フルテキストURL Association_Natural_Language_Processing_2017.pdf
著者 竹内 孔一| 大野 雅幸| 泉仁 宏太| 田口 雅弘| 稲田 佳彦| 飯塚 誠也| 阿保 達彦| 上田 均|
発行日 2017-03
出版物タイトル 言語処理学会年次大会発表論文集
23巻
出版者 言語処理学会
開始ページ 839
終了ページ 842
NCID AA11909127
資料タイプ 会議発表論文
言語 Japanese
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン author
フルテキストURL Association_Natural_Language_Processing_2018.pdf
著者 大野 雅幸| 泉仁 宏太| 竹内 孔一| 小畑 友也| 田口 雅弘| 稲田 佳彦| 飯塚 誠也| 阿保 達彦| 上田 均|
発行日 2018-03
出版物タイトル 言語処理学会年次大会発表論文集
24巻
出版者 言語処理学会
開始ページ 368
終了ページ 371
NCID AA11909127
資料タイプ 会議発表論文
言語 Japanese
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン author
タイトル(別表記) Proposing an Unsupervised Approach to Evaluate Essays Using IDF on Reference Data
フルテキストURL NLC2018-33.pdf
著者 大野 雅幸| 竹内 孔一| 泉仁 宏太| 小畑 友也| 田口 雅弘| 稲田 佳彦| 飯塚 誠也| 阿保 達彦| 上田 均|
抄録 大学入試において2020 年から記述式問題が導入されることから記述式の問題を自動で採点する手法の開発が求められている.本論では,エッセイタイプの小論文課題を対象に,課題に関連する参照データとWikipedia 全文から作成したidf を利用した事前採点不要な自動採点手法を提案する.先行研究において,日本語小論文を対象とした自動採点では,多くの事前採点が必要となり,実際の数百人規模の試験では利用することが難しいと考えられる.そこで本研究では,事前採点が不要な小論文採点手法を提案する.また,小論文の模擬試験を実施して小論文データを構築する.構築した小論文データに対して採点手法を用い,実験を行い評価する.また小論文データの人手による採点に対しても評価を行う.評価実験の結果neologd 辞書を利用した形態素解析器を用いて, idf 値を利用した形態素の一致数が,人手の評価値と相関が高いことを示す.
抄録(別表記) In this paper, we describe an on-going study of developing an automatic essay-scoring system in Japanese. Essay scoring systems have already been developed and used mainly in English, while not many previous studies have been done on Japanese essay evaluations. Most of the methods and systems of automatic essay evaluation need not small number of previously human-graded essays for calibrating the parameter of regression functions or parameter of machine learning. The previous studies show the high performance for essay evaluation task, however, it must be not easy to assume large graded essays in, for example, actual tests or entrance examinations. Thus, we take a approach to evaluate Japanese essays without previously human-graded essays but with assuming reference data related to essay questions. The proposed method is a simple one, that is, evaluating the essays with co-occurrences with the reference data in their words or morphemes. In the method technical terms would be given high scores using neologd dictionary and idf values. Experimental results show that the proposed method works well in our developing Japanese mock trial writing tests. Key words automatic scoring of essays, human annotation, supporting
キーワード 自動採点 (automatic scoring of essays) アノテーション (human annotation) 採点支援 (supporting system of essay evaluation) idf neologd
発行日 2018-12
出版物タイトル 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション
118巻
355号
出版者 電子情報通信学会
開始ページ 103
終了ページ 108
ISSN 09135685
NCID AA11524632
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 copyright@2018
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) A Study of Extracting Related Documents for Essay Evaluation Modules
フルテキストURL NLC2017-24.pdf
著者 泉仁 宏太| 竹内 孔一| 大野 雅幸| 田口 雅弘| 稲田 佳彦| 飯塚 誠也| 阿保 達彦| 上田 均|
抄録 本研究では,小論文採点システムにおいて必要となる小論文に関連した文書を取得する方法を開発した.本研究プロジェクトの自動採点の評価軸の1 つに「妥当性」がある.妥当性の評価手法として,小論文の内容がWikipediaの文書の内容と,どの程度一致しているかを基準に妥当性スコアを算出する方法を考えている.しかし,Wikipediaの文書は多様であり,小論文で取り上げていない議題に関する文書も多く存在する.そこで本論文では小論文ごとに適切な文書を取得する方法を提案する.いくつかの手法を試した結果,単語ベクトルを使用した方法が,関連した文書を獲得することができたことを報告する.
抄録(別表記) We are developing an automatic Japanese essay-scoring system that is composed of 4 evaluation criteria, comprehensiveness, logical consistency, validity, spelling and grammar. In this paper, we discuss the most powerful approach to extract documents of Wikipedia that relates to the reference texts of the target essay theme for validity evaluation. The reason for using Wikipedia documents for evaluating validity of students’essays is that we assume that validity can be evaluated by the expanded discussions in Wikipedia documents that relates to the essay theme. Experimental results show that the skip-gram based word vector is the best approach to extract relating documents to reference texts among several keyword-based evaluation approaches.
キーワード 小論文の自動採点 (Automatic scoring of answers of essay-writing tests) 単語ベクトル (Word vector) Skip-gram Wikipedia
発行日 2017-09
出版物タイトル 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション
117巻
207号
出版者 電子情報通信学会
開始ページ 47
終了ページ 51
ISSN 09135685
NCID AA11524632
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 copyright©2017 IEICE
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OER/48989
Sort Key 1
タイトル(別表記) Political-Economic Situation and the Financial Condition of Local Governments in Poland
フルテキストURL oer_044_2_001_023.pdf
著者 田口 雅弘|
抄録 This paper conducts a critical analysis on the political-economic situation of Poland and the current financial condition of the Polish local governments. Poland was the only country in the EU that avoided recession in 2009, i.e. just after the financial crisis it the world in 2008. While a number of studies suggest that the strong exports and individual consumption expenditures have been supporting the economy, they tend to miss the crucial fact that local government finance in the country is relatively well-balanced, and it became one of the factors of the economic stability. Aiming at examining such curious steadiness of the Polish local governments, this paper first focuses on the political and economic situation in Poland to understand the background of the financial condition of the local governments. Secondly, the system of local autonomy and its changes will be reviewed. Thirdly, the paper outlines the current political situation of the country, particularly the outcome of the general election held in 2012. Different regional strategies of the major political parties will be analyzed as well. Finally, the condition of local government finance will be examined to clarify their problems and challenges. From the analysis of this paper, the following points will be elucidated: (1) The solid economic performance has been maintained in Poland even after the global economic crisis. (2) The disparity of economic growth by prefecture and the disparity of the domestic product per capita by prefecture both show observable trend of its increase. (3) There is a big difference in the regional policy between the two major political parties in the country. The ruling party, the Civic Platform (Platforma Obywatelska; PO), bases its policy on the EU cohesion fund and adopts the economic growth model, in which the economies of metropolises are the engine to lead the country’s economy. On the other hand, the main opposition party, Law and Justice (Prawo i Sprawiedliwość; PiS), sets the liquidation of domestic disparities based on the “Polish” policies as its main goal. (4) The local government system of Poland is characterized by the great authority of commune (gmina) and the securing of tax revenue by the state. This model has been ensuring financial stability of the local government. (5) Many state-owned real estates have been changed to come under local government ownership during the period of systemic transformation. The incomes from the real estates and gains upon their sale have been contributing to the stability of local government finance. (6) Local governments have been one of the factors of Poland’s stable growth. However, many local governments recently started to fall into deficit. The causes of the deficit are as follows: a slowdown in tax revenues due to the recession; the falling real estate prices, the rising prices of construction materials for public works; the rising energy prices; and natural disasters that occur frequently in recent years. (7) The reduction policy of the state budget, directly bound up with the tighter condition of local government finance, as well as the decrease of financial supports from the EU Cohesion Fund and its related cuts in budgets for public works, has a negative impact on the local economy. They consequently affect the growth of the Polish economy to cause its slowing down.
備考 論説 (Articles)
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2012-10-01
44巻
2号
出版者 岡山大学経済学会
出版者(別表記) The Economic Association of Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 23
ISSN 0386-3069
NCID AN00032897
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2012 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
NAID 40019465578
Eprints Journal Name oer
著者 田口 雅弘|
発行日 2010-09-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
42巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2010-03-31
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
41巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2008-12-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
40巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2007
出版物タイトル 北東アジア経済研究
6巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2008-09-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
40巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 1996-06-05
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
28巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 1997-06-05
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
29巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2001-06-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
33巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2005-12-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
37巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2005-03-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
36巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2005-09-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
37巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2007-06
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
39巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘| 吉崎 知子|
発行日 2005-06-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
37巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2006-12
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
38巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田口 雅弘|
発行日 2006-09
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
38巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文