このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14768
JaLCDOI
Sort Key
8
タイトル(別表記)
気管支喘息に対する温泉療法とα-リノレン酸強化食の効果
フルテキストURL
著者
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科 Kaken ID researchmap
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科 Kaken ID publons researchmap
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
西田 典数 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
横井 正 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科 Kaken ID publons
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
谷本 光音 岡山大学医学部第二内科 Kaken ID publons researchmap
抄録
N-3 fatty acids are reportedly effective for asthma. In addition, spa therapy has been reported to be effective for patients with asthma. In the present study, the effects of spa therapy combined with perilla seed oil- rich diet (rich in n-3 fatty acid)were examined on asthma. A total of 14 asthmatic patients had a complex spa therapy and consumed a perilla seed oil- rich diet - rich in a -linolenic acid (alpha-LNA) for 8 weeks. Generation of leukotriene (LT) C4 by leucocytes, respiratory function were analyzed. The generation of LTC4 by leucocytes decreased significantly for 2, 4 and 8 weeks (P
抄録(別言語)
N-3系脂肪酸は喘息に有効であることが報告されている。また喘息に対する温泉療法の有効性も報告されている。今回我々は温泉療法とn-3系脂肪酸を多く含むエゴマ油食の喘息に対する効果を検討した。14名の喘息患者に温泉療法及びα-リノレン酸(n-3系)を多く含むエゴマ油食の摂取を8週間行い,その間の白血球ロイコトリエンC 4(LTC4)の産生能と呼吸機能の変化を検討した。 その結果白血球LTC4の産生能は治療開始2過後より4,8過後と抑制された(P<0.05)Oピークフロー値(PEF)は治療2,4,6,8週後に有意な増加がみられた(P<0.05)。また呼吸機能[努力肺活量(FVC),1秒量(FEV(1)),FEF(25),FEF(75),FEF(25-75)]は治療開始4過,8過後に有意に改善した(P<0.05)。これらの結果より温泉療法とエゴマ油食は白血球LTC4の産生能を抑制することにより,呼吸機能を改善させ,気管支喘息の治療に有効であることが示唆された。
キーワード
bronchial asthma
spa therapy
perilla seed oil
alpha -linolenic acid
Leukotriene C4
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
発行日
2003-02-01
73巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
55
終了ページ
63
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc