“Copyright of Acta Medica Okayama Published before 1999”

Okayama University Medical School will digitalize and publish articles of Acta Medica Okayama back to the first issue under the committee of our university. Although it is clearly stipulated in our journal that the copyright of the articles belongs to Okayama University Medical School since 1999 (Vol.53), there is no decision on the articles published before 1999. However, Okayama University assumes that the copyright of the articles published in that period, from Vol.1 to Vol. 52, also belongs to Okayama University Medical School , and will carry out the electronic publication of these articles. Accordingly, we would like to change into a copyright transfer request with this homepage advertisement. This does not limit the use of the articles by the authors themselves. If the authors of an article of Acta Medica Okayama have any objection to this assumption, please contact us at the following address by no later than , 2007. Note that every article is carried out the electronic publication unless authors have objections.

Acta Medica Okayama ジャーナルの電子化に伴う著作権について 

この度、岡山大学医学部はActa Medica Okayamaを創刊号に遡って電子化することになりました。Acta Medica Okayamaに掲載された論文の著作権は、岡山大学医学部に帰属することが1999年(Vol.53)より明記されており、以来、著者には、著作権委譲の書類を提出していただくことにより、確認致しております。しかし1998年以前に発行されたもの(Vol.52以前のもの)については明瞭な取り決めがありませんでしたので、著作権委譲の書類をいただいておりません。このことに関し、誠に勝手ながら岡山大学医学部では、1998年以前の期間にあっても掲載論文の著作権は、同様に岡山大学医学部に帰属し得るものと考え、Acta Medica Okayama ホームページ掲載による告知をもって、著作権委譲依頼に変えさせていただきたく存じます。なお、著作権が本大学に帰属しても、著者自身の利用を妨げるものではない事は現状と変わりません。 この措置について、異議のある方は2007年~までに下記までお申し出ください。お申し出のない場合は、とりあえずご了承いただけたものとして、掲載させていただきますので、重ねてお願い申し上げます。