このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55266
Sort Key
8
タイトル(別表記)
Adenocarcinoma in the jejunum 20 years after surgery for familial adenomatous polyposis
フルテキストURL
Thumnail 129_111.pdf 11.7 MB
著者
杉原 雄策 岡山大学病院 消化器内科
川野 誠司 岡山大学病院 消化器内科
原田 馨太 岡山大学病院 光学医療診療部
高嶋 志保 岡山大学病院 消化器内科
竹井 大介 岡山大学病院 光学医療診療部
井口 俊博 岡山大学病院 消化器内科
高原 政宏 岡山大学病院 消化器内科
平岡 佐規子 岡山大学病院 消化器内科
母里 淑子 岡山大学病院 消化管外科
岸本 浩行 岡山大学病院 消化管外科
永坂 岳司 岡山大学病院 消化管外科
岡田 裕之 岡山大学病院 消化器内科 Kaken ID publons researchmap
抄録
A 58-year-old Japanese man visited a local clinic for the evaluation of a stomachache. He was diagnosed with intestinal obstruction. His medical history included a proctocolectomy at the age of 38 years, due to familial adenomatous polyposis (FAP). He was referred to our institution, where he underwent a computed tomography examination and endoscopy of the small intestine. The pathological diagnosis was adenocarcinoma. No invasive or metastatic lesions were observed. Therefore, partial resection of the ileum with lymphadenectomy and reconstruction of the ileostomy were performed. Pathological examination revealed that the tumor was type 2, pT3 (SS) , pN1, pPM0, pDM0, pRM0, INFb, ly1, v1, pEX0, PN0. Twenty-nine days after the surgery, the patient was diagnosed with lung metastasis and he underwent lung radiofrequency ablation. We suggest that long-term follow-up is necessary for patients after surgery for FAP, because of the risk of malignant disease developing in other organs.
キーワード
家族性大腸腺腫症 (familial adenomatous polyposis)
小腸癌 (jejunal cancer)
小腸内視鏡検査 (small intestine endoscope)
備考
症例報告 (Case Reports)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2017-08-01
129巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
111
終了ページ
114
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
https://doi.org/10.4044/joma.129.111
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2017 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma