Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

気管支喘息における温泉療法と薬物療法

Tanizaki, Yoshiro
Mifune, Takashi
Hosaki, Yasuhiro
Yokota, Satoshi
Takeuchi, Kazuaki
Nawa, Yuichiro
Abstract
気管支喘息は,その臨床病態より,Ia.単純性気管支攣縮型,Ib.気管支痙攣縮+過分泌型,Ⅱ.細気管支閉塞型の3つの基本病型に分けることができる。また,発症病態からは,アトピー型と非アトピー型に分けられる。気管支喘息に対する温泉療法や薬物療法の際には,これらの臨床病態や発症病態を十分把握した上で最も適切な治療法を選ぶ必要がある。気管支喘息に対する薬物療法では,気管支拡張薬,去痰薬,抗アレルギー薬,副腎皮質ホルモンなどがその主たるものであるが,特に薬物療法では気管支拡張作用と抗炎症作用が重要である。一方,温泉療法では,気道の浄化作用や気管支粘膜の正常化作用などが得られ,臨床病型では,過分泌型や細気管支閉塞型に対してより効果的である。また,発症病態からすれば,アトピー型ではヒスタミンとロイコトリエンが,非アトピー型ではロイコトリエンがより優勢な化学伝達物質であり,このような発症病態を十分把握した上で,適切な抗アレルギー薬を選ぶ必要が ある。
Keywords
気管支喘息 (bronchial asthma)
臨床病型 (clinicaI classification)
アトピー型 (atopic asthma)
温泉療法 (spa therapy)
薬物療法 (drug therapy)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852