このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54691
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Study on the Curriculum of Junior High Schools in Okayama City; Analysis and Classification of the Educational Objectives
著者
住野 好久 岡山大学大学院教育学研究科
三島 知剛 岡山大学教師教育開発センター
藤枝 茂雄 岡山大学大学院教育学研究科
山﨑 光洋 岡山大学教師教育開発センター
宮本 浩治 岡山大学大学院教育学研究科
今井 康好 岡山大学教師教育開発センター
抄録
岡山市立中学校全38 校の学校教育課程,特にそれを構成する要素の一つである学校教育目標に着目し,その特徴を明らかにするとともに類型化を行った。学校教育目標に使われている言葉の分析からは,「心の教育 豊かな心」「自ら学ぶ力 自己学習力」「健康体力」といった学習指導要領のキーワードが多く使われていること,そして岡山市立中学校の特徴としては岡山市の教育が目指す「自立する子どもの育成」を踏まえた「自主 自立 主体性」という言葉や「努力 向上心 がんばる」「人権尊重」という言葉が多く使われていることが明らかとなった。また,クラスター分析による学校教育目標の類型化からは,「市施策対応型(10 校)」「岡山伝統型(13 校)」「指導要領準拠型(10 校)」「全面強調型(5校)」の4類型に分けられることが明らかにされた。
キーワード
教育課程
学校教育目標
クラスター分析
岡山市
中学校
発行日
2016-11-28
出版物タイトル
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
163巻
出版者
岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
7
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou