このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 9609
Eprint ID
9609
フルテキストURL
著者
張 星源 岡山大学
抄録
WTOの加盟をきっかけとして、中国の指摘財産権に関する法律、法規、条例及び司法解釈などを数多く改正され、このような法律環境の整備及び確立という背景で、中国における特許出願は激増した。本稿では、中国の法整備状況、とりわけ特許制度を概観し、日本企業の中国における特許出願の現状に焦点をあわせ、アメリカ、ヨーロッパ諸国、そして韓国などの先進国と比較分析しながら、日本企業の中国における特許戦略を考察する。
キーワード
中国の特許制度
日本企業の中国進出
特許出願
発行日
2006
出版物タイトル
北東アジア経済研究
出版物タイトル(別表記)
Studies on North-East Asian economies
3巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
41
終了ページ
54
ISSN
1880-8476
NCID
AA11923321
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
NAID
Eprints Journal Name
snae
JaLCDOI