著者 松原 扶美恵| 井上 妙子| 光延 彰子| 永田 拓也| 谷崎 勝朗|
発行日 2004-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ データ・データベース
著者 三朝医療センター|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ その他
著者 松原 扶美恵| 光延 彰子| 永田 拓也| 谷崎 勝朗|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/14779
フルテキストURL 73_111_114.pdf
著者 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 吉尾 慶子| 西村 伸子| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 呼吸器疾患症例における温泉療法の効果(自覚症状,事物投与量など)早,有効と思われた温泉療法の種類,終了後の経過(1年後)などについて,気管支喘息102例を対象にアンケート調査を行った。 その結果,温泉療法開始1週間で自覚症状が改善された症例が71.5%,副腎皮質ホルモンの減量が可能であった症例が65.6%,通院後1年間は,入院時に比べ症状が改善されている症例が61.8%,さらに,退院時より改善されている症例が53.9%であった。 これらのことから,当院の温泉療法により症状が改善したことと,体調コントロールを身につけることにより,退院後1年以上経過しても,体調が良好に維持されていることが示唆された。
キーワード 温泉療法 アンケート 呼吸器疾患
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 111
終了ページ 114
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308409
著者 西村 伸子|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/14777
フルテキストURL 73_102_105.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 吉尾 慶子| 谷崎 勝朗|
抄録 呼吸器疾患の温泉療法について,1999年~2001年の3年間に三朝医療センターに入院し,温泉療法を受けた気管支喘息と肺気腫症例を対象に,再入院率と症例数の変動,年齢,地域との関連について検討を加えた。その結果,喘息では遠隔地(鳥取県外)からの症例(平均56.8%)が.また肺気腫では鳥取県内からの入院症例(平均58.7%)が多い傾向が見られた。再入院率は,喘息は30.1%,肺気腫が41.6%であり.喘息では遠隔地からの,また肺気腫では県内からの症例が増加する傾向であった。再入院率の年齢別検討では,喘息では50歳以上,肺気腫では70歳以上の症例で再入院率が高い傾向であった。平均入院期間は40日から60日間であり,初回入院より再入院症例の方が短期間であり,初回入院では喘息よりも肺気腫でより長い傾向であった。
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 102
終了ページ 105
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308277
JaLCDOI 10.18926/14775
タイトル(別表記) A case of anti - neutrophil cytoplasmic autoantibody-associated vasculitis: Resolution after early diagnosis
フルテキストURL 73_088_092.pdf
著者 市川 裕久| 芦田 耕三| 小野 勝一郎| 高田 真吾| 横井 正| 永田 拓也| 岡本 誠| 柘野 浩史| 西田 典数| 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 野口 菩範| 谷本 光音|
抄録 症例は76歳男性03年前肺気腫と診断された。今回呼吸器リハビリテーション目的で当院に入院の運びとなった。入院時より37-38'Cの発熱を認め,下気道感染を疑い抗生剤で加療したが改善しなかった.入院時の検尿検査で蛋白・潜血陽性であり,血清MPO-ANCAが307U/mlと高値を示した。血清クレアチニン値も徐々に上昇してきたため,MPO-ANCA関連血管炎と診断した.プレドニゾロン投与を開始したところ,症状及び検査所見は速やかに改善した.
抄録(別表記) A 76-year-old man was admitted to our hospital for pulmonary rehabilitation. Three years before admission he was diagnosed as pulmonary emphysema. On the day of admission the patient was febrile[37-38°C]. Initially lower respiratory infection was suspected and antibiotics was given to the patient, but his fever sustained. On admission he presented proteinuria and hematuria and the following examination revealed the high titer [307U/ml] of myeloperoxidase specific anti -neutrophil cytoplasmic autoantibody (MPO-ANCA). A gradual rise in serum creatinine levels after admission was also observed. He was diagnosed as MPO-ANCA associated vasculitis. Prednisolone therapy was started, which improved his symptoms and laboratory data rapidly.
キーワード ANCA関連血管炎 早期診断 顕微鏡的多発血管炎
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 88
終了ページ 92
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308580
JaLCDOI 10.18926/14774
タイトル(別表記) A case of Parkinson's disease associated with bromocriptine - induced leukopenia and throm-bocytopenia
フルテキストURL 73_084_087.pdf
著者 高田 真吾| 御舩 尚史| 光延 文裕| 岡本 誠| 西田 典数| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 横井 正| 谷崎 勝朗| 新谷 憲治| 谷本 光音|
抄録 症例は67歳,女性。以前からパーキンソン病にて加療されていたが,リハビリテーション目的で当院入院した.入院時白血球数,血小板数正常であったが,bromocriptine投与開始後白血球減少,血小板減少を認めた.薬剤性白血球減少症及び血小板減少症を疑い, bromocriptine投与中止するとともにfilgrastim投与により,白血球減少,血小板減少は改善した。誘発試験施行し白血球減少を認めた。Bromocriptineによる白血球減少症,血小板減少症の報告は少なく,我々の検索しえた範円内では本症例を含めて2例のみであった。Bromocriptineには安全性や神経保護作用に関して多くのデータの蓄積があるが,安全性に十分な注意が必要であると考えられた。
抄録(別表記) A 67-year-old woman had been treated for Parkinson's disease before. She was admitted to our hospital for rehabilitation. On admission the leukocyte count and the platelet count were normal. But routine blood studies began to show leukopenia and thrombocytopenia after administration of bromocriptine. We suspected drug-induced leukopenia and thrombocytopenia. After stopping bromocriptine therapy and administration of filgrastim, the leukopenia and the thrombocytopenia disappeared. She developed leukopenia again after provocation test with bromocriptine. There are few reports about bromocriptine-induced leukopenia and thrombocytopenia. To our knowledge, only 2 cases (including our case) of bromocriptine-induced leukopenia have been reported. Bromocriptine has much data about safety and neuroprotection. However, we must take care of the safety fully.
キーワード パーキンソン病 (Parkinson's disease) ブロモクリプチン (Bromocriptine) 白球血減少症 (Leukopenia) 血小板減少症 (Thrombocytopenia) フィルグラスチム (Filgrastim)
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 84
終了ページ 87
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308217
JaLCDOI 10.18926/14773
タイトル(別表記) ’あくび’と胸痛を訴えた気管支喘息の1症例
フルテキストURL 73_081_083.pdf
著者 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 We present a case of a patient with asthma who developed yawning associated with anterior chest pain. She was admitted due to severe anterior chest pain, wheezing and dyspnea. Although the frequency of the symptoms decreased, she began to experience frequent episodes of yawning at night accompanied by tears. While she experienced yawning, although PEF (peak expiratory flow) decreased, no asthmatic symptoms, such as wheezing or dyspnea were observed. The yawning was improved markedly by bronchodilators and a leukotriene receptor antagonist, and moderately improved by corticosteroids. We speculated that yawning is a clinical manifestation of asthma that responds to treatment.
抄録(別表記) 64歳の女性。1993年2月に高度の前胸部痛,職場,呼吸困難を主訴として入院した。入院後,前胸部痛,喘鳴,呼吸困難は徐々に軽快傾向であったが,夜間流涙を伴う`あくびが頻回に出現するようになった。`あくび'が出現する時には,喘息症状(喘鳴,呼吸困難)は伴わないが,ピークフローに低下を認めた。`あくび'に対する治療としては,気管支拡張剤,ロイコトリエン受容体結抗剤は著効,副腎皮質ステロイド剤は中等度 有効であった。`あくび'は治療に反応する喘息の-症状であることが示唆された。
キーワード yawning chest pain nocturnal dyspnea asthma
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 81
終了ページ 83
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308373
JaLCDOI 10.18926/14772
タイトル(別表記) Influences of aging and cigarette smoking on pathophysiology in elderly patients with asthma (2)
フルテキストURL 73_093_101.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正|
抄録 高齢者気管支喘息について.IgEにmediateされるアレルギー反応の特徴、臨床病態,肺機能(換気機能,ガス交換),気腫化傾向,治療上の問題点などを検討した. 1.高齢者喘息におけるIgE抗体の関与は予想外に多く,しかもアレルギーの家族歴を有する症例で特に高度であった。また,加齢とともに感作される抗原の種類が異なってくることが示唆された。 2.臨床病態では,単純性気管支攣縮型に比べ,気管支攣縮+過分泌型や細気管支閉塞型が増加する傾向が見られた。 3.肺機能では,airflow (% FVC,FEV1.0%)ゃlung volume(% RV)をあらわすパラメーターは,いずれも70才以上の症例で若青年者喘息に比べ有意に低下していることが示された。また,transfer factor(% DLco)も70才以上の症例では有意の低下傾向が見られた。 4.HRCT上の1950HU以下の肺の% UIAは,加齢とともに増加する傾向を示し,% RVの増加と同様肺の気腫化傾向が見られること,しかし,この現象が肺気腫へと移行することはないことが示された. 5.治療上では,薬物療法よりも気道の浄化を促す吸入や水中運動(温泉療法など)が重要であると考えられた。
抄録(別表記) Influences of aging and cigarette smoking on the pathophysiology in elderly patients with asthma was examined in relation to characteristics of IgE-mediated allergic reaction, clinical pathophysiology, pulmonary function (ventilatory function and gas exchange ability; DLco), emphysematous change of the lungs, and therapy for the disease. 1. Participation of IgE-antibodies in the onset mechanisms of elderly asthma was more predominant in patients with a family history of allergic desease than those without the family history. 2. Regarding asthma classified by clinical findings, the number of patients with hypersecretion or bronchiolar obstruction was larger than the number of those with simple bronchoconstriction type. 3. The values of parameters showing airflow (% FVC, FEV 1.0%) and lung volume (% RV), as well as the value of DLco, were significantly lower in elderly asthmatics compared to younger patients. 4. The low attenuation area (LAA) of the lungs <-950 HU on HRCT, showing emphysematous changes, as well as % RV, showed a tendency to increase as patient age become higher, however, these changes never shifted to emphysema. 5. In the treatment of elderly asthma, clear-up of the airways by inhalation and / or swimming training in a hot spring pool, but not by medication, is very important.
キーワード 高齢者喘息 IgE抗体 % RV % DLco 気腫可傾向
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 93
終了ページ 101
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308220
JaLCDOI 10.18926/14771
タイトル(別表記) 食道痛細胞におけるWntのベータカテ二ンTCF経路の活性化の検討
フルテキストURL 73_075_080.pdf
著者 水島 孝明| 越智 浩二| 江盛 康之| 谷岡 洋亮| 澤 公成| 藤岡 真一| 真治 紀之| 小出 典男| 谷崎 勝朗|
抄録 Although, accumulation of nuclear and cytoplasmic beta-catenin has been observed in ESCCs, mutation of APC and beta-catenin are not found in ESCCs. Therefore, another mechanism for cytoplasmic beta- catenin accumulation might exist in ESCCs. Materials and Methods: Human ESCCs cell lines and the 293 stable transfectants expressing Wnt-1, Wnt-5A, and Wnt-7A were cultured under standard conditions. The TOPFlash or FOPFlash reporter plasmids were transfected. Results: Transfected mutant beta-catenin as well as an axin fragment harbing the GSK3 beta interaction domain, the latter a potent GSK3 beta inhibitor. both robustly activated pTOPFlash in ESCCs cells. When pTOPFlash/pFOPFlash reporters were transfected in ESCCs cell lines followed by cocultivation with 293 cells that stably express Wnt -1, all cell lines except one demonstrated TCF mediated transcriptional. But, cells were co- cultured, Wnt - 7A or Wnt - 5A did not activate TCF mediated transcription in a cell number dependent fashion. Discussion; We report the activation of TCF promoter gene by extemal Wnt stimuli in ESCCs cells.
抄録(別表記) 背景:食道癌細胞にベータカテニンの蓄積があることは報告されているが,大腸癌とことなり,ベータカテニン,Axin,APC変異の報告がなく,そのメカニズムは不明である。 方法:8種類の食道癌細胞株において,3種類のWntの刺激によるベータカテニンTCF系の活性化への影響をTCFプロモーターを持つルシュフフェラーゼプラスミドを癌細胞にトランスフェクションして検討した。 結果:代表的な食道癌細胞は変異ベータカテニン,変異APC,変異Axinのいずれも,TCFの活性化をおこした。8種類中7種類の癌細胞はWnt1により量依存性のTCFの活性化が認められたが,Wnt5A,Wnt7Aでは活性化が認められなかった。 結語:食道癌の進展にWnt1の関与が示唆された。
キーワード esophageal carcinoma Wnt TCF beta-catenin
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 75
終了ページ 80
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308224
JaLCDOI 10.18926/14770
タイトル(別表記) QOL in OA patients
フルテキストURL 73_072_074.pdf
著者 横井 正| 千田 益生| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 西田 典数| 柘野 浩史| 岡本 誠| 永田 拓也| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 井上 一|
抄録 近年QOLが重視されるようになってきている。MOS short form 36 health survey(以下SF-36と略す)は,国際的レベルでの基準とされるべく開発された非疾患特異的HRQOL尺度である.今回,我々は当院でリハビリテーションをうけているOA患者を対象に温泉療法の効果をSF-36を用いてQOLの変化を調べたoSF-36の8項目をそれぞれ算出し,温泉療法前後でのQOLの比較を行った。pCSは36.4から37.1へ,MCSは53.0から55.4へ上昇したことより,身体・健東面ともに効果があると考えられた。
抄録(別表記) We have recently regarded the QOL as an important index in the treatment of disease. SF-36 is a measure of HRQOL made as an international standard. We investigated the QOL in OA patients who underwent rehabiritation in our hospital using SF-36. We calculated PCS and MCS of SF-36. PCS went up from 36.4 to 37. 1. MCS went up from 53.0 to 55.4. The spa therapy for OA patients is effective.
キーワード SF-36 生活の質 (Quality of Life) 関節症 (Osteoarthritis)
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 72
終了ページ 74
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308372
JaLCDOI 10.18926/14769
タイトル(別表記) The level of plasma BNP continued remarkably high in the elderly presented with old myocardial infarction.
フルテキストURL 73_064_071.pdf
著者 西田 典数| 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 永田 拓也| 横井 正| 中井 睦郎| 槇野 博史| 谷崎 勝朗|
抄録 心不全が比較的良好にコントロールされているのにもかかわらず,高齢の陳旧性心筋梗塞後患者等で脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の異常高値が持続する場合がある.今回,また超高齢の心不全患者で同所見を認めたので,考察を含めて報告する. 93歳高齢の陳急性心筋梗塞患者で,BNP1600-1200の著明な高値が持続した.主に心尖部と一部の前側壁の陳旧性心筋梗塞症であったが,利尿薬等による治療によって心不全はコントロールできており,救急入院時を除いては,鬱血性心不全の状態ではなかった.心願超音 波検査でも心内圧の上昇や下大静脈の拡張も認めなかった.利尿薬を増量するとむしろ脱水による腎機能障害の増悪を認めていた. 入院中に狭心痛を認めることがあり,心筋逸脱酔素の軽度の上昇を認めた.BNPの著明な高値持続は,陳旧性心筋梗塞後の心臓機能障害や左室肥大,僧帽弁閉頚不全等による慢性心不全・心負荷のための心筋でのBNP合成・分泌元進の他に,新たな小梗塞(非貫壁性心筋梗塞)や持続する無症候性の心筋虚血による心筋でのBNP合成・分泌亢進,高齢によるBNPクリアランスの低下と分泌の持続的亢進,慢性腎機能障害によるBNPクリアランスの低下,心筋障害後の心筋再構築(リモデリング)の訳節と心筋繊維化抑制の為に合成が元進していると考えられる.更に,いわゆる老人肺・慢性呼吸機能低下による右心系の負荷による心室からの分泌元進,ステロイドホルモン内服による鉱井コルチコイド作用,貧血,低栄養状態等の様々な要因が重なっているものと考えられた. 心臓でBNPの産生・分泌が亢進するのは,心不全に伴う全身の体液量バランスや血行動態等の悪化を改善,調節するためだけではなく,心臓自身のリモデリングの調節・抑制,再構築の調薪のため,さらには心臓・心筋の繊維化や拡張障害の増悪を抑制するための自己防衛 機構としても機能している.心臓は,単に循環系のポンプではなく,利尿ペプチドホルモンを分泌する内分泌器官でもある. 一般的に加齢に伴いBNPは上昇してくる.特に70歳以上の高齢者では顕著になる.考察ではその点についても新たな文献的考察も含めて報告し,高齢者のBNPの捉え方と治療についても述べる.
抄録(別表記) The level of plasma BNP (Brain Natriuretic Peptide) increases with many factors, especially among the elderly. The heart increases the secretion of BNP to improves and maintains body fluid balance and hemodynamic state. Furthennore, BNP works as the mechanism for self-protection in order to control remodeling the heart itself as well as to protect the heart from fibrotic progression and dyastolic dysfunction. The heart acts not only as the cardiovascular pump but also as the endocrine organ which secretes diuretic peptide honnones.
キーワード bronchial asthma spa therapy perilla seed oil alpha -linolenic acid Leukotriene C4
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 64
終了ページ 71
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308534
JaLCDOI 10.18926/14768
タイトル(別表記) 気管支喘息に対する温泉療法とα-リノレン酸強化食の効果
フルテキストURL 73_055_063.pdf
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 谷本 光音|
抄録 N-3 fatty acids are reportedly effective for asthma. In addition, spa therapy has been reported to be effective for patients with asthma. In the present study, the effects of spa therapy combined with perilla seed oil- rich diet (rich in n-3 fatty acid)were examined on asthma. A total of 14 asthmatic patients had a complex spa therapy and consumed a perilla seed oil- rich diet - rich in a -linolenic acid (alpha-LNA) for 8 weeks. Generation of leukotriene (LT) C4 by leucocytes, respiratory function were analyzed. The generation of LTC4 by leucocytes decreased significantly for 2, 4 and 8 weeks (P<O.05). Peak expiratory flow (PEF) values increased significantly for 2,4, 6 and 8 weeks (P<O.05). The values of ventilatory parameters [forced vital capacity (FVC) , forced expiratory volume in one second (FEV(1)) forced expiratory flow after 25% of expired FVC (FEF(25)), forced expiratory flow after 75% of expired FVC (FEF (75)) • mean expiratory flow during the middle half of the FVC (FEF(25-75)) ] revealed a significant increase after 4 and 8 weeks of the modified diet (P<O.05). The results suggest that spa therapy combined with a perilla seed oil- rich diet are effective in the treatment of asthma in terms of its ability to suppress LTC4 generation by leucocytes, and in inducing an improvement of pulmonary function.
抄録(別表記) N-3系脂肪酸は喘息に有効であることが報告されている。また喘息に対する温泉療法の有効性も報告されている。今回我々は温泉療法とn-3系脂肪酸を多く含むエゴマ油食の喘息に対する効果を検討した。14名の喘息患者に温泉療法及びα-リノレン酸(n-3系)を多く含むエゴマ油食の摂取を8週間行い,その間の白血球ロイコトリエンC 4(LTC4)の産生能と呼吸機能の変化を検討した。 その結果白血球LTC4の産生能は治療開始2過後より4,8過後と抑制された(P<0.05)Oピークフロー値(PEF)は治療2,4,6,8週後に有意な増加がみられた(P<0.05)。また呼吸機能[努力肺活量(FVC),1秒量(FEV(1)),FEF(25),FEF(75),FEF(25-75)]は治療開始4過,8過後に有意に改善した(P<0.05)。これらの結果より温泉療法とエゴマ油食は白血球LTC4の産生能を抑制することにより,呼吸機能を改善させ,気管支喘息の治療に有効であることが示唆された。
キーワード bronchial asthma spa therapy perilla seed oil alpha -linolenic acid Leukotriene C4
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 55
終了ページ 63
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308428
JaLCDOI 10.18926/14767
タイトル(別表記) 高齢者喘息のIgEにmediateされるアレルギー反応におよぽす喫煙の影響
フルテキストURL 73_049_054.pdf
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗|
抄録 The influence of cigarette smoking on the pathophysiology of asthma in the elderly remains controversial. In this study, the inluence of cigarette smoking on IgE - mediated allergy including the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) was examined in forty asthmatics over the age of 70 years (20 ex-smokers and 20 never-smokers), and 20 patients with pulmonary emphysema over age 70 (all ex - smokers). The frequency of patients with serum IgE more than 200 IU/ml was significantly larger in smoking asthmatics than in non - smoking asthmatics. The incidence of patients with positive RAST score for inhalant allergens, was also significantly higher in patients with a history of smoking than in those without a smoking history. There were no significant differences in the frequency of patients with positive RAST and those with serum IgE more than 200 IU/ml between non-smoking asthmatics and patients with pulmonary emphysema. The generation of leukotriene B4 (LTB4) by leukocytes was significantly more increased in ex-smokers than in never-smokers in the elderly asthmatics. The results suggest the possibility that cigarette smoking enhances IgE - mediated allergy in elderly patients with asthma.
抄録(別表記) 高齢者喘息の病態に対する喫煙の影響については,なお不明な点が多い。本研究では,70歳以上の気管支喘息40例(喫煙歴20年以上の症例20例,非喫煙症例20例)および70歳以上の肺気腫20例(全例喫煙者)を対象に,IgE-mediatedallergy(LTB4,LTC4の産生を含む)に対する喫煙の影響について検討した。血清IgE値が200IU/ml以 上を示す症例の頻度は,喘息の喫煙例で非喫煙例や肺気腫症例と比べ有意に高い値を示した。吸入抗原に対する特異的IgE抗体が陽性を示す症例の頻度は,喘息の喫煙例で非喫煙例や肺気腫に比べ有意に高い値を示した。しかし,血清IgEが200IU/ml以上の症例の頻度およびRAST陽性例の頻度は,喘息の非喫煙例と肺気腫例の間には有意 の差は見られなかった。LTB4の産生は,喘息の喫煙例で,非喫煙例と比べ有意の亢進が見られた。また,肺気腫例では,喘息の非喫煙例に比べ,有意に高い産生が見られた。しかし,LTC4の産生には喘息の喫煙例,非喫煙例,肺気腫例の間に有意の差は見られなかった。
キーワード cigarette smoking IgE - mediated allergy LTB4 LTC4 generation elderly asthmatics
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 49
終了ページ 54
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308483
JaLCDOI 10.18926/14766
フルテキストURL 73_044_048.pdf
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 The influence of cigarette smoke on pulmonary function, airflow, lung volume, and transfer factor in patients with asthma was examined in 40 subjects over the age of 70 years (20 ever-smokers and 20 never-smokers), and 20 patients with pulmonary emphysema over age 70 (all ex-smokers). The ventilatory parameters showing airflow limitation (% FEV(1) and FEV(1)%) were not significantly different between ever-smokers and never-smokers of elderly asthmatics. In contrast, % FEV(1) and FEV(1) % values were significantly lower in patients with pulmonary emphysema than in those with asthma with or without a history of smoking. The % RV value was significantly larger and % DLco value was significantly more decreased in ever-smokers compared with neversmokers of the elderly asthmatics. However, there were no significant differences in % RV and % DLco values between asthmatics with a history of smoking and patients with pulmonary emphysema. The results show that cigarette smoke inflluences % RV and % DLco, but not % FEV(1) and FEV(1) %, suggesting airflow limitation of large and moderate size airways.
抄録(別表記) 高齢者気管支喘息40例(20年以上の喫煙者20例,非喫煙者20例)および肺気腫(全症例喫煙者)20例を対象に,長期間喫煙の肺機能,airflow,lung volume およびlung transfer factor,に及ぼす影響について検討した。まずFVC値は,喘息の喫煙例,非喫煙例,および肺気腫症例の間に有意の差は見られなかった。% FEV(1)およびFEV(1)/FVC値は,喫煙例,非喫煙例いずれの喘息症例も肺気腫と比 べ有意に高い値を示したが,喘息の喫煙例と非喫煙例の間には有意差は見られなかった。一方,% RVおよびDLco値は,喘息の非喫煙例に比べ,喫煙例および肺気腫症例で有意に低い値を示した。 これらの結果は,長期間の喫煙は% FEV(1)やFEV(1)/FVCにはあまり影響しないこと, しかし,% RVや% DLcOにはかなり影響することを示している。
キーワード cigarette smoking FEV(1) % % RV % DLco elderly asthmatics
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 44
終了ページ 48
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308159
JaLCDOI 10.18926/14765
フルテキストURL 73_039_043.pdf
著者 保崎 泰弘| 光延 文裕| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 福田 哲也| 白鳥 康史|
抄録 糖尿病や閉塞性動脈硬化症(ASO)の患者に合併する難治性潰瘍や壊疸の予知,予防を目的として高齢者の末梢循環の観察を行った. 下肢に冷え症,しびれ感,神経痛,歩行障害等を有し温泉療法を希望した患者21例(年齢58-78歳,平均年齢71.4歳)について,下肢の末梢循環障害の程度をレーザードプラー血流計を用いて評価した。測定は20℃冷水負荷後30分後に,末梢皮膚血流量について測定を行った。 レーザードプラー血流計で得られた結果は左右足趾始起部5カ所,計10カ所の平均値で表した。7例については1年後に再測定を行った.14例についてはプロスタグランディン製剤(ベラプロスト)を投与し3ケ月後に再測定を行った。 1.自然経過群の7例(平均年齢73.0歳)は初回測定時の血流量は1.82±0.98であった。2回目測定時は1.59±0.40であった。血流量の低下傾向を認めたが有意差を認めなかった。 2.一方,ベラプロスト内服群の14例(平均年齢70.6歳)は初回測定時の血流量は1.27±0.35であった。2回目測定時には1.62±0.51であった。血流量の増加を認めた(P<0.0002)。 3.両群について,3ヶ月当たりの変化率で比較したところ自然経過群は3ヶ月当たり-1.7%の低下傾向を示した。一方,ベラプロスト内服群は+15.4%の増加(p<0.02)を示 した。 4.プロスタグランディン製剤の内服中であっても加齢と共に末梢循環血流Iが低下する症例があり温泉療法を含めた集学的治療の必要性が示唆された。
キーワード 加齢 (aging) 末梢循環 (Peripheral circulation) 動脈硬化 (arteriosclerosis) レーザードプラー血流計 (Laser-Doppler blood flowmetry) ベラプロスト (beraprost)
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 39
終了ページ 43
ISSN 1348-1258
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308363
JaLCDOI 10.18926/14764
タイトル(別表記) lgEにmediatedされるアレルギ反応― 、肺機能、HRCT上の肺のlow attenuatjonarea (LAA)、およびLTB4,LTC4産生から見た喘息の病態に対する加齢の影響
