと感じていた2人の嫁は,介護に高い意欲を持っており,介護が価値ある体験であるという認識が,介護の動機付けを行っている可能性が示唆された。
抄録(別表記) Seven home caregivers of the elderly were interviewed using questionnaires in two aspects; i.e. motivation to continue the care and positive feedback from the care itself. In particular, we focused on how these two aspects improve the quality of lives (QOL) of caregivers and the elderly. In terms of motivation, the affection and family bond are the most important factors and that deterioration of the elderly often make the caregivers to discontinue the care at home. Traditional view and gender roles based on the Japanese patriarchy have strong influence on the sense of obligation. Wish to be cared from the elderly in the early stage of the care and religious influence are not sources of strong motivations to continue. Two daughters-in laws who felt the feedback from the care have higher motivation, suggesting that positive recognition that the care gives a worthwhile experience, possibly provides a motivation for the care.
キーワード 在宅介護者 (home caregivers) 高齢者 (the elderly) 介護継続理由 (motivation) 介護から得たもの (feedback in caregiving)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2004-03-31
14巻
2号
開始ページ 141
終了ページ 155
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307169
JaLCDOI 10.18926/15172
タイトル(別表記) Influence of caregivers meeting on caregivers life - The active caregivers change and interaction with past caregivers -
フルテキストURL 016_2_067_078.pdf
著者 加藤 久恵| 兵藤 好美|
抄録 本研究は,「介護者の会」参加によってもたらされる介護への影響を,現役介護者と介護終了者の相互作用に焦点を当てて探求しようとするものである。特に介護終了者が介護を終えた今もどういう意図で会に参加し,実際に何が得られているのか,また介護終了者の参加がもたらす現役介護者への影響は何なのかを,明らかにすることを目的とした。2つの「介護者の会」に依頼し,現役介護者10名,介護終了者13名を対象として,半構造的面接を行った。その結果1)現役介護者は,会への参加によって将来への不安が軽減し,相談できる人が出来た,適切な介護用品を活用できるようになった等の変化が見られた。 2)現役介護者は介護終了者が「介護者の会」の世話役を行ってくれることで安心して会に参加でき,介護終了者から安心感や介護ヒントを与えられていた。3)介護終了者は,次第に聴く立場から語る立場へと変化すると同時に,自らの介護の振り返りも行っていた。4)介護終了者もまた「介護者の会」から情報や現役介護者からの信頼感を得ており,会の成長・活動意欲へと繋がっている,といったことが明らかになった。
抄録(別表記) This study investigates interactions between active caregivers and past caregivers, and to search the influence of caregivers meeting on the active caregivers. Especially, focuses are given on the intention of attendance by the past caregivers, what they obtained in the meeting, and the influence of past caregivers on the active caregiver. We interviewed 10 active caregivers and 13 past caregivers from two meetings using a semi-structural method. As a result, 1) management by the past caregivers give some relief to the active caregivers to participate, and they also provide the sense of security and the caring tips. 2) The past caregivers gradually change their viewpoint from listening to talking, and they look back own experience in caring. 3) The past caregivers acquire some information in the meeting, and obtained trust from the active caregivers, which leads to the growth and the motivation of the meeting.
キーワード 介護者の会 (Caregivers meeting (Self help group)) 現役介護者 (active caregivers) 介護終了者 (past caregivers) 認知症高齢者 (dementia elderly person) 参加継続理由 (participation continuance reason)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2006-03-31
16巻
2号
開始ページ 67
終了ページ 78
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307900
JaLCDOI 10.18926/15169
タイトル(別表記) Stress factors in nursing students
フルテキストURL 017_1_017_026.pdf
著者 小林 民恵| 兵藤 好美|
抄録 看護学専攻の大学生1~4年生を対象に,ストレッサ一,ストレス反応におけるHealth Locus of Controlとソーシャルサポートの効果等に関する質問紙調査を行った結果,次の点が明らかになった。 1. ストレス反応(全体),不安・怒り・抑うつに関して,いずれもHLCの高群のほうが,低群よりも心身の健康度が高いことが明らかになった。 2. ソーシャルサポートの高低によるストレス反応に,有意な差は認められなかった。また,ストレス反応に対する直接的影響も見られなかった。しかしながら,下位項目である母親サポートについては,ストレス反応の抑制に効果のあることが明らかになった。 3. ストレッサ-では,1・2年生はクラブ活動が最も多く,次に学業が多かった。3・ 4年生も学業が最も多かった。 4. サポート源では,4年生が他の学年より教員サポート人数において,高い値を示していた。それに対し,1・2年生と教員の関わりは少ないということが明らかになった。
抄録(別表記) Stress factors in undergraduate students from freshmen to the fourth grade in a nursing school were studied using questionnaires. In particular, focuses were given to stressors, effect of Health Locus of Control (HLC) and social support on stress reaction. 1 . Stress reactions such as anxiety, anger and depression have lower scores in a group with high HLC than that with low HLC. Thus, the higher group has a better degree of mental health. 2 . There is no appreciable difference in stress reactions between groups with much and little social support. However, support from their mothers has great effects on suppressing their stress reactions. 3 . Club activity is the major, and study and practice are the second factors of stressors in the freshmen and the second grade. Study and practice are the major stressor in the third and the fourth grade students. 4 . Various kinds of support from teachers yielded high scores in the fourth grade students particularly. On the other hand, freshmen and the second grade students have less relation contact with teachers.
キーワード 看護学生 (student nurse) ストレッサー (stressor) ストレス反応 (stress reaction) ソーシャルサポート (social support)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2007-03-15
17巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 26
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307307
著者 田中 共子| 兵藤 好美| 田中 宏二|
発行日 2007
出版物タイトル 文化共生学研究
5巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/10974
著者 田中 宏二| 兵藤 好美| 田中 共子|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
103巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 野邊 政雄| 田中 宏二| 兵藤 好美|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
103巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 野邊 政雄| 田中 宏二| 兵藤 好美|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
102巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 田中 宏二| 田中 共子| 兵藤 好美|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
102巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 兵藤 好美| 田中 宏二| 田中 共子|
発行日 2001-11-15
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
118巻
資料タイプ 紀要論文
著者 田中 宏二| 兵藤 好美| 田中 共子| 野邊 政雄|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
101巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 兵藤 好美| 田中 宏二| 田中 共子|
発行日 2001
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
117巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 田中 共子| 兵藤 好美| 田中 宏二|
発行日 2006
出版物タイトル 文化共生学研究
4巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/9102
著者 田中 共子| 田中 宏二| 兵藤 好美|
発行日 2004
出版物タイトル 文化共生学研究
2巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/8964