このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13588
Eprint ID
13588
フルテキストURL
Thumnail 113_241.pdf 2.66 MB
タイトル(別表記)
Two judicial autopsy cases of sudden unexpected natural death
著者
石川 隆紀 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
宮石 智 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
山本 雄二 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
吉留 敬 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
稲垣 幸代 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
岡村 倫彦 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
石津 日出雄 岡山大学大学院医歯学総合研究科法医学分野
抄録
Two judicial autopsy cases of sudden unexpected natural death were reported. In both cases it was suspected that the victims had died of a traffic accident or violent injury. It became clear, however, that both the cause of death had been myocardial infarction by the forensic autopsies and that the suspects had not been criminally responsible for the death of the victims. It is expected that sudden unexpected natural death whose cause and manner are unclear at first may occur more frequently following the increase of the number of death from ischemic heart disease in the future. In these circumstances the forensic autopsy of such cases will become more important socially.
キーワード
内因性急死
心筋梗塞
冠状動脈血栓症
備考
原著
発行日
2001-12-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
113巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
241
終了ページ
245
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/113/3/113_3_241/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma