JaLCDOI 10.18926/AMO/31599
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Kuroda, Masahiro| Tsushima, Tomoyasu| Nasu, Yasutomo| Asaumi, Junichi| Nishikawa, Koji| Gao, Xian Shu| Joja, Ikuo| Takeda, Yoshihiro| Togami, Izumi| Makihata, Eiichi| Kawasaki, Shoji| Ohmori, Hiroyuki| Hiraki, Yoshio|
抄録 <p>We performed a long-term follow-up of 4 patients with penile cancer who underwent hyperthermotherapy from August 1985 until August 1992. Hyperthermia was applied using a frequency of 350 MHz with a waveguide applicator twice a week for 60 min each for an average of 9.5 times (varying from 6 to 13 times). The total heating time that the temperature of urethra could be kept above 42 degrees C, was 166 min on the average (ranging from 0 to 463 min). Two patients classified as stage I according to the Jackson classification and 1 patient classified as stage IV underwent combined radiotherapy and received an average radiation dose of 53 Gy (range, 40-70 Gy). Among these patients 2 underwent combined chemotherapy with bleomycin or peplomycin. Malignant cells disappeared posttherapeutically and in August 1992, after an average of 5 years and 9 months (varying from 4 years 6 months to 6 years 10 months), the patients were free of recurrences. The one patient on stage IV had extensive invasion of the abdominal wall, but still recovered completely. One patient on stage III underwent combined chemotherapy and hyperthermotherapy, but heating had obviously been insufficient. There was a residue of malignant cells after the treatment and we performed a penectomy. Regarding functional preservation of the penis a multidisciplinary therapy incorporating hyperthermotherapy can be expected to increase the curativity. This indicates that it could induce in an advanced case, where an operation would be difficult, complete remission.</p>
キーワード penile cancer hyperthermia radiotherapy chemotherapy
Amo Type Article
発行日 1993-06
出版物タイトル Acta Medica Okayama
47巻
3号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 169
終了ページ 174
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 8379345
Web of Science KeyUT A1993LL12400005
著者 Nakashima, Masahiro| Shinya, Takayoshi| Oto, Takahiro| Okawa, Tomoyo| Takeda, Yoshihiro|
キーワード bronchiolitis obliterans syndrome forced expiratory volume function volume lung transplantation morphological volume
備考 This fulltext will be available in Aug 2020|
発行日 2019-07
出版物タイトル Nuclear Medicine Communications
40巻
7号
出版者 LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
開始ページ 703
終了ページ 710
ISSN 0143-3636
NCID AA10624879
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン author
PubMed ID 31022070
DOI 10.1097/MNM.0000000000001021
Web of Science KeyUT 000472672100006
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.1097/MNM.0000000000001021
フルテキストURL BreastCancer_24_4_593.pdf BreastCancer_24_4_593_tbl_fig.pdf
著者 Yatake, Hidetoshi| Sawai, Yuka| Nishi, Toshio| Nakano, Yoshiaki| Nishimae, Ayaka| Katsuda, Toshizo| Yabunaka, Koichi| Takeda, Yoshihiro| Inaji, Hideo|
キーワード Breast cancer Direct methods Mammography Mask methods Stereotactic vacuum assisted biopsy
発行日 2017-07
出版物タイトル Breast Cancer
24巻
4号
出版者 Japanese Breast Cancer Society
開始ページ 593
終了ページ 600
ISSN 1340-6868
NCID AA1103354X
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
論文のバージョン author
PubMed ID 27878446
DOI 10.1007/s12282-016-0743-y
Web of Sience KeyUT 000404221100015
関連URL https://doi.org/10.1007/s12282-016-0743-y
著者 中桐 義忠| 丸山 敏則| 後藤 佐知子| 東 義晴| 澁谷 光一| 田村 恵里| 谷本 江利子| 鳥居 史子| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦|
発行日 2001-03-24
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
11巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 後藤 佐知子| 東 義晴| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 門久 繁文|
発行日 2000-03-24
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
10巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 大倉 保彦| 夏川 浩一| 丹谷 延義| 延原 栄太朗| 森岡 泰樹| 竹田 芳弘| 平木 祥夫|
発行日 1996-02-29
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
6巻
資料タイプ 紀要論文
著者 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 東 義晴| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 木村 文江| 門久 繁文|
発行日 1999-02-26
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
9巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 延原 栄太朗| 竹田 芳弘| 新屋 晴孝| 澁谷 光一| 森岡 泰樹| 中桐 義忠| 上者 郁夫| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
発行日 1998-09-30
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
9巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 延原 栄太朗| 竹田 芳弘| 澁谷 光一| 小栗 宣博| 有岡 匡| 後藤 佐知子| 森岡 泰樹| 新屋 晴孝| 中桐 義忠| 上者 郁夫| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
発行日 1997-01-31
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
7巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 林 英博| 平木 祥夫| 上者 郁夫| 柏谷 尚子| 三宅 正淑| 山本 淑雄| 神崎 典子| 井上 信浩| 則安 俊昭| 橋本 啓二| 竹田 芳弘| 水田 昭文| 杉田 勝彦| 青野 要|
発行日 1987-02-28
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
99巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 則安 俊昭| 平木 祥夫| 竹田 芳弘| 三村 秀文| 三谷 政彦| 永山 雅子| 木本 真| 加地 充昌| 橋本 啓二| 青野 要|
発行日 1988
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
100巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 竹田 芳弘| 平木 祥夫| 森本 節夫| 戸上 泉| 白神 敏明| 白石 則之| 木本 真| 上者 郁夫| 橋本 啓二| 青野 要|
発行日 1985-02-25
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
97巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 上田 裕之| 橋本 啓二| 上者 郁夫| 木本 真| 竹田 芳弘| 加地 充昌| 佐藤 伸夫| 中村 哲也| 日野 祐之| 小山 直樹| 平木 祥夫| 青野 要|
発行日 1985-02-25
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
97巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 上者 郁夫| 佐藤 伸夫| 藤島 護| 加地 充昌| 戸上 泉| 新屋 晴孝| 白神 敏明| 山本 博道| 竹田 芳弘| 木本 真| 橋本 啓二| 森本 節夫| 杉田 勝彦| 平木 祥夫| 青野 要|
発行日 1985-02-25
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
97巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 橋本 啓二| 木本 真| 白神 敏明| 上者 郁夫| 林 英博| 竹田 芳弘| 戸上 泉| 新屋 晴孝| 上田 裕之| 清水 光春| 杉田 勝彦| 平木 祥夫| 青野 要| 加地 充昌|
発行日 1986-04-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
98巻
3-4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 戸上 泉| 平木 祥夫| 木本 真| 白神 敏明| 上田 裕之| 佐藤 伸夫| 中村 哲也| 山本 博道| 上者 郁夫| 橋本 啓二| 森本 節夫| 青野 要| 竹田 芳弘|
発行日 1985-10-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
97巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 竹田 芳弘|
発行日 1984-04-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
96巻
3-4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 中村 哲也| 平木 祥夫| 竹田 芳弘| 山本 博道| 新屋 晴孝| 戸上 泉| 白神 敏明| 青野 要| 赤松 信雄| 関場 香|
発行日 1986-10-31
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
98巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 青野 要| 森野 靖雄| 玉井 豊理| 若林 寿生| 森本 節夫| 橋本 啓二| 佐藤 功| 上者 郁夫| 木本 眞| 江添 弘| 竹田 芳弘| 三宅 正淑| 林 英博|
発行日 1981-02-28
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
93巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 森野 靖雄| 竹田 芳弘| 森本 節夫| 三宅 正淑| 林 英博| 江添 弘| 木本 真| 上者 郁夫| 橋本 啓二| 青野 要| 林 恭一| 高岡 和子| 大島 由起子|
発行日 1981-08-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
93巻
7-8号
資料タイプ 学術雑誌論文