Studies in Cultural Symbiotics
Published by Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University

ヨーロッパ近世「小氷期」と共生危機 ―宗教戦争・紛争、不作、魔女狩り、流民の多発は、寒い気候のせいか?―

Abstract
1.問題の所在  2.「小氷期」の存在とその定量的データを示す自然科学研究の成果  3.気候以外の要因が考えられない事象の例=アルプスの氷河の進出  4.気候が有力な要因と考えらる事象の例=ブドー栽培あるいはワイン醸造  5.「小氷河期」の原因を太陽活動の盛衰に求める自然科学研究  6.まとめと展望 
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
NAID