Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University


Published by Institute for Education and Student Services, Okayama University

ISSN 2432-9665

岡山大学留学生相談室に持ち込まれた住居関連領域事案に関する実証的研究

Uzuka, Mariko Center for Global Partnerships and education, Okayama University
Oka, Masumi Center for Global Partnerships and education, Okayama University
Fujimoto, Masumi Institute for Education and Student Services, Okayama University
Abstract
 1999 年11 月から2017 年3 月にかけて、留学生相談室が関与した住居関連の事案が264 件発生し、275 人の留学生がこれらの事案に関わった。264 件の事案のうち、129 件が民間住宅に関わる事案、128 件が大学宿舎に関わる事案、7 件がその他(公営住宅、他大学宿舎)に関わる事案であった。民間住宅に関わる事案で最も多かったのは、家主・不動産屋とのトラブル44 件である。44 件中、明らかに留学生側に問題があった事案は23 件、家主・不動産屋側に非があった事案は10 件で、残りの11 件はコミュニケーション不足による誤解が招いたトラブルである。大学宿舎に関わる事案で最も多かったのは、環境・設備・備品への苦情31 件であるが、近年の改修工事により宿舎の住環境が大幅に改善された。
Keywords
留学生
留学生宿舎
民間住宅
留学生相談室
住居関連領域
ISSN
2432-9665