このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49878
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Construction of Argument Structure Analyzer Toward Searching Same Situations and Actions
著者
竹内 孔一 岡山大学大学院自然科学研究科
土山 傑 岡山大学工学部情報工学科
守屋 将人 岡山大学工学部情報工学科
森安 祐樹 岡山大学工学部情報工学科
抄録
本研究では類似した動作や状態を検索するための基礎技術として,動作表現の類似関係を付与する項構造付与システムを構築している.項構造とは動詞と名詞の係り関係まで含めて動作の共通部分を記述するもので,例えば「XがYを逮捕する」「Yを捕まえる」には概念を共通していることを示す.本研究ではすでに,4425語(7473語義)の動詞に対して動詞間の項構造関係をシソーラス形式で整理して公開している.そこでこのオントロジーを基に規則ベースの項構造付与システムの構築を行った.本報告では項構造付与に必要なサブタスクとして,慣用句同定,複合名詞内係関係同定,主動詞探索を取り上げ事例による語義決定法について述べる.また,現状での語義付与精度について簡単な評価実験を行う.
抄録(別表記)
This manuscript proposes an argument structure analyzer that can identify verb meanings and semantic roles of their arguments from not only for sentences but compound nouns. The motivation of development of this analyzer is we need a tool to find the same or quasi-same situations, actions and changes in events. For this purpose various levels of paraphrases should be identified taking into account context, however, the proposed analyzer focus on providing lexicon-based paraphrasable relations i.e., matching "employ/use/utilize these tools" and "employment of these tools''. In this paper we clarify how we construct the modules of the analyzer, i.e., identification of idioms, deverbal-noun-argument identification in compound nouns, identification of content verbs, and identification of predicate verb semantics and their semantic roles on the basis of example based matching. The base data of verb meanings we use is a Japanese Verb Thesaurus build in our previous work and freely distributed.
発行日
2010-01-18
出版物タイトル
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション
109巻
390号
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
開始ページ
1
終了ページ
6
ISSN
0913-5685
NCID
AN10091225
資料タイプ
テクニカルレポート
言語
Japanese
著作権者
一般社団法人電子情報通信学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り