このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11032
Eprint ID
11032
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Phylogenetic Pelationships of Taro and Allied Species Based on Restriction Fragment Length Polymorphisms(RFLPs) of Chloroplast DNA
著者
落合 利紀 岡山大学
田原 誠 岡山大学 Kaken ID researchmap
吉野 熙道 岡山大学
抄録
Phylogenetic relationshios among 51 accessions of taro (Colocasia esculenta(L.) Schott), C.gigantee Hook, Alocasia macrorrhiza, A.odora, Xanthosoma sagittifolium and Schismatoglottis spp. were investigated using restriction fragment length polymorphisms (RFLPs) of chloroplast DNA. The phylogenetic tree using the Neighbor Joining(NJ) method revealed that Xanthosoma and Schismatoglottis genera were distantly related to Colocasia and Alocasia genera. Among Colocasia and Alocasia accessions, C.esculenta accessions formed a single cluster. However C. gigantea accessions were related DNA among taro accessions were found to be too small to establish significant grouping of the accessions. However, four accessions of taro, which were thought to be inter-generic or inter-specific hybrids, formed an independent cluster. Based on the banding pattern of the RFLP, the plant in genus Colocasia appeared to be the maternal parent of these four accessions.
抄録(別表記)
サトイモ(Colocasia esculenta(L.)Schott)は、有史以前から栽培されており、東南アジアやオセアニアなどで、主食あるいは野菜として利用されている重要な作物である。サトイモの起源地は、野生型の分布及び形態的な多様性によりインドからマレー半島にかけての熱帯地域とされているが、ネパール・中国・オセアニア・沖縄などの地域にも野生型サトイモや、野生化したと思われるサトイモが広く自生している。これらの野生型サトイモは、貴重な遺伝資源であるが、栽培種や野生種との類縁関係については不明な点が多い。本研究では、東アジアで収集されたサトイモとその近縁種について、葉緑体DNAのRFLP分析を行い、それらの類縁関係を調査した。
キーワード
Colocasia esculenta
chloroplast DNA
RFLP analysis
phylogeny
発行日
2000-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
89巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
15
終了ページ
21
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa