このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48722
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Basic Study on Activation of Antioxidation Function in Some Organs of Mice by Radon Inhalation Using New Radon Exposure Device
著者
中川 慎也 岡山大学大学院保健学研究科
片岡 隆浩 岡山大学大学院保健学研究科
迫田 晃弘 岡山大学大学院保健学研究科
石森 有 独立行政法人 日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センター
花元 克巳 岡山大学大学院保健学研究科
山岡 聖典 岡山大学大学院保健学研究科
抄録
ラドン療法の適応症には活性酸素に由来する生活習慣病が多く,その機構の更なる解明が期待されている。また,汎用性があり医学的効果が再現できるラドン吸入装置の構築は意義が大きい。このため,著者らは共同で開発したラドン吸入試作装置を用い,マウス諸臓器中の抗酸化機能の変化特性を検討した。ラドン吸入試作装置は,特殊加工したラドン線源を収納したユニットの数量,それへの送風量及び湿度などを調節することによりラドン濃度を自在に調整可能にするものである。この装置によりマウスに400Bq/m3あるいは4000Bq/m3のラドンを吸入させた。その結果,脳・肺・肝臓・腎臓において,抗酸化系酵素であるSODとカタラーゼの両活性が増加し,過酸化脂質量が減少した。この抗酸化機能の亢進により,本実験条件でのラドン吸入は活性酸素障害の抑制,すなわち,生活習慣病の予防や症状緩和に効果のある可能性が改めて示唆できた。
抄録(別表記)
There are a lot of life style diseases that are related to reactive oxygen species in indications of the radon therapy, and, the further clarification of mechanism is expected. Therefore, in this study, we investigated the activation of antioxidation function in some organs of mice by radon inhalation using the new radon exposure device. It was enable that this device was the adjustments of radon concentration by changing the air flow rate to the specially processed radon source and so on. The mice were made to inhale the radon of 400Bq/m3 or 4000Bq/m3 with this device. Results show that in brain, lungs, liver, and kidney, both the activities of superoxide dismutase(SOD) and catalase increased, and lipid peroxide levels decreased. This suggests that radon inhalation enhanced the antioxidation function. These findings are important in understanding the mechanism of diseases in which radon therapy is used as treatment, and most of which are called activated oxygen-related diseases.
キーワード
new radon exposure device
radon inhalation
antioxidative function
superoxide dismutase
catalase
lipid peroxide
active oxygen
mouse
radon-222
発行日
2008-04-25
出版物タイトル
RADIOISOTOPES
57巻
4号
出版者
Japan Radioisotope Association
開始ページ
241
終了ページ
251
ISSN
0033-8303
NCID
AN00351589
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes/57/4/57_4_241/_article
言語
Japanese
著作権者
Copyright © 2008 by Japan Radioisotope Association
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI