このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14779
JaLCDOI
Sort Key
16
フルテキストURL
著者
寺崎 佳代
山本 貞枝
吉尾 慶子
西村 伸子
谷崎 勝朗
抄録
呼吸器疾患症例における温泉療法の効果(自覚症状,事物投与量など)早,有効と思われた温泉療法の種類,終了後の経過(1年後)などについて,気管支喘息102例を対象にアンケート調査を行った。 その結果,温泉療法開始1週間で自覚症状が改善された症例が71.5%,副腎皮質ホルモンの減量が可能であった症例が65.6%,通院後1年間は,入院時に比べ症状が改善されている症例が61.8%,さらに,退院時より改善されている症例が53.9%であった。 これらのことから,当院の温泉療法により症状が改善したことと,体調コントロールを身につけることにより,退院後1年以上経過しても,体調が良好に維持されていることが示唆された。
キーワード
温泉療法
アンケート
呼吸器疾患
備考
報告
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
発行日
2003-02-01
73巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
111
終了ページ
114
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc