このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14914
JaLCDOI
Sort Key
12
タイトル(別表記)
Evaiuation of spa therapy by questionnaire. Characteristics of patients from distant areas.
フルテキストURL
著者
西村 伸子 岡山大学医学部附属病院二勤分院看護部
寺崎 佳代 岡山大学医学部附属病院二勤分院看護部
山本 貞枝 岡山大学医学部附属病院二勤分院看護部
吉尾 慶子 岡山大学医学部附属病院二勤分院看護部
中村 寿美江 岡山大学医学部附属病院二勤分院看護部
谷崎 勝朗 岡山大学三朝分院内科
抄録
1999年4月~12月の9ケ月間の遠隔地からの入院患者80名(痔痛性疾患47例,呼吸器疾患33例)を対象に,岡大三朝分院に来院した動機,入院前の状態,温泉療法の効果,薬剤の変化,退院決定の動機等について退院前にアンケート調査を行い検討を加えた。対象症例の年齢は60才以上の高齢者力て多く,入院期間は1ケ月~2ケ月末満が多い傾向であった。入院前の状態では,今までの治療に不満,限界を感じて来院している症例が71例(88.7%)を占めていた。地域別では広島,大阪,京都,兵庫からの来院か多く,その他18都府県に及んでいた。アンケート結果では,疾患別による若干の傾向と,温泉療法に対する評価として症状の改善が見られ,また,使用薬剤の減量の可能性が示唆された。
抄録(別表記)
Clinical evaluation of spa therapy was examined in 80 patients with respiratory disease and with joint pain including lumber pain, who came from distant areas (outside Tottori prefecture) and were admitted at Misasa Hospital by questionnaire in relation to a motive of admission, effects of spa therapy, dose of medication, a motive of discharge. In many of these patients, the age was over 60 years and duration of their admission was from two to three months. Seventy-one- (88.7%) of the 80 patients were admitted at our hospital because they were not satisfactory for the treatment of asthma which they had before. The number of patients from Hiroshima, Osaka, Kyoto, and Hyogo, prefectures was larger than the number from other distant areas. The results of the questionnaire suggest that improvement of symptoms and reduction of drugs used are ecpected by spa therapy.
キーワード
遠隔地 (distant area)
温泉療法 (spa therapy)
アンケート (questionaire)
呼吸器疾患 (respiratory disease)
疼痛性疾患 (pain disease)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
2001-02-01
71巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, OKayama University Medical School
開始ページ
84
終了ページ
88
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc