このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48363
フルテキストURL
タイトル(別表記)
2D-Time of Flight MR Angiography in Intrathoracic Masses
著者
三谷 政彦 岡山大学
戸上 泉 岡山大学
北川 尚広 岡山大学
加藤 勝也 岡山大学
金澤 右 岡山大学
上都 郁夫 岡山大学
平木 祥夫 岡山大学
安藤 陽夫 岡山大学
清水 信義 岡山大学
寺本 滋 岡山大学
抄録
正常ボランティア5例, 胸部腫瘤性病変の患者15例に対してMR Angiographyを施行した.MRAは, 6秒の息、止めでFLASH法(TR=20msec, TE=8msec, Flip angle=30°)を用いて撮像した像から作成した.全ての症例で胸部大動脈, 上大静脈, 下大静脈, 肺動脈及び肺静脈根部など太い血管の明瞭なMRA像が得られ, 腫瘤とそれら大血管系との関係が把握しやすく胸部腫瘤性病変の評価に有用と考えられた.
抄録(別表記)
MR Angiography of the thorax was performed in 5 healthy volunteers and 15 patients with intrathoracic masses. 2D-MRA was obtained sequentially by means of a fast low angle shot(FLASH)technique(TR=20msec.TE=8msec, Flip angle=30within a 6-second period of breath holding. MRA for great vessels was successfully completed in all volunteers and all patients. The relation between tumor and vasculature can be visualized so definitely that MRA may be thought to be a promising complement to MR imaging in the evaluation of intrathoracic masses.
キーワード
MRA
2D-Time of Flight method
Intrathoracic masses
Lung cancer
備考
岡山大学学位論文博乙第3017号 副論文
発行日
1992-06-20
出版物タイトル
肺癌
32巻
3号
開始ページ
375
終了ページ
381
ISSN
0386-9628
NCID
AN00203978
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/3357
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
不明