著者 吉田 裕一| 大森 敏正| 後藤 丹十郎| 田中 義行| 村上 賢治|
発行日 2014-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
103巻
資料タイプ 紀要論文
著者 田中 義行|
発行日 2014-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
103巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 宮地 大介| 後藤 丹十郎| 田中 義行| 安場 健一郎| 本村 翔|
発行日 2015-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
37巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行|
発行日 2015-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
37巻
資料タイプ 紀要論文
著者 金城 朱理| 花田 惇史| 吉田 裕一| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行| 吉田 敦子|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ 紀要論文
著者 田中 義行| 原 一仁| 後藤 丹十郎| 吉田 裕一| 安場 健一郎|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Effect of boron deficiency on tip burn and malformed fruit incidence in strawberries
フルテキストURL srfa_108_005_013.pdf
著者 瀬角 美穂| 吉田 裕一| 金城 朱理| 日高 啓| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行|
抄録 Boron (B) is an essential micro element for plants and plays important roles in the synthesis and functions of cell wall. B deficiency has been reported as one of the causes of fruit malformation in strawberries. We investigated the effect of B deficiency on flower and fruit development of forced strawberries for two cropping seasons (2015-2017). In the second season, B was resupplied for B-deficient plants and we investigated changes in fruit development. When B-free nutrient solutions were supplied, tip burn began to occur in newly emerging leaves and calyx 2 to 3 months later, and fruit malformation including seedy or only partly developed fruits with undeveloped achenes occurred frequently. However, these deficient symptoms were quickly disappeared by supplying B containing nutrient solutions. In conclusion, B nutrition is closely related to the occurrence of fruit malformation through fertility of pollen and pistils, and also development of receptacle tissue in strawberries. It should be possible to reduce fruit malformation in strawberries by proper control of B nutrition.
抄録(別表記)  B(ホウ素)は植物にとって必須な微量要素であり,イチゴの受精不良果発生要因の1 つである.そこで2015年度と2016年度の2 回にわたりB 欠乏がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響について調査した.また,2016年度はB 欠乏処理後にB 回復処理を行い,その後のイチゴの果実形態の変化についても調査した.その結果,B欠乏処理を行うと蒸散機能の低い新葉や花芽においてチップバーンが発生し,種浮き果や部分不受精を主とした受精不良果が多発した.しかし,B 回復処理を行うことでこれらの症状が改善することが明らかになった.B は受精不良果発生に関係しており,欠乏条件下で根から吸収させると急速に若い成長中の組織に転流することが示されたことから,B 栄養をコントロールすることでB 不足によるイチゴの受精不良果発生を軽減できる可能性があると考えられる.
キーワード floral organs Fragaria × ananassa Duch. pistil fertility receptacle growth seedy fruit
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
開始ページ 5
終了ページ 13
ISSN 2186-7755
言語 Japanese
論文のバージョン publisher