JaLCDOI 10.18926/CTED/56536
タイトル(別表記) Google classroom and Chromebook as an Educational IT system
フルテキストURL cted_009_001_012.pdf
著者 山川 純次|
抄録  「2030年代を生きる力」と「働き方改革に利するITスキル」を教育するためのアクティブ・ラーニングをサポートする教育ITシステムの構築においてGoogle classroomとChromebookを検討した。教育クラウドプラットフォームのひとつであるClassroomと,Webアプリケーションを利用するChromebookを用いて教育ITシステムを構築すると低コストで導入と運用ができると考えられた。またこの教育ITシステムはGoogleアカウントを経由して作業環境やデータ・ファイルをスマートフォンとPCの間で同期するため,スマホ・ネイティブ世代の情報処理能力をスムースに拡張することができる。これにより国際化が要請されているスマホ・ネイティブ世代が経験するデジタル・デバイドを軽減し,また2030年代に向けて我が国のビジネス・ワーカーが持つITスキルを向上させることが期待される。
キーワード アクティブ・ラーニング 教育ITシステム Google classroom Chromebook スマホ・ ネイティブ世代
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2019-03-20
9巻
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/ESR/53192
タイトル(別表記) A high precision and high resolution estimation of the spatial distribution of PM2.5 in the south area of Okayama prefecture, Japan
フルテキストURL esr_021_1_001_005.pdf
著者 大森 秋穂| 山川 純次|
抄録  A relatively high precision and high resolution spatial distribution of the PM2.5 in the south part of the Okayama prefecture, Japan was estimated by the Universal Kriging method and the FOSS4G GIS softwares. The observation data of the PM2.5 were obtained from the Environmental data service site of the Okayama prefecture. The geospatial open data about the research field that used in the research were served by the government research institutes. The spatial analysis were executed by the R (R core team, 2014) and its spatial libraries, maptools (Bivand and Lewin-Koh, 2014), rgdal (Bivand, Keitt and Rowlingson, 2014) and gstat (Pebesma, 2014). The geospatial representation and qualitative analysis of the estimated distribution were performed by the QGIS (QGIS Development Team, 2014) and the Google earth (Google, 2014). The time variant of the PM2.5 concentration by the each observatories in the area were show some cross correlation factor to the SPM10 concentration data. The estimated PM2.5 distribution seems to show that the relatively tight relation to the geospatial factors in the research area. The estimation of a time variant change of the PM2.5 distribution will be required of the further research..
キーワード PM2.5 Spatial statistics Kriging R-language gstat FOSS4G Google earth
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2014-12-27
21巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 5
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2014 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
NAID 120005567871
著者 山川 純次|
発行日 2011-12-01
出版物タイトル 化学
66巻
12号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-11-01
出版物タイトル 化学
66巻
11号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-10-01
出版物タイトル 化学
66巻
10号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-09-01
出版物タイトル 化学
66巻
9号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-08-01
出版物タイトル 化学
66巻
8号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-07-01
出版物タイトル 化学
66巻
7号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-06-01
出版物タイトル 化学
66巻
6号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-05-01
出版物タイトル 化学
66巻
5号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-04-01
出版物タイトル 化学
66巻
4号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-03-01
出版物タイトル 化学
66巻
3号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-02-01
出版物タイトル 化学
66巻
2号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2011-01-01
出版物タイトル 化学
66巻
1号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 山川 純次|
発行日 2012-03-01
出版物タイトル 化学
67巻
3号
資料タイプ 一般雑誌記事
JaLCDOI 10.18926/CTED/49484
タイトル(別表記) The Web-based Interactive three-dimensional Crystal Structure Materials for Scientific Education
フルテキストURL cted_003_027_031.pdf
著者 山川 純次|
抄録  理科教育におけるWeb ベースの対話型3 次元結晶構造教材としてX3D 形式あるいは3D PDF を使ったシステムを比較検討した。どちらの形式もe- ラーニングシステムと高い親和性を持ち,また初学者と専門家の空間概念の把握に関するギャップを埋める教材として優れていると考えられた。データの継続使用を考えた場合,オープン規格であるX3D 形式と対応Web ブラウザを用いるシステムが適していた。一方,高品位な印刷が必要な場合は3D PDF とAdobe Reader を組み合わせたシステムが適していると考えられたが,将来に渡る継続利用を考慮した場合,このシステムはプロプライエタリである点に留意して運用しなくてはならないだろう。
キーワード 3D PDF X3D 結晶構造 理科教材
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2013-03-08
3巻
開始ページ 27
終了ページ 31
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005232445
JaLCDOI 10.18926/ESR/49210
タイトル(別表記) Estimation of SPM concentration distribution over the central Seto Inland Sea
フルテキストURL esr_019_1_019_024.pdf
著者 海老 貴宏| 松本 宏文| 山川 純次|
抄録 Ordinary Kriging, OK, and Regression Kriging, RK, are the spatial statistical methods that are possible to estimate a horizontal distribution in a study area from discrete data. OK is the method which takes account of only spatial auto-correlation structure of the data, while RK is the method which takes account of an interrelationship between spatial auto-correlation structure and some auxiliary variables to minimize the estimation error. Analytical processing for OK and RK methods was performed by the R-Language (R Core Team, 2012) and its some additional libraries. The auxiliary variables required to perform RK method were prepared by a GIS application, Quantum GIS (Quantum GIS Development Team, 2012). The 3-dimensional geographic representation of the estimation maps was performed by the Google Earth (Google, 2012). In this report, OK and RK methods were applied to one of the Earth scientific information, SPM (Supended Particulate Matter). Then, these methods were considered by comparing two estimation maps, and finally considered qualitatively by displaying these maps in the Google Earth.
キーワード Ordinary Kriging Regression Kriging Auxiliary variable R-Language Google Earth
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2012-12-26
19巻
1号
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2012 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
NAID 120005232328
JaLCDOI 10.18926/ESR/49209
タイトル(別表記) The temperature and pressure conditions of synthetic Sibirskite and Parasibirskite
フルテキストURL esr_019_1_013_017.pdf
著者 狩野 正裕| 山川 純次|
抄録 Sibirskite (CaHBO ) and parasibirskite ₃ are in the relation of polymorphism, these are regarded as the alteration products of takedaite (Ca₃B₂O₆), occurs at Fuka mine, Okayama Prefecture. The synthesis of parasibirskite was reported by the Schäfer (1968a, b) etc. and the synthesis of sibirskite was reported by the Sun et al. (2011). To determine the formation condition of sibirskite and parasibirskite in the natural, they were synthesized from the natural takedaite (Ca₃B₂O₆). As a result, both of sibirskite and parasibirskite were formed by the duration time of 7 days with 1000 kg/cm2 and 300 oC, on the other hand, only sibirskite was formed by the duration time of 14 days with the same condition. In addition, the mixtures of sibirskite and parasibirskite were examined under the various temperatures and pressures of hydrothermal conditions. As a result, the upper limit of the stable temperature and pressure conditions of sibirskite was estimated between 350 oC and 400 oC at 1500 kg/cm2, and between 400 oC and 450 oC at 500 kg/cm2 . In the higher temperature than the condition, sibirskite were changed into shimazakiite (Ca₂B₂O₅).
キーワード Sibirskite Parasibirskite Shimazakiite Fuka Hydrothermal synthesis
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2012-12-26
19巻
1号
開始ページ 13
終了ページ 17
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2012 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
NAID 120005232327
JaLCDOI 10.18926/CTED/48200
タイトル(別表記) Design and Implementation of e-Learning System at the Faculty of Science, Okayama University
フルテキストURL cted_002_120_125.pdf.pdf
著者 山川 純次| 柴田 次夫|
抄録 岡山大学理学部ではe-ラーニングシステム(理学部LMS)が導入され運用されている。理学部LMSの導入に際しては商用またはオープンソフトウェアの様々な学習管理システムを調査し,Moodleが採用された。理学部でのMoodleはセキュアで信頼性の高いPCベースのGNU/Linux,Apache,MySQLおよびPHPが稼動するコンピュータによって運用されている。理学部LMSを使用するための初期コストは,学部を構成している教員と学生の持つ利用能力に応じて可能な限りコストパフォーマンスを高める様にデザインされた。LMSとして採用したMoodleがベースとしている社会構築主義は講義を改善する強力なポテンシャルを有するが,理学部LMSシステムの有効性はユーザの能力によって制限されるかもしれない。
キーワード e- ラーニング LMS Moodle 社会構築主義
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2012-03-19
2巻
開始ページ 120
終了ページ 125
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2012 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120003987703
JaLCDOI 10.18926/ESR/47746
タイトル(別表記) KED estimated distribution of Earth Scientific Information
フルテキストURL esr_018_1_001_003.pdf
著者 山川 純次| 海老 貴宏| 松本 宏文|
抄録 KED, the Kriging with External Drift, is one of the spatial statistical method for estimating some distribution from the discrete spatial sampled data set about the research field. The KED uses the kriging method (Matheron, 1973) with some auxiliary map to minimize the estimated error. The KED procedure was performed by the R-Language (Ihaka and Gentleman, 1996) using some geostatistical libraries. The auxiliary maps required by the KED were prepared by the authors with some GIS applications. The 3-dimensional geographic representations for the estimated distribution were performed by the Google Earth (Google, 2011). In this report, the KED was applied to some Earth scientific information to show the fundamental scheme of the method.
キーワード KED Universal kriging Regression kriging R-Language Google Earth
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2011-12-26
18巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 3
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2011 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
NAID 120003796474