著者 Onishi, Manabu| Kurozumi, Kazuhiko| Ichikawa, Tomotsugu| Michiue, Hiroyuki| Fujii, Kentaro| Ishida, Joji| Shimazu, Yosuke| Chiocca, E Antonio| Kaur, Balveen| Date, Isao|
発行日 2013-04-15
出版物タイトル SpringerPlus
2巻
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Ishida, Joji| Onishi, Manabu| Kurozumi, Kazuhiko| Ichikawa, Tomotsugu| Fujii, Kentaro| Shimazu, Yosuke| Oka, Tetsuo| Date, Isao|
発行日 2014-04
出版物タイトル Translational Oncology
7巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Onishi, Manabu| Ichikawa, Tomotsugu| Kurozumi, Kazuhiko| Fujii, Kentaro| Yoshida, Koichi| Inoue, Satoshi| Michiue, Hiroyuki| Chiocca, E. Antonio| Kaur, Balveen| Date, Isao|
発行日 2013-04
出版物タイトル Neuropathology
33巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Maruo, Tomoko| Ichikawa, Tomotsugu| Kanzaki, Hirotaka| Inoue, Satoshi| Kurozumi, Kazuhiko| Onishi, Manabu| Yoshida, Koichi| Kambara, Hirokazu| Ouchida, Mamoru| Shimizu, Kenji| Tamaru, Seiji| Chiocca, E. Antonio| Date, Isao|
発行日 2013-06
出版物タイトル Neuropathology
33巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Iwado, Eiji| Ichikawa, Tomotsugu| Kosaka, Hiroshi| Otsuka, Shinji| Kambara, Hirokazu| Tamiya, Takashi| Kondo, Seiji| Date, Isao|
発行日 2012-12
出版物タイトル Neuropathology
32巻
6号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Kosaka, H| Ichikawa, T| Kurozumi, K| Kambara, H| Inoue, S| Maruo, T| Nakamura, K| Hamada, H| Date, I|
発行日 2012-08
出版物タイトル Cancer Gene Therapy
19巻
8号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/31858
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Ogawa, Tomoyuki| Ono, Shigeki| Ichikawa, Tomotsugu| Arimitsu, Seiji| Onoda, Keisuke| Tokunaga, Koji| Sugiu, Kenji| Tomizawa, Kazuhito| Matsui, Hideki| Date, Isao|
抄録 <p>Many studies have shown that a motif of 11 consecutive arginines (11R) is one of the most effective protein transduction domains (PTD) for introducing proteins into the cell membrane. By conjugating this &#34;11R&#34;, all sorts of proteins can effectively and harmlessly be transferred into any kind of cell. We therefore examined the transduction efficiency of 11R in cerebral arteries and obtained results showing that 11R fused enhanced green fluorescent protein (11R-EGFP) immediately and effectively penetrated all layers of the rat basilar artery (BA), especially the tunica media. This method provides a revolutionary approach to cerebral arteries and ours is the first study to demonstrate the successful transductionof a PTD fused protein into the cerebral arteries. In this review, we present an outline of our studies and other key studies related to cerebral vasospasm and 11R, problems to be overcome, and predictions regarding future use of the 11R protein transduction method for cerebral vasospasm (CV).</p>
キーワード cerebral vasospasm 11 consecutive arginines (11R) enhanced green fluorescent protein (EGFP)
Amo Type Review
発行日 2009-02
出版物タイトル Acta Medica Okayama
63巻
1号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 19247417
Web of Sience KeyUT 000263730300001
著者 市川 智継| 黒住 和彦| 伊達 勲|
発行日 2008-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 道上 宏之| 富澤 一仁| 魏 范研| 松下 正之| 陸 雲飛| 市川 智継| 田宮 隆| 松井 秀樹| 伊達 勲|
発行日 2007-01-04
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
118巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 小川 智之| 小野 成紀| 市川 智継| 有光 帥二| 小野田 惠介| 徳永 浩司| 杉生 憲志| 富澤 一仁| 松井 秀樹| 伊達 勲|
発行日 2008-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 市川 智継|
発行日 2001-03-25
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文