著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2012-02
出版物タイトル 環境制御
33巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2012-12
出版物タイトル 環境制御
34巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2015-02
出版物タイトル 環境制御
36巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2009-12
出版物タイトル 環境制御
31巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2010-12
出版物タイトル 環境制御
32巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学環境管理センター|
発行日 2014-02
出版物タイトル 環境制御
35巻
資料タイプ その他
著者 永井 廣|
発行日 1984-04
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
2巻
資料タイプ その他
著者 皆見 省吾|
発行日 1928-02-29
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
40巻
2号
資料タイプ その他
著者 竹内 栄|
発行日 2009-03
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
25巻
資料タイプ その他
タイトル(別表記) Introduction of Experimental Animal Center, Joint Faculty of Veterinary Medicine, Kagoshima University
フルテキストURL poalas_034_040.pdf
著者 浅野 淳|
抄録 To improve the quality of education and research with laboratory animals, Experimental Animal Center (EAC) was established as an animal facility in the Joint Faculty of Veterinary Medicine, Kagoshima University, on September 1st, 2015. We can house and use large-sized (bovine and horse), medium-sized (dog, cat, pig and bird), and small-sized (rodent and rabbit) animals in this facility. Our care and use program of laboratory animals in EAC was fully accredited by AAALAC International on June 9th, 2016. We are using this facility to demonstrate to our students that performance of veterinary care and animal welfare is important for appropriate education and scientific research with laboratory animals in Veterinary Medicine.
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
発行日 2018-04
34巻
開始ページ 40
終了ページ 44
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Avian coccidiosis : Toward the understanding of pathophysiology in Eimeria tenella infection
フルテキストURL poalas_034_017.pdf
著者 畑生 俊光|
抄録 Avian coccidiosis is most important entero-parasitic disease in the world. Eimeria parasite is causative agent of this disease. In Japan, this parasite species were widely spread and the positive rates are about 50 in layer and 70 % in broiler. The symptoms of coccidiosis are diarrhea, bloody excretion, weight loss, and die. Eimeria tenella is the most pathogenic protozoa. The sporozoites, infection form of this parasite, entry to epithelial cells around the crypt of cecum in early infection. After infection, parasites proliferate in epithelial cells, and form to sexual stage finally. However, we have less information about the pathophysiology, especially invasive mechanisms and infection route, by E. tenella infection. We have focused to analyze the invasive mechanism and route of this parasite because this phenomenon is first event to cause the pathophysiological changes in the infection. I would like to inform about Eimeria parasite and introduce our research in this paper.
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
発行日 2018-04
34巻
開始ページ 17
終了ページ 20
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 工藤 季之|
発行日 2015-04
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
31巻
資料タイプ その他
著者 田中 紀章|
発行日 2010-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
1号
資料タイプ その他
著者 柴原 壽行|
発行日 1995-07
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
12巻
資料タイプ その他
著者 古谷 正人|
発行日 2001-09
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
18巻
資料タイプ その他
著者 押木 俊之|
出版物タイトル
資料タイプ その他
フルテキストURL olj_68_3-4_963_967.pdf
出版物タイトル 岡山大學法學會雜誌
発行日 2019-03-19
68巻
3-4号
開始ページ 963
終了ページ 967
ISSN 0386-3050
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 西崎 泰司|
発行日 1999-09
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
16巻
資料タイプ その他
著者 久城 憲寿|
発行日 1991-06
出版物タイトル 岡山実験動物研究会報
8巻
資料タイプ その他
著者 原田 英雄|
発行日 2003-01-31
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
114巻
3号
資料タイプ その他