このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 53537
Sort Key
9
タイトル(別表記)
A prospective cohort study to define the clinical and pathological features of lung cancers harboring HER2 gene aberrations (the HER2-CS Study) and a phase II study of trastuzumab emtansine (recombinant) in patients with HER2-positive non-small cell lung cancer who recurred, progressed after standard chemotherapy, or were primarily refractory to standard chemotherapy
フルテキストURL
Thumnail 127_127.pdf 1.69 MB
著者
木浦 勝行 岡山大学病院 Kaken ID researchmap
堀田 勝幸 岡山大学病院
佐藤 晃子 岡山大学病院
大橋 圭明 岡山大学病院 ORCID Kaken ID researchmap
二宮 崇 岡山大学病院
南 大輔 岡山大学病院
田端 雅弘 岡山大学病院
久保 寿夫 岡山大学病院
加藤 有加 岡山大学病院
平田 泰三 岡山大学病院
キーワード
臨床研究中核病院
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
文部科学省橋渡し研究加速ネットワークプログラム
HER2-CS study
trastuzumab emtansine
備考
特集(Feature Articles)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2015-08-03
127巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
127
終了ページ
132
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.127.127
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2015 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma