このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17255
Eprint ID
17255
フルテキストURL
Thumnail 89_1501.pdf 482 KB
タイトル(別表記)
The mutual effects of Cd(2+) and ruthenium red on rat liver mitochondrial energy transfer reaction
著者
長谷川 亨 岡山大学医学部公衆衛生学教室
野上 裕作 岡山大学医学部公衆衛生学教室
緒方 正名 岡山大学医学部公衆衛生学教室
抄録
The mutual effects of Cd(2+) and ruthenium red on rat liver mitochondrial energy transfer reaction are described. In results, ruthenium red recovered the depression of the oxidative phosphorylation induced by Cd(2+). Ruthenium red suppressed the K(+) release induced by Cd(2+). As the binding site of the Cd(2+) have other than the binding site of ruthenium red, the site of ruthenium red is greatly related with the inhibitory effect of Cd(2+) and this site is similar to the binding site of Ca(2+).
発行日
1977-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
89巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1501
終了ページ
1505
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/89/11-12/89_11-12_1501/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Sort Key
8
Eprints Journal Name
joma