このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56439
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Synthetic studies of ancistrocladinium A and B, antileishmanial compounds isolated from a Congolese Ancistrocladus Species
フルテキストURL
著者
清田 洋正 岡山大学大学院 環境生命科学研究科
齋藤 昭人 東北大学大学農学研究科
高井 桃子 東北大学大学農学研究科
桑原 重文 東北大学大学農学研究科
抄録
Synthetic studies of ancistrocladinium A and B, antileishmanial compounds isolated from a Congolese Ancistrocladus sp., are described. Buchwald‒Hartwig coupling reaction between the dihydroisoquinoline and the naphthyl triflate failed. The main framework of ancistrocladinium A was constructed by 1,2‒addition of the amine to the naphthoquinone in the presence of celium trichloride as a catalyst. On the other hand, 1,4‒addition of the amine to the naphthoquinone proceeded without catalyst to form the framework of B. These products will be valuable leads for antileishmanial agents.
キーワード
ancistrocladinium A and B
synthetic studies
leishmania, Ancistrocladus
isoquinoline
備考
原著論文 (Original paper)
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
発行日
2019-02-01
108巻
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
The Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
4
ISSN
2186-7755
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
srfa