このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13216
Eprint ID
13216
フルテキストURL
Thumnail 119_235.pdf 440 KB
タイトル(別表記)
Quinone formation as a common neurotoxic factor in dopaminergic neurotoxicity induced by an excess amount of cytosolic dopamine
著者
宮崎 育子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 神経情報学
浅沼 幹人 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 神経情報学
Francisco J. Diaz-Corrales 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 神経情報学
三好 耕 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 神経情報学
小川 紀雄 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 神経情報学
キーワード
ドパミンキノン
パーキンソン病
メタンフェタミン
キノン還元酵素
チロシナーゼ
備考
平成18年度岡山医学会賞(新見賞)受賞論文
発行日
2008-01-04
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
119巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
235
終了ページ
239
ISSN
00301558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma