Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published by Graduate School of Education, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学教育学部研究集録 (1号-137号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

ヒーローによる解説付きビデオセルフモデリングを用いた介入効果の検討 ─ ある自閉症スペクトラム障害児の手拭き行動を対象として ─

Takahashi, Ayaka The Joint Graduate School in Science of School Education, Hyogo University of Teacher Education
Otake, Yoshihisa Developmental Studies and Support, Graduate School of Education, Okayama University Kaken ID publons researchmap
Abstract
本研究では,知的障害特別支援学校小学部に在籍する1名の自閉症スペクトラム障害児を対象として,対象児にとってのヒーローが標的行動を解説するビデオセルフモデリング(VSM)を用いた介入の効果を検討した。標的行動は「トイレで手を洗った後に自発的にポケットからハンカチを出し,手を拭く行動」であり,対象児はトイレに行く直前にビデオを視聴した。その結果,ビデオ単体での効果は現れず,ハンカチの所在を可視化する透明なウエストポーチや視覚的リマインダーを併用することによって行動が若干改善された。ヒーローを活用したVSMの効果に関与する要因として,言語能力,ヒーローと自身の同一行動に対する内在的な強化力の有無を取り上げ,考察を試みた。
Keywords
自閉症スペクトラム
特別な興味
ビデオセルフモデリング
日常生活スキル
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258