このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 51886
フルテキストURL
Thumnail 125_205.pdf 825 KB
タイトル(別表記)
Effect of GBR12909 on affective behavior:Distinguishing motivational behavior from antidepressant-like and addiction-like behavior using the runway model of intracranial self-stimulation
著者
江角 悟 岡山大学病院 薬剤部
相良 英憲 松山大学薬学部 医薬情報解析学
中本 秋彦 岡山大学病院 薬剤部
河崎 陽一 岡山大学病院 薬剤部
五味田 裕 就実大学 薬学部
千堂 年昭 岡山大学病院 薬剤部
キーワード
intracranial self-stimulation
GBR12909
motivation
depression
addiction
備考
平成24年度岡山医学会賞脳神経研究奨励賞(新見賞)(The 2012 Okayama Medical Association Awards)
発行日
2013-12-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
125巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
205
終了ページ
209
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2013 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma