このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15329
JaLCDOI
Sort Key
15
タイトル(別表記)
Character, Habit and Taste of woman with coldeness in their bodies
フルテキストURL
著者
高取 明正 岡山大学医学部附属病院三朝分院産婦人科
奥田 博之 岡山大学医学部附属病院三朝分院産婦人科
坂田 旬子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
藤井 純子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
冷え性の発現は寒冷刺激に対する血管運動性体温調節と密接に関係しているが,患者の性格・生活習慣・食事の嗜好等にも関わっていると考えられる。そこで今回は冷え性婦人100名を対象にCMl調査と35項目にのぼるアンケート調査を行った。その結果,冷え性の増悪因子として,日頃の運動不足・神経症的性格傾向・過労・食べ物の嗜好がクローズアップされ,この面での生活指導が冷え性の治療を行っていく上で,薬物的な治療と並んで重要であることか示唆された。
抄録(別表記)
The character, habit and taste were studied about by means of a questionnaire survey and Cornell Medical Index in 100 women who felt cold in their part of bodies. More than 30% of the women showed the neurotic personality, They had a tendency to dislike the greasy foods, and frequently had sweet foods. More than 50% of them ordinally complained of shoulder stiffness and generalfatigue. The women who played sports weekly were less than 20%. The neurotic porsonality, the tendency to dislike the greasy foods and the lack of exercise were seemed to be the feature of their character, taste, and habit. Thus, improvement of their personality and life style may have a good effect on the coldness in women.
キーワード
冷え性 (Coldness in women)
性格 (Character)
生活習慣 (Habit)
嗜好 (Taste)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1992-06
63巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
79
終了ページ
84
ISSN
0913-3771
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc