著者 座間味 義人| 小山 敏広| 合葉 哲也| 天野 学| 安藤 哲信| 倉田 なおみ| 名和 秀起| 名倉 弘哲| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2014
出版物タイトル 静脈経腸栄養
29巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 江角 悟| 相良 英憲| 中本 秋彦| 河崎 陽一| 五味田 裕| 千堂 年昭|
発行日 2013-12-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 晴田 佑介| 河崎 陽一| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-12-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡崎 昌利| 千堂 年昭|
発行日 2013-12-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/51868
フルテキストURL 67_5_319.pdf
著者 Murakawa, Kiminaka| Sato, Tomoaki| Maeda, Yoshinobu| Kitamura, Yoshihisa| Tanimoto, Mitsune| Sendo, Toshiaki|
抄録 Graft-versus-host disease (GVHD) is a major concern in transplantation patients. Gut GVHD is accompanied by diarrhea, abdominal pain, and/or melena. Although oral treatment with corticosteroids (CSs) is effective in treating gut GVHD, it can cause adverse reactions that affect the entire body. Topical administration of CSs can be effective in treating diseases in which lesions are limited locally, because adverse reactions can then be alleviated. In this study, we examine and discuss an enteric-coated beclomethasone dipropionate (BDP) capsule (BDP-EC) formulated at Okayama University Hospital. The BDP-EC did not dissolve in solution 1 (pH1.2), and began disintegrating in solution 2 (pH6.8) after 5min, with a mean dissolution rate at 15min of 85%. We then used the capsule to treat a patient who developed gut GVHD after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Clinically, the frequency of diarrhea decreased after BDP-EC administration. In addition, we were able to decrease the prednisolone equivalent dose. Symptoms associated with adverse reactions to BDP were not observed during the hospitalization period. These findings suggest that the administration of BDP-EC in the early stages of gut GVHD may allow a reduction in the initial doses of systemic CSs.
キーワード beclomethasone intestinal graft-versus-host disease enteric-coated capsule in-hospital formulation
Amo Type Case Report
発行日 2013-10
出版物タイトル Acta Medica Okayama
67巻
5号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 319
終了ページ 324
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2013 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 24145732
Web of Science KeyUT 000325836100006
著者 蔵田 靖子| 藤原 聡子| 鍛治園 誠| 青柳 恵| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Esumi, Satoru| Sagara, Hidenori| Nakamoto, Akihiko| Kawasaki, Yoichi| Gomita, Yutaka| Sendo, Toshiaki|
発行日 2013-04-15
出版物タイトル Behavioural Brain Research
243巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 槇田 崇志| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 黒田 智| 千堂 年昭|
発行日 2013-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 山路 和彦| 千堂 年昭|
発行日 2012-12-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Yamaji, Kazuhiko| Kawasaki, Yoichi| Yoshitome, Kei| Matsunaga, Hisashi| Sendo, Toshiaki|
発行日 2012-10
出版物タイトル Biological & Pharmaceutical Bulletin
35巻
10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 西宮 祐輔| 小沼 利光| 田坂 健| 千堂 年昭|
発行日 2012-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 北川 航平| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2012-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 川島 理恵子| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2011-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 鍛治園 誠| 前田 恵| 藤原 聡子| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2011-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Hayashi, Keiichiro| Ueshima, Satoshi| Ouchida, Mamoru| Mashimo, Tomoji| Nishiki, Teiichi| Sendo, Toshiaki| Serikawa, Tadao| Matsui, Hideki| Ohmori, Iori|
発行日 2011-05
出版物タイトル Epilepsia
52巻
5号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 平 健太郎| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2011-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 江角 悟| 黒田 智| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2010-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/40501
フルテキストURL 64_5_267.pdf
著者 Sagara, Hidenori| Sendo, Toshiaki| Gomita, Yutaka|
抄録 In the runway model of intracranial self-stimulation (ICSS) experimentation, the experimental animal is timed in running a fixed distance to depress a lever that releases electrical stimulation to an electrode implanted along its medial forebrain bundle. This ICSS has both a reward and a motivational component. Using the runway method and priming stimulation, we designed an experimental method for directly measuring motivation. An assessment of pharmacological agents that are known to influence motivational states was also undertaken. Using the experimental methods that we created, we observed prominent changes in running speed when animals were exposed to methamphetamine and nicotine. According to these data, the runway method employing intracranial self-stimulation behavior may be useful for the evaluation of substances that act on motivation. We review the underlying neuropharmacological and anatomical functions associated with our experimental methods. We hope that this technique will be used to scientifically evaluate the impact of drugs and/or therapeutic interventions on human motivation.
キーワード intracranial self-stimulation behavior motivational effect methamphetamine nicotine
Amo Type Review
発行日 2010-10
出版物タイトル Acta Medica Okayama
64巻
5号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 267
終了ページ 275
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2010 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 20975759
Web of Science KeyUT 000283563300001
著者 宮﨑 俊明| 錦織 淳美| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2010-08-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文