JaLCDOI 10.18926/56341
タイトル(別表記) Toward a J-Form Theory of Knowledge-Creating Firms
フルテキストURL hss_046_001_011.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2018-11-26
46巻
開始ページ 1
終了ページ 11
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2018 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OER/56317
タイトル(別表記) Socio-Psychological Impacts of Minoriry in Majoriry: A Preliminary Test
フルテキストURL oer_050_2_001_010.pdf
著者 守矢 翔| 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2018-11-07
50巻
2号
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 2433-4146
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OER/54707
タイトル(別表記) An Interview Transcript on GaN Research History with Dr. Herbert Paul Maruska (2)
フルテキストURL oer_048_2_055_065.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2016-11-10
48巻
2号
開始ページ 55
終了ページ 65
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2016 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005898802
JaLCDOI 10.18926/OER/54475
タイトル(別表記) An Interview Transcript on GaN Research History with Dr. Herbert Paul Maruska (1)
フルテキストURL oer_048_1_061_077.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2016-07-15
48巻
1号
開始ページ 61
終了ページ 77
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2016 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005822609
JaLCDOI 10.18926/OER/53549
タイトル(別表記) Entrepreneurial Initiatives to the Paradigm Shift towards Sound Material Cycle Economy: A Case Study of Japanese Plastic Food Container Industry
フルテキストURL oer_047_1_015_030.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2015-07-02
47巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 30
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2015 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005627385
JaLCDOI 10.18926/OER/53106
タイトル(別表記) Public Supports to Disaster Restoration and Reconstruction Activities: A Report on Staff Dispatch by Social Welfare Councils from Okayama to Miyagi
フルテキストURL oer_046_2_233_253.pdf
著者 吉田 明| 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2014-12-18
46巻
2号
開始ページ 233
終了ページ 253
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005540384
JaLCDOI 10.18926/OER/52079
フルテキストURL oer_045_3_017_031.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2013-12-20
45巻
3号
開始ページ 17
終了ページ 31
ISSN 0386-3069
言語 English
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005359117
JaLCDOI 10.18926/OER/40522
タイトル(別表記) “Final Fantasy” in The Rise : Business Case of Square Co. Ltd., A Home Video Game Software Factory
フルテキストURL oer_036_1_041_062.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2004-06-10
36巻
1号
開始ページ 41
終了ページ 62
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002576144
JaLCDOI 10.18926/OER/40513
タイトル(別表記) A view on incentive planning for R&D workers through a case study of the blue LED patent lawsuits in Japan
フルテキストURL oer_037_3_013_031.pdf
著者 藤井 大児|
抄録 The purpose of this paper is to bring an institutional perspective onto the recent debates about incentive planning for R&D workers in Japan. This purpose is fulfilled through a case study of the recent civil trials in which an ex−employee as a plaintiff claimed any compensation for the corporate in−house inventions about blue light emitting diodes (LED). As long as technical achievements are to belong to an individual worker, the incentive planning which his or her employer may design will have to face two difficult tasks. Firstly, marginal analyses commonly applied in micro economics have certain utilities under the strict assumption of decreasing returns to productive inputs, but not applicable, in principle, to R&D activities. It is because such features as experiential learning and teamwork by technical professionals may increase returns to marginal inputs of technical labor. Secondly, negotiation transactions on the arms lengths basis are alternatively applied instead of the first, but incur many transaction costs between opportunistic