フルテキストURL 73_031_038.pdf
著者 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 The influence of aging on the pathophysiology of asthma in the elderly was examined in 40 patients (20 younger asthmatics under the age of 50 years, mean age 32.5 years and 20 elderly asthmatics over the age of 70 years, mean age 74.3 years), relating to IgE - mediated allergy, pulmonary function, low attenuation area (LAA) of the lungs on HRCT, and the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by leukocytes. The frequency of patients with serum IgE of more than 200 IU/ml, and the incidence of those with a positive RAST score for inhalant allergens were significantly higher in younger patients than in elderly subjects. The values of % FVC, % FEV1 and FEV 1% were significantly larger in younger patients compared with elderly subjects. The % RV was significantly larger in elderly patients than in younger patients, however, the difference in % DLco was not significant between the two age groups. The LAA of the lungs on HRCT and the ratio of expiratory LAA (exp LAA) to inspiratory LAA (ins LAA) were also significantly larger in elderly asthmatics than in younger subjects. The generation of LTB4 and LTC4 was larger in younger patients than in elderly subjects, and LTB4 generation was significantly larger in younger subjects compared with elderly subjects. These results suggest that changes in IgE-mediated allergy, airflow and lung volume accompanied with hyperinflation are often observed in elderly asthmatics.
抄録(別表記) 70歳以上の気管支喘息20例(平均年令74.3歳)および50歳以下の気管支喘息20例(32.5歳)を対象に,IgEにmediateされるアレルギー反応,肺機能,HRCT上の肺のLAAの程度,白血球によるLTB4,LTC4産生などに対する加齢の影響について検討した。血清IgE値が200IU/ml以上の症例の頻度および吸入抗原に対するRAST scoreが陽性を示す症例の頻度は,いずれも若青年者喘息で高齢者喘息と比べ有意に高い傾向を示した。 % FVC,% FEV(1),FEV(1) % 値はいずれも若青年者喘息で高 齢者喘息に比べ有意に高い値を示し,また,% RVは高齢者で有意に高い値が示された。一方,% DLcoは両者間に有意の差は見られなかった。 HRCT上の% LAAおよびLAA比(呼気/吸気)いずれも高齢者喘息で有意に高い値を示し,加齢により肺のLAAが明らかに影響を受けることが判明した。LTC4の産生は若青年者喘息でやや高い値が示されたが,高齢者との間に有意差は見られなかった。一方,LTB4産生は,若青年者喘息で高齢者喘息と比べ有意に高い値が示された。これらの結果は,70歳以上の高齢者喘息では加齢による影響を広範囲にわたり受けている可能性が高いことを示している。
キーワード IgE-mediated allergy pulmonary function elderly asthmatics HRCT % RV
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 31
終了ページ 38
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308601
JaLCDOI 10.18926/14755
タイトル(別表記) 高齢者喘息における喫煙による気道過敏性の亢進について
フルテキストURL 73_025_030.pdf
著者 光延 文裕| 保﨑 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗|
抄録 Influence of cigarette smoking on the pathogenesis of asthma in the elderly remains controversial. This study was undertaken to clarify the influence of cigarette smoking on IgE-mediated allergy, bronchial hyperresponsiveness, and the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by leukocytes in 48 elderly patients (25 patients with a history of smoking for more than 20 years and 23 never-smokers) with asthma over the age of 70 years. 1. The incidence of positive IgE antibodies for inhalant allergens was significantly higher in asthmatics with a history of smoking than in never-smokers of asthmatics. 2. In bronchial hyperresponsiveness for methacholine, the Cmin was significantly lower in ever-smokers than in never-smokers of elderly asthmatics. 3. The generation of LB4 was significantly increased in patients with a history of smoking compared with those without a smoking history. However, the difference in LTC4 generation was not significant between ever-smokers and never-smokers of asthmatics. These results suggest that cigarette smoking increases bronchial hyperresponsiceness through IgE-mediated allergy and LTB4 generation.
抄録(別表記) 高齢者喘息の病態におよぽす喫煙の影響についてはなお不明な点が多い。本論文では,IgEにmediateされるアレルギー反応,気道過敏性,ロイコトリエンB4 (LTB4),C4(LTC4)産生に及ぼす喫煙の影響について,48例(20年以上の喫煙歴のある症例25例,非喫煙例23例)の70歳以上の高齢者喘息症例を対象に検討した。 1.吸入抗原に対する特異的IgE抗体の陽性頻度は,喫煙歴のある症例で,非喫煙例と比べ有意に高い値を示した。 2.メサコリンに対する気道過敏性の検討では,平均Cminは,喫煙例(949μg/ml)において非喫煙例(1677μg/ml)に比べ有意に低い値 を示し,喫煙例でより気道の過敏性が高いことが示された。 3.LTB4の産生は喫煙例で非喫煙例に比べ有意に高い傾向を示したが,LTC4に関しては両群間に有意の差は見られなかった。以上の 結果より,長期間の喫煙は,IgEにmediateされるアレルギーやLTB4産生の亢進などを通じて気道過敏性を亢進させる可能性が示唆された。
キーワード cigarette smoking IgE - mediated allergy elderly asthmatics bronchial hyperresponsiveness
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 25
終了ページ 30
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308038
JaLCDOI 10.18926/14753
タイトル(別表記) 高齢者喘息における HRCT 上の肺の low attenuation area (LAA) に及ぼす長期間喫煙の影響.肺気腫症例との比較.
フルテキストURL 73_019_024.pdf
著者 光延 文裕| 保﨑 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗|
抄録 The influence of cigarette smoking on the pathophysiology in elderly patients with asthma. Forty asthmatics over the age of 70 years (20 ex-smokers and 20 never-smokers), and 20 patients with pulmonary emphysema over age 70 (all ever-smokers) were studied to determine the influence of cigarette smoke on the low attenuation area (LAA) <-950 HU (RA950) of the lungs on high resolution CT (HRCT) scans, and the ratio of expiratory LAA to inspiratory LAA of the lungs in relation to pulmonary function. The LAA value was significantly higher in patients with pulmonary emphysema compared with ever-smokers of asthmatics. The LAA ratio was significantly higher in ever-smokers than in never-smokers of asthmatics, and the ratio was less than 0.5 in all never-smokers, and the ratio was more than 0.5 in 10 of 20 ever-smokers of asthmatics and in all patients with pulmonary emphysema. The % RV (residual volume) was significaltly larger and % DLco (diffusing capacity for carbon monoxide) was significantly lower in subjects with the ratio more than 0.5 than in those with the ratio less than 0.5. These results suggest that cigarette smoke influences LAA of the lungs in relation to % RV value and % DLco value.
抄録(別表記) 70歳以上の気管支喘息40例(20例喫煙者,20例非喫煙者)および肺気腫20例を対象に,長期間喫煙のHRCT上の-950 HU以下の肺のlow atenuation area(LAA)に及ぼす影響について検討した。 HRCT上の肺の% LAAは,喘息の喫煙例で非喫煙例に比べ有意に高い値を示した。また,この% LAAは,肺気腫症例で喘息の喫煙例に比べさらに高い値を示した。LAA比(呼気時LAA/吸気時LAA)は,職息症例では喫煙例で非喫煙例比べ有意に高い値を示したが,肺気腫症例ではさらに高い値を示した。LAA比0.5以上を示す症例は,喘息の非喫煙例では見られず,喫煙例で20例中10例,肺気腫症例では全例に見られた。そして,喘息喫煙例でLAA比が0.5以上を示す症例は,0.5以下の症例に比べ,% RVは有意に高く,また% DLcoは有意に低い値を示した。しかし,% RV,% DLco値いずれも喘息のLAA比0.5以上の症例と肺気腫の間には有意差は見られず,喘息における喫煙の影響の高いことが示唆された。
キーワード cigarette smoking high resolution CT % RV % DLco elderly asthmatics
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
発行日 2003-02-01
73巻
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 1348-1258
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308216