このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 876
Eprint ID
876
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Altered Metabolism in Lactose-negative Mutants of Lactobacillus casei by Conjugation
著者
宮本 拓 岡山大学
森田 英利 岡山大学
西岡 功志 岡山大学
片岡 啓 岡山大学
抄録
ラクトース非発酵性Lactobacillus caseiはラクトース発酵能を欠くために,牛乳培地では酸生成がみられず,乳業用乳酸菌として応用する場合,ラタトース発酵性をこの菌株に付与する必要がある.そこで,Lactobacillus casei subsp. caseiのラクトース非発酵性(Lac-株である.34143S(ストレプトマイシン耐性,Strr)および34143P(ペニシリン耐性,Penr)株を分離し,それらを受容菌として液体培地中や寒天培地上での接合法によって,Lac+交配菌の作出を検討した.その結果,受容菌と供与菌Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus7235との交配で得られたLac+StrrやLac+Penrの交配菌,Lactobacillus rhamnosus IFO3245とのLac+StrrやLac+Penr株およびStreptococcus salivarius subsp. Thermophilus 18235とのLac+Penr株を3回の繰り返し試験で再現性高く得ることができた.それらの接合頻度は,供与菌当たり,1.1×10-5から1.6×10-2の範囲であり,比較的高い頻度でLac+交配菌の得られる組合せもあった. 得られた交配菌はほとんどが脱脂乳を凝固し,ラクトース発酵性は安定であった.また交配菌の糖類発酵性やその他の性状試験から,受容菌と供与菌にない性質を発現した交配菌や受容菌のもつ性質の一部を欠落した交配菌もあった.しかし形態はいずれも受容菌と同一であった.これらのラクトース発酵性交配菌の出現は,自然突然変異,形質導入および形質転換によるものではなく,受容菌と供与菌の細胞接合によりラクトース発酵性が発現したものと考えられた.またこのラクトース発酵性の発現は,プラスミドの伝達によるものではないと思われた.しかし詳細については今後さらに検討する必要がある。
発行日
1992
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
80巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
139
終了ページ
146
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa