このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21126
JaLCDOI
Sort Key
14
タイトル(別表記)
Comparison of sulfur isotope ratio measurements by various techniques, and the δ(34)S values of some sulur standards
フルテキストURL
著者
柳沢 文孝 岡山大学温泉研究所熱水地球化学部門
三好 正 岡山大学温泉研究所熱水地球化学部門
上田 晃 岡山大学温泉研究所熱水地球化学部門
酒井 均 岡山大学温泉研究所熱水地球化学部門
抄録
Three techniques (combustion of Ag(2)S by Cu(2)O, thermal decomposition of BaSO(4) and KIBA reagent method under vacuum) for sulfur isotope ratio measurements of geological samples are described in detail. The δ(34)S values of three working standards (MSS-2, MSS-3 and MSS-4) obtained by these techniques for the last 13 years were compared (Table 1 and Fig. 3): the most acceptable values of the three standards are +21.5, +3.5 and +4.5‰, respectively.
備考
資料その他 (Data and Miscellanies)
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
発行日
1983-03-25
53巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
77
終了ページ
84
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc