著者 Eguchi, Takanori| Watanabe, Ken| Hara, Emilio Satoshi| Ono, Mitsuaki| Kuboki, Takuo| Stuart K., Calderwood|
発行日 2013-03-22
出版物タイトル PLOS ONE
8巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Hara, Emilio Satoshi| Ono, Mitsuaki| Eguchi, Takanori| Kubota, Satoshi| Hai, Thanh Pham| Sonoyama, Wataru| Tajima, Shoji| Takigawa, Masaharu| Stuart K., Calderwood| Kuboki, Takuo|
発行日 2013-12-27
出版物タイトル PLOS ONE
8巻
12号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Taketa, Hiroaki| Gulsan, Ara Sathi| Mahmoud, Farahat| Kazi, Anisur Rahman| Sakai, Takayoshi| Hirano, Yoshiaki| Kuboki, Takuo| Torii, Yasuhiro| Matsumoto, Takuya|
発行日 2015
出版物タイトル Scientific reports
5巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 窪木 拓男|
発行日 2015-05
出版物タイトル Okayama University Medical Research Updates
11巻
資料タイプ その他
著者 Oshima, Masamitsu| Inoue, Kaoru| Nakajima, Kei| Tachikawa, Tetsuhiko| Yamazaki, Hiromichi| Isobe, Tomohide| Sugawara, Ayaka| Ogawa, Miho| Tanaka, Chie| Saito, Masahiro| Kasugai, Shohei| Takano-Yamamoto, Teruko| Inoue, Takashi| Tezuka, Katsunari| Kuboki, Takuo| Yamaguchi, Akira| Tsuji, Takashi|
発行日 2014-08-13
出版物タイトル Scientific Reports
4巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 山中 玲子| 曽我 賢彦| 縄稚 久美子| 柳 文修| 兒玉 直紀| 中田 貴| 三浦 留美| 羽川 操| 竹内 哲男| 山根 美榮子| 森田 学| 高柴 正悟| 浅海 淳一| 皆木 省吾| 吉山 昌宏| 下野 勉| 窪木 拓男| 佐々木 朗| 森田 潔|
発行日 2009-06
出版物タイトル 岡山歯学会雑誌
28巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 縄稚 久美子| 曽我 賢彦| 山中 玲子| 足羽 孝子| 伊藤 真理| 佐藤 真千子| 窪木 拓男| 森田 潔|
発行日 2012-07
出版物タイトル 日本集中治療医学会雑誌
19巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/30987
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Sawaki, Masako| Ueno, Takaaki| Kagawa, Toshimasa| Kanou, Miwa| Honda, Kozo| Shirasu, Nobuaki| Kuboki, Takuo| Sugahara, Toshio|
抄録 <p>Dental reconstruction in the cleft space is difficult in some patients with cleft lip and palate because of oronasal fistulas. Most of these patients receive a particle cancellous bone marrow (PCBM) graft to close the alveolar cleft, and secondary bone grafting is also required. Treatment options for the alveolar cleft including fixed or removable prostheses require the preparation of healthy teeth and are associated with functional or social difficulties. Recently, the effectiveness of dental implant treatment for cleft lip and palate patients has been reported. However, there have been few reports on the use of this treatment in bilateral cleft lip and palate patients. We report the case of a patient who had bilateral cleft lip and palate and was missing both lateral incisors. She received dental implant treatment after a PCBM graft and ramus bone onlay grafting (RBOG). A 34-month postoperative course was uneventful.</p>
キーワード dental implant cleft lip and palate dental reconstruction
Amo Type Case Report
発行日 2008-02
出版物タイトル Acta Medica Okayama
62巻
1号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 59
終了ページ 62
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
査読 有り
Submission Path amo/vol62/iss1/9
PubMed ID 18323872
Web of Sience KeyUT 000253549500009
著者 東 哲司| 有岡 享子| 荒川 光| 江草 正彦| 窪木 拓男| 森田 学|
発行日 2009-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 窪木 拓男|
発行日 1990-03-28
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文