このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10699
Eprint ID
10699
フルテキストURL
Thumnail K003064.pdf 103 KB
タイトル(別表記)
BMPとグルココルチコイドによる副腎髄質のカテコラミン産生調節機構とその意義:ラット褐色細胞腫由来PC12細胞を用いた検討
著者
加納 義浩 岡山大学
発行日
2006-03-24
出版物タイトル
資料タイプ
学位論文
学位授与番号
甲第3064号
学位授与年月日
2006-03-24
学位・専攻分野
博士(医学)
授与大学
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
none
査読
不明