フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Kitamura, Yoshihisa| Akiyama, Kozue| Kitagawa, Kouhei| Shibata, Kazuhiko| Kawasaki, Hiromu| Suemaru, Katsuya| Araki, Hiroaki| Sendo, Toshiaki| Gomita, Yutaka|
キーワード Imipramine Carbamazepine ACTH 5-HT2A receptor Forced swim test Wet-dog shakes Treatment–resistant
備考 Published with permission from the copyright holder.<br> This is a author's copy,as published in Pharmacology Biochemistry and Behavior , 2008, volume 89, issue 3, pp235-240.<br> |
発行日 2008-05-20
出版物タイトル Pharmacology Biochemistry and Behavior
89巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン author
DOI 10.1016/j.pbb.2007.12.015
Web of Science KeyUT 000255311600001
JaLCDOI 10.18926/AMO/40129
フルテキストURL 64_4_219.pdf
著者 Doi, Maho| Miyazaki, Ikuko| Nagamachi, Tomoko| Shinomiya, Kazuaki| Matsunaga, Hisashi| Sendo, Toshiaki| Kawasaki, Hiromu| Asanuma, Masato| Gomita, Yutaka| Kitamura, Yoshihisa|
抄録 We examined the influence of chronic adrenocorticotropic hormone (ACTH) treatment on the number of Ki-67-positive cells in the dentate gyrus of the hippocampus in rats. ACTH treatment for 14 days decreased the number of such cells. The administration of imipramine or lithium alone for 14 days had no effect in saline-treated rats. The effect of ACTH was blocked by the administration of imipramine. Furthermore, the coadministration of imipramine and lithium for 14 days significantly increased the number of Ki-67-positive cells in both the saline and ACTH-treated rats. The coadministration of imipramine and lithium normalized the cell proliferation in the dentate gyrus of the hippocampus in rats treated with ACTH.
キーワード ACTH imipramine lithium proliferation Ki-67
Amo Type Original Article
発行日 2010-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
64巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 219
終了ページ 223
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 20802538
Web of Science KeyUT 000281384400002
著者 座間味 義人| 小山 敏広| 合葉 哲也| 天野 学| 安藤 哲信| 倉田 なおみ| 名和 秀起| 名倉 弘哲| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2014
出版物タイトル 静脈経腸栄養
29巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Takeda, Tatsuaki| Yamamoto, Hiromasa| Suzawa, Ken| Tomida, Shuta| Miyauchi, Shunsaku| Araki, Kota| Nakata, Kentaro| Miura, Akihiro| Namba, Kei| Shien, Kazuhiko| Soh, Junichi| Shien, Tadahiko| Kitamura, Yoshihisa| Sendo, Toshiaki| Toyooka, Shinichi|
キーワード breast cancer drug resistance lung cancer neratinib YES1
発行日 2019-12-19
出版物タイトル Cancer Science
111巻
3号
出版者 Wiley
開始ページ 849
終了ページ 856
ISSN 1347-9032
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 © 2019 The Authors.
論文のバージョン publisher
PubMed ID 31856375
DOI 10.1111/cas.14289
Web of Science KeyUT 000507433400001
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.1111/cas.14289
JaLCDOI 10.18926/AMO/61215
フルテキストURL 74_6_545.pdf
著者 Tatebe, Yasuhisa| Kanamitsu, Kiichiro| Kanzaki, Hirotaka| Ishida, Hisashi| Fujiwara, Kaori| Washio, Kana| Kitamura, Yoshihisa| Sendo, Toshiaki| Shimada, Akira| Tsukahara, Hirokazu|
抄録 Polymorphisms in methotrexate transporter pathways have been associated with methotrexate toxicities and clearance. Recent genome-wide association studies have revealed that the SLCO1B1 T521C variant is associated with methotrexate elimination. We present a case of a pediatric patient with acute lymphoblastic leukemia who suffered from persistently high plasma methotrexate concentrations and acute kidney injuries after the admin-istration of a medium dose of methotrexate. Subsequent genetic analysis showed that he was a carrier of dys-functional genetic variants associated with methotrexate clearance. This case highlights that polymorphisms of methotrexate transporter pathways can adversely affect methotrexate elimination in a clinically significant manner.
キーワード methotrexate polymorphism drug elimination acute kidney injury acute lymphoblastic leukemia
Amo Type Case Report
発行日 2020-12
出版物タイトル Acta Medica Okayama
74巻
6号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 545
終了ページ 550
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2020 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 33361876
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Kikuoka, Ryo| Miyazaki, Ikuko| Kubota, Natsuki| Maeda, Megumi| Kagawa, Daiki| Moriyama, Masaaki| Sato, Asuka| Murakami, Shinki| Kitamura, Yoshihisa| Sendo, Toshiaki| Asanuma, Masato|
発行日 2020-11-26
出版物タイトル Scientific Reports
10巻
1号
出版者 Nature Research
開始ページ 20698
ISSN 2045-2322
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 © The Author(s) 2020
論文のバージョン publisher
PubMed ID 33244123
DOI 10.1038/s41598-020-77652-4
Web of Science KeyUT 000596329600054
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.1038/s41598-020-77652-4
著者 佐藤 智昭| 上島 智| 千堂 年昭|
発行日 2007-09-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2008-01-04
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 黒田 智| 千堂 年昭|
発行日 2013-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 四宮 一昭| 北村 佳久| 上島 智| 佐藤 智昭| 千堂 年昭|
発行日 2008-05-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 相良 英憲| 北村 佳久| 千堂 年昭| 五味田 裕|
発行日 2007-05-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 藤原 聡子| 千堂 年昭|
発行日 2007-09-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 横張 英子| 岡崎 昌利| 千堂 年昭|
発行日 2008-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 勝部 理早| 千堂 年昭|
発行日 2008-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 名和 秀起| 千堂 年昭|
発行日 2009-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 千堂 年昭|
発行日 2009-08-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 黒田 智| 磯崎 英子| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2009-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 河崎 陽一| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2010-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/30940
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Sagara, Hidenori| Kitamura, Yoshihisa| Esumi, Satoru| Sendo, Toshiaki| Araki, Hiroaki| Gomita, Yutaka|
抄録 <p>It is well known that priming stimulation promotes the motivational effects of intracranial self-stimulation(ICSS) behavior. An experimental methodology using the runway method could separately study the reward and motivational effects of ICSS behavior. In the present study, we examined the motivational effect of nicotine as measured by the runway method using priming stimulation of ICSS behavior. Electrodes were implanted chronically into the medial forebrain bundle (MFB) in rats. A lever for stimulation of the MFB was set on the opposite side of the start box in the apparatus, and rats were trained to get a reward stimulation (50-200 microA, 0.2 ms, 60 Hz) of MFB when the goal lever was pressed. After the rats were trained to press the lever, a priming stimulation of the MFB was performed. After receiving the priming stimulation, rats were placed at the start box of the runway apparatus, and the running time duration until the goal lever was pressed was measured. Subcutaneous injection of nicotine at a dose of 0.2mg/kg produced an increase in running speed to obtain the reward stimulation, and priming stimulation facilitated the motivational effect to obtain the electrical brain stimulation reward in the rats. These results suggest that nicotine significantly enhanced the motivational effect on ICSS behavior as determined using the runway method. The runway method using priming stimulation of ICSS behavior may become the new experimental methodology with which to measure the motivational effect of some drugs.</p>
キーワード intracranial self-stimulation runway nicotine priming stimulation motivational effect
Amo Type Original Article
発行日 2008-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
62巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 227
終了ページ 233
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 18766205
Web of Science KeyUT 000258680900002
タイトル(別表記) Drug interaction (39. Drug interaction in prostate cancer therapy)
フルテキストURL 129_131.pdf
著者 神崎 浩孝| 田中 雄太| 丸尾 陽成| 西原 茂樹| 北村 佳久| 千堂 年昭|
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2017-08-01
129巻
2号
開始ページ 131
終了ページ 136
ISSN 0030-1558
関連URL https://doi.org/10.4044/joma.129.131
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2017 岡山医学会
論文のバージョン publisher
DOI 10.4044/joma.129.131
NAID 130006039378