players. Recent Japan seems oriented toward the second planning arrangement, but this paper suggests that the economic assessments of corporate in−house inventions should be complemented by peer reviews on the expectation that professional communities of technical experts share certain paradigms to tell us which inventions are more nascent and valuable and which are not. So far, it is said that these peer reviews have been submitted to courts after plaintiffs file complaints for compensations, but preliminary reviews at the time of patent applications may effectively decrease the probability of unexpected lawsuits and reprieve undue legal costs.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2005-12-10
37巻
3号
開始ページ 13
終了ページ 31
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002576135
JaLCDOI 10.18926/OER/40488
フルテキストURL oer_037_1_063_088.pdf
著者 Fujii, Daiji|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2005-06-10
37巻
1号
開始ページ 63
終了ページ 88
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002514600
JaLCDOI 10.18926/OER/40446
タイトル(別表記) Entrepreneurial Choices in Strategic Options in Japan’s RPG Development
フルテキストURL oer_037_1_019_034.pdf
著者 藤井 大児|
抄録 The purpose of this paper is to examine one of the functions which entrepreneurs may play in the course of industrial development through a case study of Japan’s RPG development race. As Japan’s toy manufacturers often said, their market was characteristic of its small size and considerable demand volatility in comparison to other consumer products. Entrepreneurs must have seen any commitment to a cutting edge product, video games, as only a gamble and therefore behaved in a trial−and−error way. Furthermore, judging from the fact that no one could imagine the video game would come to turn over ¥1500 billion in 20 years, the firm level trial−and−errors and their subsequent variety of strategies on the industry level must have been the key to understand the unexpected market growth and technical evolution. However, recent management thoughts told us that the strategic variety in an industry could be possibly indulged by various pressures towards homogeneity. Such counter powers are referred to as organizational isomorphism, strategic bandwagon effects and so on. To examine those pressures which drive entrepreneurs back and forth towards strategic variety, this paper looks at the structural characteristics which underlie the way entrepreneurs see things in an uncertain environment. The case analysis takes the view that the video game industry was so uncertain that nothing could affect so deterministically entrepreneurs’ behaviours other than their perceptions. As a conclusion here, this paper points out some tradeoffs underlying the two different strategies which the twin peaks of Japanese RPG producers, Square and Enix, employed to meet with the uncertainty of the infant RPG market. It also argues that these tradeoffs based on two different perceptions might have kept their startups from the isomorphic indulgence. As a more prospective argument, questioned is the quality of strategic variety which is often deemed as an unquestionable remedy to industrial stagnation.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2005-06-10
37巻
1号
開始ページ 19
終了ページ 34
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002509310
JaLCDOI 10.18926/20307
タイトル(別表記) An Essay on Comparative Case Analyses in Management Studies (Part 2)
フルテキストURL snae_008_001_020.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 北東アジア経済研究
発行日 2010-03-26
8巻
開始ページ 1
終了ページ 20
ISSN 1880-8476
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002310808
JaLCDOI 10.18926/OER/12408
タイトル(別表記) An Essay on Comparative Case Analyses in Management Studies, Part I.
フルテキストURL 38_4_039_050.pdf
著者 藤井 大児|
抄録 本稿は,経営学の分野で,比較事例分析という研究方法が,どのように理論産出に貢献しうるかを考察することを目的とした作業の一部である。 経営学の文脈では,実証的研究方法として事例研究が頻繁に実施されている。しかしながら,成果として提出される理論がどの程度妥当なものと認められ得るのかについて,常に批判に晒されるリスクを負っている。単純ではあるけれども,もっとも強力な批判の矛先は,ごく少数の事例を見ただけ では,仮説の検証という意味では心もとない,というその一点に向けられている。確かに事例研究に対する擁護者は存在するけれども,投稿論文でも「仮説」という用語を論文に用いるや否や,匿名査読者から例外なく容赦ない批判を浴びせられるのが現実である。 そもそも事例研究は,仮説の普遍的妥当性を主張するものではない。登場する行為者の目的や動機,さらに行為者間の相互作用過程にまで踏み込んだ,内部一貫した論理展開を行うことのほうが,経営現象をより深いレベルで理解できるはずだという認識が,その主張の根底に流れている。事例分析を行う研究者は,仮説の検証ではなくて,理論産出を目指すのが良いと言い換えられるかもしれない。この目的に照らせば,既存の研究蓄積との対比で問題が提起され,理論的主張に対して事例記述が例証と位置づけられることによって,事例研究は成り立つことになる。 ただしその主張にたどり着くまでの調査過程で,どのような問題を提起し,どのような主張を展開すべきなのかに迷ってしまうことがある。というのは,しばしば事例記述のためのデータ収集には長い時間と多大な労力がかかるために,どこに向かうべきなのか「腹を括る」よりも前に実質的な試行 錯誤を始めざるを得ないからである。 毎日図書館に通って,高度経済成長の最中に出版された(しかも開けばまだ真新しい)新聞の縮刷版をひっくり返したり,やっとの思いでキー・パーソンへのアクセスがかなったにも拘わらず,気の利いた質問のひとつもぶつけられずに悔しい思いをしたり,調査協力者に内容確認を依頼した結果,公表を辞めるよう求められたり,どこに向かうとも知れない憂鬱な作業は続く。さらにその事例については他の誰よりも詳しく通じてしまった結果,理論的な整理が付かないまま膨大な事実を草稿の中で列挙してしまうというのも,多かれ少なかれ誰にでもあり得る。これらのことが定性的な研究方法は「職人仕事」であると皮肉られる理由にもなっており,とくに仮説検証を重視する人々にとっては,追試可能性の低さと結びつけて,格好の批判材料を提供することになる。本稿の意図が,こうした見解に加担することではないのは言うまでもない。しかしながら,筆者自身が事例研究を行う立場だからこそ,それがあまりに感性とか根性論に訴えねばならないもののように思われて,歯がゆい思いをすることも多いのである。 以上のような試行錯誤のプロセスは,研究者として駆け出しの間は当然避けられないものだけれども,標準的とは言わないまでも「何かしら有意義な理論の産出に辿りつくまでに最低限やっておくと良いこと」という意味での研究作法があればこそ,研究者コミュニティ全体での知識の効率的蓄積が可能というものである。その研究作法が,産出された理論の確からしさを一定程度保証してくれる方法論的配慮がなされたものであれば,より望ましい。 ここで有用なアドバイスが,グレイザー・シュトラウス(1967)に求められる。理論産出に主眼を置き,「理論的サンプリング」による絶えざる比較法を用いることで,研究者の着眼は理論的にも有 意味な構成概念へと昇華させることができると示唆されている。理論的サンプリングとは,まず十分な分散を確保したデータがあることを前提としたランダムサンプリングとは対照的に,理論的に有意義と考えられる比較対象を分析者が意図的に選択し,比較分析を何度も繰り返すことで,新たな構成 概念を発見するというものである。 ただし残念なことに,この文献は一読して理解できるという性質のものではない。読者が自らの経験や知識を当てはめながら少しずつ解釈を加えていかないことには,著者の豊かな含意を捉え損なうものである。そこで筆者は,いくつか参考になりそうな文献を渉猟しながら,比較作業が理論の産出 という研究作業にどのような指針を与え,最終的な理論的主張に対して方法論的な正当性をどのように与えうるのかを議論することにした。 筆者自身は経営学を専攻としており,グレイザーらは医療現場を分析対象としている社会学者であるので,両者の認識ギャップを埋める作業は容易ではない。いくらか遠回りのようではあるけれども,まず本稿では経営学者としてグレイザーらの所論に依拠しつつ,実際に比較事例研究を実践した 研究者の著作に当たることから始めようと考えている。続いて次稿以降では,グレイザーらの研究領域である医療現場の社会学を対象にして,彼らの意図するところをより深く掘り下げていくことを予 定している。最終的には,筆者自身の立場を明らかにする作業が必要になるけれども,それはもう少し先のこととなろう。 本稿は,いわば先人の研究実践を事例研究することを通じて,筆者なりの研究作法を探る試行錯誤プロセスの一環であり,相撲で言えばぶつかり稽古のようなものである。
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2007-03
38巻
4号
開始ページ 39
終了ページ 50
ISSN 03863069
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304919
JaLCDOI 10.18926/OER/12407
タイトル(別表記) Evolving Technical Capabilities in Turmoil : A Field Research on The Value Chain Network of Denim Jeans Industry in The Setouchi District (1)
フルテキストURL 39_2_001_020.pdf
著者 藤井 大児| 戸前 壽夫| 山本 智之| 井上 治郎|
抄録 本稿は,岡山大学経済学部と(財)岡山経済研究所の共同研究プロジェクトの一環として行われた調査研究の報告書に加筆修正を加えたものである。その報告書は,会員組織である岡山経済研究所の会員向け冊子として配布される予定であり,それとは別に経営学などの研究者に向けて成果を公表することが,本稿の目的となっている。紙幅の制約上,いくつかの独立した論考としての体裁をとりながら連続して掲載する予定であり,その構成は以下の通りである。
抄録(別表記) This research is a field study on the production−distribution network of denim jeans in the Setouchi district, being faced with the recent global competitive pressures. It has long been said that the textile and apparel industries in developed countries have been challenged by those developing economies that enjoy the advantages of low labor costs. The Setouchi district, which have had a long tradition of the industries, was no exception. It suffered a serious recession during the 1990s and 2000s and have lost their major customer bases. Amongst them, however, the denim jeans industry could survive the period by handling the negative impact from abroad in its own way. Since the denim jeans industry first appeared in Japan in the 1960s, the district has established itself as the center of the industry and long sustained its better competitive positions. It seems true that successful manufacturers not only pass their traditional production capabilities to younger generations but also promote technical evolution to make the new capabilities fit into the new market conditions, which are more quality oriented, fragmented and unstable. We conduct a field research to illuminate to what extent the Setouchi district has been successful in the denim jeans production and distribution and how it has been achieved. This paper, which is a part of the report of our whole research, especially attempts to suggest a potential approach to the industry, which owes a lot to a new philosophical movement called ‘communities of practice.’ We suggest that our new approach should be more appropriate than conventional approaches in that it can firstly explain the psychological climates of the Setouchi district which are characteristically individualistic. Secondly, although local economies were previously understood to be facilitated by the network based succession and diffusion of technical and commercial knowledge, it seems that manufacturers’ learning behaviors in this district tend to rely more on the independent trial and error method.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2007-09
39巻
2号
開始ページ 1
終了ページ 20
ISSN 03863069
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12400/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12383/
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304912
JaLCDOI 10.18926/OER/12400
タイトル(別表記) Evolving Technical Capabilities in Turmoil : A Field Research on The Value Chain Network of Denim Jeans Industry in The Setouchi District (2)
フルテキストURL 39_3_023_042.pdf
著者 藤井 大児| 戸前 壽夫| 山本 智之| 井上 治郎|
抄録 本稿の目的は,産地型集積の維持・発展メカニズムの分析に先立つ予備的作業として,三備地区が他の繊維・アパレル産地に比較して産地力の持続に成功していることをフィールド調査を通じて考察することである。これに必要な作業としてまず,デニム・ジーンズの歴史や,ジーンズの消費財としての特殊性,三備地区がジーンズに出会ってから今日に到るまでの大きな流れなどを掴む。また倉敷市児島地区を中心とした製販ネットワークの現状を具体的に報告する。前稿で述べたように,産業集積にアプローチするうえで比較優位説を展開した「ヘクシャー=オリン定理」を採用するのと並行して,Porter(1990a,1990b)が前提するようなプレイヤーの自律的行 為能力を重視したいというのが,本研究の立場であった。ヘクシャー=オリン定理を適用すると,綿花の産地であった三備地区で綿素材を中心とした繊維・アパレル産業が形成されたことを理解しやすいであろうし,時代の変化に応じて企業が戦略的に経営の舵を切る様子に着目し,児島地区を中心とした製販ネットワークを産地型集積の一例として捉えることもまた有意義な作業であろう。ジーンズ産地の持続・発展のメカニズムを考察するとき,さらに一歩踏み込んで既存の産業集積論では説明しきれない部分を探し出し,より包括的な理解を構築したいと考えている。そこで<実践コミュニティ>という新しい視座の導入を試みるのだけれども,具体的には,産地内の企業間の切磋琢磨や競争的な試行錯誤が,ジーンズ産地の持続・発展に影響を与えた可能性を探求したいと考えている。ただしその分析作業は,次章以降の課題である。本章では,既存の理論を若干意識しながら,まずデニム・ジーンズや三備地区の簡単な歴史を振り返り,ジーンズ固有の厚地,芯白,綾織といった特性について説明し,三備地区が綿花の産地から紡績,織物,縫製など繊維産地へ発展した流れを追う(第2節)。続いて,企業が戦略的に経営の舵を切っていく「ジーンズ国産化」の流れを追う(第3節)。すなわち他のアパレル製品と比較してデニム・ジーンズの最大の特徴であり,またアメリカのジーンズには本来なかった洗い加工技術を中心にして,三備地区のジーンズ作りに対する取組みを概観する。続いてインタビューを通じて得られた三備地区に関するイメージを報告する。まず集積の主体である企業群を大きく3つの業態に分割し,それらの特徴を理念型として整理し,それぞれのメリットとデメリットを報告する(第4節)。続いて集積メリットのひとつとして,若手経営者の起業を促す要素を考察し,どのような試みが展開されているのかを報告する(第5節)。
抄録(別表記) This paper reports our field research regarding the denim jeans production− distribution network in the Setouchi district. As argued in the previous paper, existing literatures fail to explain why and how the district has achieved technical and commercial sustainability regardless of facing fierce competitive pressures from abroad. We report some facts that the literatures have not fully acknowledged and therefore will lead us to reconstruct the way of seeing how the district works. The behaviors of the players in our research field seem to be more complex than theoretically predicted. A current popular way of explaining industrial agglomerations is the network based approach that can suitably illuminate numerous invisible networks functioning as flexible value chains to respond to the received orders from outside of the district. However, this approach is said to be less powerful when we turn our focus onto the players’ individualistic and innovative behaviors since networks are essentially the human relations through which information and knowledge is collaboratively shared by the players. We believe that people in the district are highly intrinsically motivated, change their business models and hold ambivalent feelings towards the old paradigm where collaborative networks share incoming consumer information, technical knowledge and revenues from the market. We firstly report the history of Japan’s denim jeans industry. Secondly, the competitive structure of the recent market follows. Lastly we focus on the recent entrants into the market who symbolically illuminate the vitality of the district. We will elaborate in our forthcoming paper a possible mechanism underlying the sustainable competitiveness of the district.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2007-12
39巻
3号
開始ページ 23
終了ページ 42
ISSN 03863069
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12407/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12383/
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304834
JaLCDOI 10.18926/OER/12383
タイトル(別表記) Evolving Technical Capabilities in Turmoil :A Field Research on The Value Chain Network of Denim Jeans Industry in The Setouchi District (3)
フルテキストURL 39_4_177_187.pdf
著者 藤井 大児| 戸前 壽夫| 山本 智之| 井上 治郎|
抄録 This paper is the final report of our field research of the denim Jeans value chain network in the Setouchi district. Based on the argument delivered in our earlier reports, we now concentrate on the mechanism which underlies the survival of the district under the fierce global competitive pressures. We suggest that local economies such as ours full of small and medium sized producers of denim jeans tend to have individualistic industrial climates. Textile converters and fashion designers and the like do not hesitate to learn from their competitors by imitation. This is because they usually receive training on commercial knowledge and technical skills through their actual daily jobs instead of formal education at professional schools. Imitation is not only an important part of their professional learning, but also one of effective ways to save experimental costs to raise numerous ideas and prototype new products. This tendency creates a certain level of homogeneity of product designs, which also creates certain pressures for the manufacturers to differentiate themselves from their own competitors. Under this anbivalent iudustrial climate, the manufacturers seek their uniqueness through improvised reinterpretation of the original product designs. This uniqueness which creeps in the imitation process may come from the recent movement where some of young and entrepreneurial startups and the like acquire deserted production capacities that used to be owned by older generations. Faced with the recent fierce competitive pressures, such old generations have lost their motivation to continue their business and deserted their production facilities. The younger generation gives lives to such facilities and receives wider learning opportunities and flexible production capabilities under the new low−volume diversified production paradigm. Under this new circumstance, planned obsolescence of products becomes common and overall design and production capabilities are deemed to evolve quite quickly and effectively.
抄録(別表記) 本章の目的は,国内生産とりわけ三備地区でのジーンズ作りについて,インタビューを中心に行った調査結果を整理しながら報告し,そこからジーンズ産地力の持続メカニズムを抽出することである。第二次世界大戦の終結後,米国文化とともに,その象徴的な存在として中古ジーンズが日本に流入しはじめ,1950年代には活発に取引されるようになった。1960年代には国産ジーンズが若者を中心に人気を博し,三備地区を中心にジーンズ産地が形成されたが,産地形成には伝統的な技術蓄積の存在,リーディング企業の発生,染色の技術革新などが寄与していた。その後,ジーンズ市場の拡大と ともに,紆余曲折しながらもジーンズ産地としての当地が発展を遂げてきた。ところが1990年代後半になると,ジーンズ生産の海外移転が始まった。また現在ファッションのサイクルはより短く,ユーザーの嗜好が多様化するなかで,市場の新たな要求に応えていける能力が求められるようになり,ジーンズ産地は変質を迫られてきた。現在,三備地区は変化の激しいジーンズ市場に対して機敏に対応できる生産力を有しているとされる。ジーンズの高付加価値化を可能にする技術・ノウハウが内在し,事業や技術を確実に伝承していくだけの起業者を確保している産地といえるかもしれない。この産地力の持続メカニズムを多少なりとも明らかにしたいというのが,本章の目的である。比較優位説が予想するように,綿花栽培に適した風土を有し,歴史的にも綿素材のアパレル製品供給力が高かったことは言うまでもない。本章はそれに加えて,産地力の持続性を説明する,産地に住み働く人々の自律的行為能力を加味したメカニズムを探求することをとくに狙っている。強力な集権的コントロールを欠いた産地型集積のなかでも,この地方は個人の我の強さや商魂の逞しさで知られており,そうした特長をもつ中小企業の経営者達が産地で生活し働くことから何をメリットと感じ,また産地全体として何らかの経済効果を挙げているとすれば,それはいかなる論理によって可能なのかを考察する。以下では第2部での報告に基づいて,産地全体に底流する産地力の持続メカニズムの論理化を試みる(第2節)。基本的には第1部で論じた協調的学習の場,すなわち〈実践コミュニティ〉として産地を眺め,メカニズムの抽出に努めている。
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2008-03
39巻
4号
開始ページ 177
終了ページ 187
ISSN 03863069
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12407/ http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12400/
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304821