このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10586
Eprint ID
10586
フルテキストURL
タイトル(別表記)
エンドウのエリシター誘導性遺伝子発現におけるAAAGモチーフとPsDof1タンパク質の関与
著者
關 光 岡山大学
丸谷 瑞理 岡山大学
稲垣 善茂 岡山大学
豊田 和弘 岡山大学 Kaken ID
白石 友紀 岡山大学 Kaken ID
一瀬 勇規 岡山大学 Kaken ID researchmap
抄録
Recently, we, isolated cDNA clone, PsDof1, from clicitor-treated pea cDNA library. The putative gene product, a PsDof1, encodes DNA binding protein that specifically binds the DNA fragment containing AAAG core sequence. In this paper we report that GST-PsDof1 fusion protein specifically binds to the promoter region containing AAAG core sequence(s) of PsCHS1, one of the elicitor-inducible genes encoding chalcone synthase (CHS). Furthermore the addition of DNA fragment containing AAAG motif to the 35S minimal promoter provided the elicitor-responsibility in transient transfection assay using pea protoplasts. These results suggest that PsDof1 might be involved in defense responses by acitivating the transcription by a binding to AAAG core sequence in the promoter of the defense-related genes in pea.
抄録(別表記)
エリシターを処理したエンドウ上胚軸由来のRNAから作成されたcDNAライブラリーからエリシター処理により発現が増高する遺伝子候補のcDNAとしてPsDof1が単離された.大腸菌で生産されたGST-PsDof1融合タンパク質はAAAG配列をコアとするDNAに結合することが明らかにされている.本論文ではGST-PsDof1がエリシター応答性遺伝子の一つ,PsCHS1のプロモーター上のAAAGまたはCTTT配列を有する断片に特異的に結合することを明らかにした.更にAAAG配列のエリシター応答性シスエレメントとしての機能を解析するため,AAAG配列を4回繰り返したユニットをCaMV35Sの最小プロモーターとCATレポーター遺伝子に連結したキメラ遺伝子を構築し,エンドウプロトプラストにエレクトロポレーション法により導入した.CAT活性を指にプロモーター活性を調べたところ,AAAG配列を有するプロモーターは,エリシター処理により活性化されることが明らかとなった.これらの結果はPsDof1がエリシター応答性防御遺伝子のプロモーター上のAAAG配列に結合し,転写を活性化させる可能性を示唆している.
キーワード
cis-element
DNA binding proteins
Dof protein
Elicitor
発行日
2003-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
92巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
21
終了ページ
26
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa