Sort Key 12
タイトル(別表記) Drug interaction (39. Drug interaction in prostate cancer therapy)
著者 神崎 浩孝| 田中 雄太| 丸尾 陽成| 西原 茂樹| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー シリーズ:ためになる薬の話 (News & View : Tips for Proper Drug Use)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2017-08-01
129巻
2号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 131
終了ページ 136
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL https://doi.org/10.4044/joma.129.131
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2017 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.129.131
Eprints Journal Name joma
参考文献 1 ) 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」 : 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ (1975年~2012年). http://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/dl/cancer_incidence (1975-2012).xls (平成29年5月閲覧) 2 ) 雑賀公美子, 松田智大, 祖父江友孝 : 日本のがん罹患の将来推計 : がん・統計白書2012 ― データに基づくがん対策のために, 祖父江友孝, 片野田耕太, 味木和喜子, 津熊秀明, 井岡亜希子編, 篠原出版新社, 東京 (2012) pp63-81. 3 ) 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」 : 人口動態統計によるがん死亡データ (1958年~2015年). http://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/dl/cancer_mortality (1958-2015).xls (平成29年5月閲覧) 4 ) 松井 博, 鈴木和浩 : 前立腺がんの疫学 ― 罹患率・死亡率. 臨床と研究 (2015) 92, 533-537. 5) D'Amico AV, Renshaw AA, Cote K, Hurwitz M, Beard C, et al : Impact of the percentage of positive prostate cores on prostate cancer-specific mortality for patients with low or favorable intermediate-risk-disease. J Clin Oncol (2004) 22, 3726-3732. 6 ) Stege R, Grande M, Carlström K, Tribukait B, Pousette A : Prognostic significance of tissue prostate-specific antigen in endocrine-treated prostate carcinomas. Clin Cancer Res (2000) 6, 160-165. 7 ) Cooperberg MR, Vickers AJ, Broering JM, Carroll PR : Comparative riskadjusted mortality outcomes after primary surgery, radiotherapy, or androgen-deprivation therapy for localized prostate cancer. Cancer (2010) 116, 5226-5234. 8 ) Widmark A, Klepp O, Solberg A, Damber JE, Angelsen A, et al. : Endocrine treatment, with or without radiotherapy, in locally advanced prostate cancer (SPCG-7/SFUO-3) : an open randomised phase III trial. Lancet (2009) 373, 301-308. 9 ) Akaza H, Hinotsu S, Usami M, Arai Y, Kanetake H, et al. : Combined androgen blockade with bicalutamide for advanced prostate cancer : longterm follow-up of phase 3, double-blind, randomized study for survival. Cancer (2009) 115, 3437-3445. 10) Scher HI, Fizazi K, Saad F, Taplin ME, Sternberg CN, et al. : Increased survival with enzalutamide in prostate cancer after chemotherapy. N Engl J Med (2012) 367, 1187-1197. 11) de Bono JS, Logothetis CJ, Molina A, Fizazi K, North S, et al. : Abiraterone and increased survival in metastatic prostate cancer. N Engl J Med (2011) 364, 1995-2005. 12) Van Poppel H, Tombal B, de la Rosette JJ, Persson BE, Jensen JK, et al. : Degrelix : a novel gonadotropinreleaseing hormone (GnRH) receptor blocker results from a 1-yr, multicenter, randomized, phase 2 dosage-finding study in the treatment of prostate cancer. Eur Urol (2008) 54, 805-813. 13) ゴナックス®皮下注用80㎎/ゴナックス®皮下注用120㎎医薬品インタビューフォーム (第7版), アステラス製薬株式会社, 東京 (2016). 14) カソデックス®錠80㎎/カソデックス®OD錠80㎎医薬品インタビューフォーム (第18版), アストラゼネカ株式会社, 大阪 (2016). 15) オダイン®錠125㎎医薬品インタビューフォーム (第6版), 日本化薬株式会社, 東京 (2014). 16) プロスタール®錠25㎎/プロスタール®L錠50㎎医薬品インタビューフォーム (第7版), あすか製薬株式会社, 東京 (2015). 17) イクスタンジ®カプセル40㎎医薬品インタビューフォーム (第6版), アステラス製薬株式会社, 東京 (2015). 18) ザイティガ®錠250㎎医薬品インタビューフォーム (第5版), ヤンセンファーマ株式会社, 東京 (2016). 19) Nozawa M, Mukai H, Takahashi S, Uemura H, Kosaka T, et al : Japanese phase I study of cabazitaxel in metastatic castration-resistant prostate cancer. Int J Clin Oncol (2015)20, 1026-1034. 20) タキソテール®点滴静注用80㎎/タキソテール®点滴静注用20㎎医薬品インタビューフォーム (第13版), サノフィ株式会社, 東京 (2016). 21) ジェブタナ®点滴静注用60㎎医薬品インタビューフォーム (第5版), サノフィ株式会社, 東京 (2016). 22) ゾーフィゴ®静注医薬品インタビューフォーム (第2版), バイエル薬品株式会社, 大阪 (2016).
フルテキストURL K0005463_other1.pdf
著者 iguchi, Yuji | Uchitomi, Yosuke| Fujimori, Maiko| Koyama, Toshihiro| Kataoka, Hitomi| Kitamura, Yoshihisa| Sendo, Toshiaki| Inagaki, Masatoshi|
抄録 BACKGROUND: Pharmacists are expected to play a key role in modern cancer care. Research suggests that an empathic approach and attitude in medical staff improves the quality of patient care. An empathic attitude and psychological distress are thought to be associated with autistic-like traits, but little is known about such traits. OBJECTIVE: In this study, we aimed to clarify the associations among autistic-like traits, empathic attitude in a medical context, and psychological health in hospital pharmacists. SETTING: Eligibility criteria for inclusion were certified pharmacists working at hospitals for patient care who returned their questionnaires. METHOD: Eight hundred and twenty-three hospital pharmacists completed a number of self-administered questionnaires anonymously by mail. MAIN OUTCOME MEASURES: Scores were obtained on the Autism-Spectrum Quotient, the Jefferson Scale of Empathy, the General Health Questionnaire-12, and subscales of the Interpersonal Reactivity Index (Perspective Taking, IRI-Empathic Concern, IRIPersonal Distress). We performed correlation and mediation analyses to confirm that the empathy and general health questionnaires were associated with autism-spectrum quotient scores, and with each IRI subscale. RESULTS: Complete responses were obtained from 379 pharmacists comprising 151 males (39.8 %) with a mean age of 37.7 ± 10.8 years (missing data, n = 13) and a median of 11 years after qualification as a pharmacist. Autism-Spectrum Quotient scores were inversely correlated with empathy (r = -0.22, p < 0.001) and positively correlated with general health scores (r = 0.40, p < 0.001). In the models with mediation, the inverse correlation between autism-spectrum quotient and empathy scores was mediated indirectly by IRI-Perspective Taking and IRI-Empathic Concern, and the positive correlation between autism-spectrum quotient and general health was mediated indirectly by IRI-Personal Distress. There were also direct effects, with significant effects of autism-spectrum quotient on empathy and general health scores. CONCLUSION: Our findings suggest that autistic-like traits affect both empathic attitude in a medical context and the psychological health of pharmacists. We recommend that to improve empathy in those with high levels of autistic-like traits, we may need to develop specialized interventions, such as improving communication skills training.
キーワード Empathy Hospital pharmacist Japan Pharmaceutical care
備考 The final publication is available at Springer 岡山大学審査学位副論文
発行日 2015-12
出版物タイトル International Journal of Clinical Pharmacy
37巻
6号
出版者 Springer
開始ページ 1258
終了ページ 1266
ISSN 2210-7703
NCID AA12633112
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
著作権者 https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
論文のバージョン author
PubMed ID 26441314
Web of Sience KeyUT 000363490100042
関連URL https://doi.org/10.1007/s11096-015-0204-2 http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/55016
Sort Key 11
タイトル(別表記) Drug interaction (38. Combination with novel hypnotic drugs : ramelteon and suvorexant)
著者 久保 和子| 江角 悟| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー シリーズ:ためになる薬の話(News & View : Tips for Proper Drug Use)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2017-04-03
129巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 53
終了ページ 57
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2017 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.129.53
Eprints Journal Name joma
参考文献 1 ) 藤木通弘, 神林 崇, 清水徹男 : 睡眠薬~オレキシン受容体拮抗薬 : 新しい不眠症治療薬~. 医薬ジャ-ナル (2014) 50, 267-272. 2 ) Liu J, Wang LN : Ramelteon in the treatment of chronic insomnia : systematic review and meta-analysis. Int J Clin Pract ( 2012) 66, 867-873. 3 ) Citrome L : Suvorexant for insomnia : a systematic review of the efficacy and safety profile for this newly approved hypnotic - what is the number needed to treat, number needed to harm and likelihood to be helped or harmed? Int J Clin Pract ( 2014) 68, 1429-1441. 4 ) 内山 真, 金野倫子 : 治療薬を使いこなす メラトニン受容体アゴニスト (特集 徹底理解! 不眠症の薬物療法管理) . 月刊薬事 (2014) 56, 511-516. 5 ) 杉山正康 : 新版薬の相互作用としくみ, 日経BP 社, 東京 (2016) p377. 6 ) Richardson G, Wang-Weigand S : Effects of long-term exposure to ramelteon, a melatonin receptor agonist, on endocrine function in adults with chronic insomnia. Hum Psychopharmacol ( 2009) 24, 103-111. 7 ) ロゼレム®錠8 ㎎医薬品インタビュ-フォ-ム (第6 版) , 武田薬品工業株式会社, 東京 (2016). 8 ) Sakurai T, Amemiya A, Ishii M, Matsuzaki I, Chemelli RM, Tanaka H, Williams SC, Richardson JA, Kozlowski GP, Wilson S, Arch JR, Buckingham RE, et al. : Orexins and orexin receptors : a family of hypothalamic neuropeptides and G protein-coupled receptors that regulate feeding behavior. Cell ( 1998) 92, 573-585. 9 ) de Lecea L, Kilduff TS, Peyron C, Gao X, Foye PE, Danielson PE, Fukuhara C, Battenberg EL, Gautvik VT, Bartlett FS 2nd, Frankel WN, van den Pol AN, et al. : The hypocretins : hypothalamusspecific peptides with neuroexcitatory activity. Proc Natl Acad Sci USA (1988) 95, 322-327. 10) 櫻井 武 : オレキシンの機能とオレキシン受容体拮抗薬の作用 (特集 高齢者の睡眠障害Ⅳ. 高齢者睡眠障害の治療 薬物療法) . 日本臨床 (2015) 73, 1023-1030. 11) ベルソムラ®錠15㎎・20㎎インタビュ-フォ-ム (第6 版) , MSD 株式会社, 東京 (2016) . 12) 奥村泰之 : ベンゾジアゼピン受容体作動薬に対する処方抑制施策の国際動向. 月刊薬事 (2016) 58, 1895-1901. 13) 「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」 (平成28年3 月4 日保医発0304第3 号) の疑義解釈資料.
著者 宮本 理史| 江角 悟| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2016-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
128巻
3号
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 東恩納 司| 江角 悟| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2016-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
128巻
2号
資料タイプ 一般雑誌記事
Sort Key 10
タイトル(別表記) Drug interaction (35. Opioid-analgesic drug interactions)
フルテキストURL 128_53.pdf
著者 佐田 光| 鍛治園 誠| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー(News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2016-04-01
128巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 53
終了ページ 59
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.128.53
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2016 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.128.53
NAID 130005149610
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 松本高広:がん疼痛治療薬の相互作用マネジメント 高齢者をみたときに留意すべき相互作用.薬局(2010) 61,3154-3159. 2) 太田惠一郎,田中桂子,余宮きのみ:オピオイドに与える影響・薬物相互作用:がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版,特定非営利活動法人日本緩和医療学会/緩和医療ガイドライン委員会,金原出版株式会社,東京(2014) pp63-64. 3) トラマール®OD 錠医薬品インタビューフォーム2015年7月(第9版),日本新薬株式会社,京都,ファイザー株式会社,東京(2015). 4) タペンタ®錠医薬品インタビューフォーム2014年8月(第2版),ヤンセンファーマ株式会社,東京(2014). 5) モルヒネ塩酸塩錠10㎎「DSP」医薬品インタビューフォーム2014年3月(第8版),大日本住友製薬株式会社,大阪(2014). 6) オキシコドン徐放カプセル「テルモ」医薬品インタビューフォーム2014年11月(第3版),帝國製薬株式会社,香川,テルモ株式会社,東京,エチファーム社,フランス(2014). 7) メサペイン®錠医薬品インタビューフォーム2014年2月(第4版),帝國製薬株式会社,香川,テルモ株式会社,東京(2014). 8) フェントス®テープ医薬品インタビューフォーム2015年6 月(第10版),久光製薬株式会社,佐賀,協和発酵キリン株式会社,東京(2015). 9) 後明郁男:オピオイド鎮痛薬の重複投与.緩和医療学(2007) 9,86-87. 10) Fromm MF, Eckhardt K, Li S, Schänzle G, Hofmann U, Mikus G, Eichelbaum M:Loss of analgesic effect of morphine dueto coadministration of rifampin. Pain (1997) 72,261-267. 11) Eckhardt K, Ammon S, Hofmann U, Riebe A, Gugeler N, Mikus G: Gabapentin enhances the analgesic effect of morphine in healthy volunteers. Anesth Analg (2000) 1,185-191. 12) Foster A, Mobley E, Wang Z: Complicated pain management in a CYP450 2D6 poor metabolizer. Pain Pract (2007) 7,352-356. 13) Grönlund J, Saari TI, Hagelberg NM, Neuvonen PJ, Laine K, Olkkola KT: Effect of inhibition of cytochrome P450 enzymes 2D6 and 3A4 on the pharmacokinetics of intravenous oxycodone:a randomized, threephase, crossover, placebo-controlled study. Clinical Drug Investigation (2011) 3,143-153. 14) Nakamura A, Hasegawa M, Ito H, Minami K, Koike K, Habu-Tomita N, Nanba K, Hamaguchi K, Noshi E, Hashimoto H, Nishino I, Okabayashi Y, et al.:Distinct relations among plasma concentrations required for different pharmacological effects in oxycodone, morphine, and fentanyl. J Pain Palliat Care Pharmacother (2011) 4,318-334. 15) 的場元弘,加賀谷肇:フェンタニル使用時の留意点は?:Q & A でわかるがん疼痛緩和ケア,がん疼痛・症状緩和に関する多施設共同臨床研究会,じほう,東京(2014) pp109-114. 16) 余宮きのみ:フェンタニル貼付剤の1 日製剤と3日製剤,どのように使うか:ここが知りたかった緩和ケア,南江堂,東京(2011) pp23-24. 17) Kornick CA, Kilborn MJ, Santiago-Palma J, Schulman G, Thaler HT, Keefe DL, Katchman AN, Pezzullo JC, Ebert SN, Woosley RL, Payne R, Manfredi PL:QTc interval prolongation associated with in travenous methadone. Pain (2003) 3,499-506. 18) Grond S, Sablotzki A:Clinical pharmacology of tramadol. Clin Pharmacokinet (2004) 13,879-923. 19) Poulsen L, Arendt-Nielsen L, Brøsen K, Sindrup SH:The hypoalgesic effect of tramadol in relation to CYP2D6. Clin Pharmacol Ther (1996) 6,636-644. 20) 的場元弘,加賀谷肇:オピオイド製剤の種類と特徴は?:Q & A でわかるがん疼痛緩和ケア,がん疼痛・症状緩和に関する多施設共同臨床研究会,じほう,東京(2014) pp80-88. 21) 中川貴之:トラマドールおよび新規オピオイド系鎮痛薬タペンタドールの鎮痛作用機序とその比較.日緩和医療薬誌(2013) 6,11-22. 22) Terlinden R, Kogel BY, Englberger W, Tzschentke TM:In vitro and in vivo characterization of tapentadol metabolites. Methods Find Exp Clin Pharmacol (2010) 1,31-38. 23) Raffa RB, Buschmann H, Christoph T, Eichenbaum G, Englberger W, Flores CM, Hertrampf T, Kögel B, Schiene K, Straßburger W, Terlinden R, Tzschentke TM:Mechanistic and functional differentiation of tapentadol and tramadol. Expert Opin Pharmacother (2012) 10,1437-1449. 24) Caraceni A, Martini C, Zecca E, Portenoy RK, Ashby MA, Hawson G, Jackson KA, Lickiss N, Muirden N, Pisasale M, Moulin D, Schulz VN, et al.:Breakthrough pain characteristics and syndromes in patients with cancer pain. An international survey. Palliat Med (2004) 18,177-183. 25) 太田惠一郎,田中桂子,余宮きのみ: 痛みのパターンによる分類:がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版,特定非営利活動法人日本緩和医療学会/緩和医療ガイドライン委員会,金原出版,東京(2014) pp23-25. 26) オプソ内服液と市販飲料水および食品との配合変化試験,大日本住友製薬株式会社社内資料,大日本住友製薬株式会社,大阪. 27) オキノーム®散薬品インタビューフォーム2015年7月(第14版),ムンディファーマB.V.,東京,塩野義製薬株式会社,大阪(2015). 28) Bennett D, Burton AW, Fishman S, Fortner B, McCarberg B, Miaskowski C, Nash DB, Pappagllo M, Payne R, Ray J, Viscusi ER, Wong W:Consensus panel recommendations for the assessment and management of breakthrough pain:Part 2 Management. Pharmacol Ther (2005) 30,354-361. 29) イーフェン®バッカル錠医薬品インタビューフォーム2015年3月(第5 版),大鵬薬品工業株式会社,東京,帝國製薬株式会社,香川,Cephalon,米国(2015). 30) アブストラル®舌下錠医薬品インタビューフォーム2014年10月(第2版),協和発酵キリン株式会社,東京,久光製薬株式会社,佐賀(2014). 31) Kharasch ED, Whittington D, Hoffer C:Influence of hepatic and intestinal cytochrome P4503A activity on the acute disposition and effects of oral transmucosal fentanyl citrate. Anesthesiology (2004) 3,729-737. 32) アンペック®坐剤医薬品インタビューフォーム2014年4月(第14版),大日本住友製薬株式会社,大阪(2014).
Sort Key 14
タイトル(別表記) Drug interaction (34. Drug interactions of food and medicine)
フルテキストURL 127_245.pdf
著者 日野 隼人| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー(News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2015-12-01
127巻
3号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 245
終了ページ 249
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.127.245
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2015 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 無し
DOI 10.4044/joma.127.245
NAID 130005116813
Eprints Journal Name joma
参考文献 1)東海林 徹:注意すべき食物と薬の相互作用 患者指導のポイントとコツ:Medical Practice, 文光堂, 東京 (2012) pp1489-1498. 2)Mojaverian P, Rocci ML Jr, Conner DP, Abrams WB, Vlasses PH : Effect of food on the absorption of enteric-coated aspirin : correlation with gastric residence time. Clin Pharmacol Ther (1987) 41, 11-17. 3)フェロミア®錠インタビューフォーム (改訂第8版), エーザイ株式会社, 東京 (2014). 4)澤田康文 : 薬と食の相互作用下巻, 医薬ジャーナル社, 東京 (2005) pp121-129. 5)湯浅博昭 : 食事による薬物のリンパ吸収促進. 薬局 (2001) 52, 1029-1034. 6)ファスティック®錠インタビューフォーム (改訂第2版), 持田製薬株式会社, 東京 (2013). 7)大谷尚也, 井上晃一, 塩田哲弘, 鈴木康正, 野村俊治, 原田 寧, 石橋弘子, 安部 茂, 内田勝久, 山口英世, 鳥居慎一 : イトラコナゾール内用液 (イトリゾール内用液1%) の薬理学的および薬物動態学的特徴ならびに臨床試験成績. 日薬理誌 (2007) 130, 69-76. 8)ワーファリン®錠インタビューフォーム (改訂第18版), エーザイ株式会社, 東京 (2014).
Sort Key 13
タイトル(別表記) Drug interaction (33. Combination with antimicrobial agents)
フルテキストURL 127_151.pdf
著者 田坂 健| 白石 奈緒子| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー(News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2015-08-03
127巻
2号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 151
終了ページ 154
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.127.151
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2015 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 無し
DOI 10.4044/joma.127.151
NAID 130005096260
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 注射用ペニシリンGカリウム®100万単位医薬品インタビューフォーム(第8版), Meiji Seikaファルマ株式会社, 東京(2013). 2) デパケン®錠100㎎医薬品インタビューフォーム(第21版), 協和発酵キリン株式会社, 東京(2014). 3) 中嶋一彦, 竹末法政 : 抗菌薬の概説 : 抗菌化学療法認定薬剤師テキスト, 日本化学療法学会/抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会編, 日本化学療法学会, 東京(2010)pp149-150. 4) アミカシン®硫酸塩注100㎎「NP」医薬品インタビューフォーム(第6版), ニプロ株式会社, 大阪(2012). 5) 西 圭史, 五十嵐正博, 岡田賢二, 竹末芳生 : アミカシン・ゲンタマイシン・トブラマイシン : 抗菌薬TDMガイドライン, 日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会/日本TDM学会TDMガイドライン策定委員会―抗菌薬領域―編, 日本化学療法学会, 東京(2012)p57-68. 6) クラビット®錠500㎎医薬品インタビューフォーム(第11版), 第一三共株式会社, 東京(2014). 7) ダラシン®S注射液600㎎医薬品インタビューフォーム(第7版), ファイザー株式会社, 東京(2014). 8) 中嶋一彦, 竹末芳生 : 抗菌薬の概説 : 抗菌化学療法認定薬剤師テキスト, 日本化学療法学会/抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会編, 日本化学療法学会, 東京(2010)p153-154. 9) リファジン®カプセル150㎎医薬品インタビューフォーム(第12版), 第一三共株式会社, 東京(2014). 10) 松本一明, 竹末芳生, 大曲貴夫, 望月敬浩 : バンコマイシン : 抗菌薬TDMガイドライン, 日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会/日本TDM学会TDMガイドライン策定委員会―抗菌薬領域―編, 日本化学療法学会, 東京(2012)p19-35.
著者 座間味 義人| 小山 敏広| 合葉 哲也| 天野 学| 安藤 哲信| 倉田 なおみ| 名和 秀起| 名倉 弘哲| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2014
出版物タイトル 静脈経腸栄養
29巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
Sort Key 13
タイトル(別表記) Drug interaction (32. Drug interaction in novel oral anticoagulants)
フルテキストURL 127_59.pdf
著者 猪田 宏美| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー (News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2015-04-01
127巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 59
終了ページ 61
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
関連URL http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2015 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.127.59
NAID 130005068338
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) ワーファリン錠医薬品インタビューフォーム(改訂第18版), エーザイ株式会社, 東京(2014). 2) 特集1 抗凝固療法の展望と課題. 医薬ジャーナル(2014)50, 661-727. 3) あなたも名医ー新しい経口抗凝固薬, どう使う?―心房細動を診るジェネラリストのために, 後藤信哉編, 日本医事新報社, 東京(2012). 4) プラザキサカプセル医薬品インタビューフォーム(第10版), 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社, 東京(2014). 5) イグザレルト錠医薬品インタビューフォーム(第5版), バイエル薬品株式会社, 東京(2013). 6) エリキュース錠医薬品インタビューフォーム(第4版), ファイザー株式会社, 東京(2014). 7) リクシアナ錠医薬品インタビューフォーム(第7版), 第一三共株式会社, 東京(2014年).
Sort Key 13
タイトル(別表記) Drug interaction (31. drug interaction in hormonal breast cancer therapy)
フルテキストURL 126_245.pdf
著者 正岡 康幸| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー (News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2014-12-01
126巻
3号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 245
終了ページ 248
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.126.245
NAID 130004903247
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 乳癌診療ガイドライン, 一般社団法人日本乳癌学会編, 金原出版, 東京(2013). 2) Arimidex, Tamoxifen, Alone or in Combination (ATAC) Trialists' Group, Forbes JF, Cuzick J, Buzdar A, Howell A, Tobias JS, Baum M : Effect of anastrozole and tamoxifen as adjuvant treatment for early stage breast cancer : 100-month analysis of the ATAC trial. Lancet Oncol (2008) 9, 45-53. 3) BIG 1-98 Collaborative Group, Mouridsen H, Giobbie-Hurder A, Goldhirsch A, Thürlimann B, Paridaens R, Smith I, Mauriac L, Forbes J, Price KN, Regan MM, Gelber RD, et al. : Letrozole Therapy Alone or in Sequence with Tamoxifen in Women with Breast Cancer. N Engl J Med (2009) 361, 766-776. 4) Buzdar A, Howell A : Advances in Aromatase Inhibition : Clinical Efficacy and Tolerability in the Treatment of Breast Cancer. Clin Cancer Res (2001) 7, 2620-2635. 5) Mattsson W : Current status of high dose progestin treatment in advanced breast cancer. Breast Cancer Res Treat (1983) 3, 231-235. 6) ノルバデックス®錠10㎎医薬品インタビューフォーム(改訂版), アストラゼネカ株式会社, 大阪(2014). 7) Stearns V, Johnson MD, Rae JM, Morocho A, Novielli A, Bhargava P, Hayes DF, Desta Z, Flockhart DA : Active tamoxifen metabolite plasma concentrations after coadministration of tamoxifen and the selective serotonin reuptake inhibitor paroxetine. J Natl Cancer Inst (2003) 95, 1758-1764. 8) Kelly CM, Juurlink DN, Gomes T, Duong-Hua M, Pritchard KI, Austin PC, Paszat LF : Selective serotonin reuptake inhibitors and breast cancer mortality in women receiving tamoxifen : a population based cohort study. BMJ (2010) 340, c693. 9) フェマーラ®錠2.5㎎医薬品インタビューフォーム(新様式第4版), ノバルティスファーマ株式会社, 東京(2010). 10) ゾラデックス®1.8㎎デポ医薬品インタビューフォーム(改訂第7版), アストラゼネカ株式会社, 大阪(2011). 11) リュープリン®注1.88医薬品インタビューフォーム(改訂第7版), 武田薬品工業株式会社, 大阪(2013). 12) フェアストン®錠40医薬品インタビューフォーム(改訂第7版), 日本化薬株式会社, 東京(2013). 13) フェソロデックス®筋注250㎎医薬品インタビューフォーム(改訂第3版), アストラゼネカ株式会社, 大阪(2012). 14) アリミデックス®錠1㎎医薬品インタビューフォーム(改訂第17版), アストラゼネカ株式会社, 大阪(2014). 15) アロマシン®錠25㎎医薬品インタビューフォーム(改訂第8版), ファイザー株式会社, 東京(2013). 16) ヒスロン®H錠200㎎医薬品インタビューフォーム(改訂第3版), 協和発酵キリン株式会社, 東京(2014).
JaLCDOI 10.18926/AMO/52893
フルテキストURL 68_5_255.pdf
著者 Esumi, Satoru| Kawasaki, Yoichi| Gomita, Yutaka| Kitamura, Yoshihisa| Sendo, Toshiaki|
抄録 Motivation incorporates several psychological aspects that produce reward-related and learning behaviors. Although reward-related behavior is reported to be mediated by the dopaminergic reward pathway, the involvement of dopaminergic systems in motivated behavior has not been fully clarified. Several experimental methodologies for motivational behavior have been reported, but pharmacological characteristics seem to vary among these methodologies. In this review, we attempt to summarize three main concepts:(1) the relationship of dopamine neuron physiology with motivated behavior, (2) the pharmacological characteristics of the runway intracranial self-stimulation model, and (3) the behavioral distinction of disparate motivated behaviors.
キーワード motivation reward dopamine operant behavior intracranial self-stimulation
Amo Type Review
発行日 2014-10
出版物タイトル Acta Medica Okayama
68巻
5号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 255
終了ページ 262
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2014 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 25338481
Web of Sience KeyUT 000343269300001
Sort Key 16
タイトル(別表記) Drug interaction (30. combination with therapeutic drugs for chronic pain)
フルテキストURL 126_159.pdf
著者 小川 敦| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー (News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2014-08-01
126巻
2号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 159
終了ページ 163
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.126.159
NAID 130004685269
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 亀山祐美, 秋下雅弘 : 高齢者の安全な薬物療法(第29回)三環系抗うつ薬で疼痛コントロール, 投薬量減量, ADL・QOL改善を実現した症例. Geriatr Med (2011) 49, 723-725. 2) 井上 紳 : 慢性疼痛と治療のアルゴリズム. Dental Med Res (2012) 32, 221-225. 3) 武田泰子, 井関雅子 : 鎮痛補助薬による神経障害性疼痛の治療新情報―抗うつ薬を中心に―. Brain Med (2009) 21, 273-278. 4) 辻 貞俊, 牛田享宏, 新井健一, 末冨勝敏, 西原真理, 池本竜則, 柿木隆介, 岡田和将, 野寺裕之, 村上正人, 比嘉和夫, 齋藤洋一 : 標準的神経治療 : 慢性疼痛. 神経治療 (2010) 27, 593-622. 5) 松平 浩, 竹下克志, 久野木順一, 山崎隆志, 原 慶宏, 山田浩司, 高木安雄 : 日本における慢性疼痛の実態―Pain Associated Cross-sectional Epidemiological (PACE) survey 2009. JP―. ペインクリニック(2011)32, 1345-1356. 6) サインバルタ®カプセル20㎎, 30㎎医薬品インタビューフォーム(第5版), 塩野義製薬株式会社, 大阪(2013). 7) Sullivan MD, Robinson JP : Antidepressant and Anticonvulsant Medication for Chronic Pain. Phys Med Rehabil Clin N Am (2006) 17, 381-400. 8) 飯田宏樹, 松本茂美 : 新たな神経障害痛の治療戦略デュロキセチンの臨床. 日臨麻会誌(2013)33, 33-40. 9) Iyengar S, Webster AA, Hemrick-Luecke SK, Xu JY, Simmons RM : Efficacy of Duloxetine, a Potent and Balanced Serotonin-Norepinephrine Reuptake Inhibitor in Persistent Pain Models in Rats. J Pharmacol Exp Ther (2004) 311, 576-584. 10) 春原啓一, 津田喬子 : オピオイド剤の有害事象を頻発した脊髄損傷後疼痛の一例. 日ペインクリニック会誌(2012)19, 551-552. 11) 高橋俊雅, 長岡由女, 宮岡良卓, 春日崇臣, 麦谷 望, 桑田昇治 : 透析患者の末梢神経障害性に対するプレガバリンの有効性と安全性. 慢性疼痛(2012)31, 145-152. 12) 永原 央, 野田英児, 前田 清, 井上 透, 平川俊基, 長谷川毅, 渋谷雅常, 平川弘聖 : 大腸癌におけるPregabalinのOxaliplatin起因性末梢神経障害に対する効果. 癌と化療(2013)40, 1181-1183. 13) 中島寿久, 木場崇剛, 小川喜通, 細川敦子, 新谷洋美, 岡田優子, 谷口貴子, 繁田正信, 小澤和博 : Paclitaxel起因性末梢神経障害にPregabalinが有効であった腎盂腎がんの1例. 癌と化療(2012)39, 1443-1445. 14) Taylor CP, Angelotti T, Fauman E : Pharmacology and mechanism of action of pregabalin : The calcium channel α2-δ (alpha2-delta) subunit as a target for antiepileptic drug discovery. Epilepsy Res (2007) 73, 137-150. 15) 小川節郎, 小松真由美, 大野誠一郎, 山根ひとみ, 早川和宏 : プレガバリン(リリカ®)使用成績調査 : 中間解析結果報告. Prog Med (2013) 33, 2159-2171. 16) リリカ®カプセル25㎎, 75㎎, 150㎎医薬品インタビューフォーム(第7版), ファイザー株式会社, 東京(2013). 17) 信太賢治, 尾頭希代子, 小林玲音, 樋口比登実, 増田 豊 : ガバペンチンの有用性―プレガバリンが使用困難な症例に対して―. 慢性疼痛(2012)31, 135-138. 18) Finnerup NB, Sindrup SH, Jensen TS : The evidence for pharmacological treatment of neuropathic pain. Pain (2010) 150, 573-581. 19) 山口 忍, 宮本真紀, 吉村文貴, 松本茂美, 竹中元康, 飯田宏樹 : 疼痛疾患におけるガバペンチンの有効性とその長期効果. 日臨麻会誌(2012)32, 366-370. 20) ガバペン®錠200㎎, 300㎎, 400㎎, ガバペン®シロップ5%医薬品インタビューフォーム(第8版), ファイザー株式会社, 東京(2013). 21) Dworkin RH, O'Connor AB, Backonja M, Farrar JT, Finnerup NB, Jensen TS, Kalso EA, Loeser JD, Miaskowski C, Nurmikko TJ, Portenoy RK, Rice AS, et al. : Pharmacologic management of neuropathic pain : evidence-based recommendations. Pain (2007) 132, 237-251. 22) ノリトレン®錠10㎎, 20㎎医薬品インタビューフォーム(第13版), 大日本住友製薬株式会社, 大阪(2013). 23) 堀 里子, 澤田康文 : 徹底理解!添付文書にある情報・ない情報 添付文書にある情報―長期間持続するテルビナフィンとノルトリプチリン, アミトリプチリンとの相互作用―. 薬局(2012)63, 3572-3575. 24) ノイロトロピン®錠4単位医薬品インタビューフォーム(第7版), 日本臓器製薬株式会社, 大阪(2013). 25) 井上真輔, 牛田享宏 : 神経障害性疼痛の治療. Brain Med (2012) 24, 19-26. 26) 村川和重, 森山萬秀, 柳本富士雄, 中野 範, 福永智栄, 森田美由紀, 池田和世, 神原政仁 : 【慢性疼痛の薬学的ケア】慢性疼痛の薬物治療 ノイロトロピン. 薬事(2008)50, 1909-1915. 27) 千葉知史, 伊達 久, 滝口規子, 渡邉秀和 : バルプロ酸Naが有効であった慢性疼痛の2症例. 慢性疼痛(2010)29, 103-106. 28) デパケン®錠100㎎, 200㎎, デパケン®シロップ5%, デパケン®細粒20%, 40%, デパケン®R錠100㎎, 200㎎医薬品インタビューフォーム(第20版), 大日本住友製薬株式会社, 大阪(2014). 29) 住谷昌彦, 山田芳嗣 : 神経障害性疼痛に対する薬物療法治療指針の考察. Locomotive Pain Fronti(2012)1, 78-82. 30) 井上真輔, 牛田享宏 : 神経障害性疼痛の治療. Brain Med (2012) 24, 19-26.
Sort Key 12
タイトル(別表記) Drug interaction (29. drug interaction of steroids)
フルテキストURL 126_59.pdf
著者 林 瑶子| 名和 秀起| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー (News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2014-04-01
126巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 59
終了ページ 63
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
関連URL http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.126.59
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 山本一彦 : ステロイド薬の選び方・使い方ハンドブック, 羊土社, 東京(2008)p19, 21, 34. 2) デキサート®注射液1.65㎎・3.3㎎・6.6㎎医薬品インタビューフォーム(第18版), 富士製薬工業株式会社, 東京(2011). 3) フェノバール®注射液100㎎医薬品インタビューフォーム(第7版), 第一三共株式会社, 東京(2013). 4) プリミドン®錠250㎎「日医工」・プリミドン®細粒99.5%「日医工」医薬品インタビューフォーム(第4版), 日医工株式会社, 富山(2012). 5) アレビアチン®散10%医薬品インタビューフォーム(第17版), 大日本住友製薬株式会社, 大阪(2010). 6) リファジン®カプセル150㎎医薬品インタビューフォーム(第11版), 第一三共株式会社, 東京(2013). 7) フスコデ®配合錠医薬品インタビューフォーム(第6版), アボットジャパン株式会社, 東京(2013). 8) エリスロシン®錠100㎎・200㎎医薬品インタビューフォーム(第3版), アボットジャパン株式会社, 東京(2010). 9) イトリゾール®カプセル50医薬品インタビューフォーム(第15版), ヤンセンファーマ株式会社, 東京(2013). 10) ネオーラル®カプセル10㎎・25㎎・50㎎医薬品インタビューフォーム(第15版), ノバルティスファーマ株式会社, 東京(2013). 11) ヒスロン®H錠200㎎医薬品インタビューフォーム(第2版), ファイザー株式会社, 東京(2009). 12) ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療のガイドライン(2004年度和文簡略版), 日本骨代謝学会ステロイド性骨粗鬆症診断基準検討小委員会編, 日本骨代謝学会, 京都(2004). 13) イメンド®カプセル125㎎・80㎎医薬品インタビューフォーム(第6版), 小野薬品工業株式会社, 大阪(2012). 14) 制吐剤適正使用ガイドライン, 日本癌治療学会編, 金原出版, 東京(2010).
著者 晴田 佑介| 河崎 陽一| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-12-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/51868
フルテキストURL 67_5_319.pdf
著者 Murakawa, Kiminaka| Sato, Tomoaki| Maeda, Yoshinobu| Kitamura, Yoshihisa| Tanimoto, Mitsune| Sendo, Toshiaki|
抄録 Graft-versus-host disease (GVHD) is a major concern in transplantation patients. Gut GVHD is accompanied by diarrhea, abdominal pain, and/or melena. Although oral treatment with corticosteroids (CSs) is effective in treating gut GVHD, it can cause adverse reactions that affect the entire body. Topical administration of CSs can be effective in treating diseases in which lesions are limited locally, because adverse reactions can then be alleviated. In this study, we examine and discuss an enteric-coated beclomethasone dipropionate (BDP) capsule (BDP-EC) formulated at Okayama University Hospital. The BDP-EC did not dissolve in solution 1 (pH1.2), and began disintegrating in solution 2 (pH6.8) after 5min, with a mean dissolution rate at 15min of 85%. We then used the capsule to treat a patient who developed gut GVHD after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Clinically, the frequency of diarrhea decreased after BDP-EC administration. In addition, we were able to decrease the prednisolone equivalent dose. Symptoms associated with adverse reactions to BDP were not observed during the hospitalization period. These findings suggest that the administration of BDP-EC in the early stages of gut GVHD may allow a reduction in the initial doses of systemic CSs.
キーワード beclomethasone intestinal graft-versus-host disease enteric-coated capsule in-hospital formulation
Amo Type Case Report
発行日 2013-10
出版物タイトル Acta Medica Okayama
67巻
5号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 319
終了ページ 324
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2013 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 24145732
Web of Sience KeyUT 000325836100006
著者 蔵田 靖子| 藤原 聡子| 鍛治園 誠| 青柳 恵| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 槇田 崇志| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/40129
フルテキストURL 64_4_219.pdf
著者 Doi, Maho| Miyazaki, Ikuko| Nagamachi, Tomoko| Shinomiya, Kazuaki| Matsunaga, Hisashi| Sendo, Toshiaki| Kawasaki, Hiromu| Asanuma, Masato| Gomita, Yutaka| Kitamura, Yoshihisa|
抄録 We examined the influence of chronic adrenocorticotropic hormone (ACTH) treatment on the number of Ki-67-positive cells in the dentate gyrus of the hippocampus in rats. ACTH treatment for 14 days decreased the number of such cells. The administration of imipramine or lithium alone for 14 days had no effect in saline-treated rats. The effect of ACTH was blocked by the administration of imipramine. Furthermore, the coadministration of imipramine and lithium for 14 days significantly increased the number of Ki-67-positive cells in both the saline and ACTH-treated rats. The coadministration of imipramine and lithium normalized the cell proliferation in the dentate gyrus of the hippocampus in rats treated with ACTH.
キーワード ACTH imipramine lithium proliferation Ki-67
Amo Type Original Article
発行日 2010-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
64巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 219
終了ページ 223
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 20802538
Web of Sience KeyUT 000281384400002
著者 Kitamura, Yoshihisa| Akiyama, Kozue| Kitagawa, Kouhei| Shibata, Kazuhiko| Kawasaki, Hiromu| Suemaru, Katsuya| Araki, Hiroaki| Sendo, Toshiaki| Gomita, Yutaka|
発行日 2008-05-20
出版物タイトル Pharmacology Biochemistry and Behavior
89巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文