このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11267
Eprint ID
11267
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Increase in Cytochorome c and a 11.9 kDa protein in Submerged Rice Seedlings after Exposure to Air
著者
柴坂 三根夫 岡山大学
丑丸 敬史 岡山大学
大久保 勝之 岡山大学
土田 進一 岡山大学
辻 英夫 岡山大学
抄録
To examine the changes in cytocrome c content in submerged rice seedlings after exposure to air, antiserum was prepared against purified cytocrome c from rice bran. Western blottong analysis revealed that cytochrome c was detected 6 h after exposure to air, but not detected in submerged rice seedling. On a fresh weight basis, the same level of cytochrome c as that of the aerobic control was found in the 24-h-air adapted seedlings. judging from the high A408/A280 ratio (4.66),the cytochrome c preparation used as antigen was considered to be well purified. However, the antiserum reacted other several polypeptides. One of them reacted more strongly against the antisermu than cytochrome c and its molecular weight was estimated as 11.9 kDa. The polypeptide increased during air adaptation and the levels found in both submerged seedlings and aerobic control were lower than that in 24-h-air-adapted seedlings.
抄録(別表記)
イネ水中芽生えを空気に触れさせた後のチトクロムc含量の変動を調べるために、米ぬかから精製したチトクロムcを用いて抗チトクロムc血清を作成した。ウェスタンプロット分析によると、水中芽生えにはチトクロムcは検出されなかったが、空気に触れてから6時間以降に検出された。酸素適応24時間の芽生えには生重量あたりで好気対照と同レベルのチトクロムcが存在した。抗血清作成の抗原として用いたチトクロムc標品は、A408/A280比の値(4.66)が高いことから、よく精製されていると考えられるが、抗血清はいくつかの他のポリペプチドと反応した。そのうちの一つはチトクロムcよりも抗血清に強く反応し、その分子量は11.9kDaであった。このポリペプチドは酸素適応過程で増加し、水中芽生えや好気対照では24時間酸素適応芽生えよりも少なかった。
キーワード
Air-adaptation
Anti-cytochrome c serum
Cytochrome c
Cytocrome c purification
Oryza sativa
発行日
1994
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
2巻
2号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
149
終了ページ
157
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し