著者 岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1993-06
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
64巻
資料タイプ その他
著者 松原 扶美恵| 遠藤 裕井| 井上 妙子| 貴谷 光| 谷崎 勝朗|
発行日 1993-06
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
64巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/15337
タイトル(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans in bronchial asthma
フルテキストURL 064_116_124.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介|
抄録 カレジダ特異的IgG及びIgG(4)抗体が,気管支喘息の発症病態に関与しているかどうかについて検討を加えた。カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は, 0-30才の年齢層の症例ではアトピー性素因の強い症例で,また,31-60才の年齢層の症例ではストロイド依存性重症難治性喘息症例で,さらに61才以上の高年令の症例で,その産生亢進が観察される。これらの症例におけるIgG及びIgG(4)抗体産生は,0-30才の年齢ではアトピーとの関連で,また31-60才の年齢では副腎皮質ホルモンの長期投与と関連して,さらに61才以上の症例では加齢と関連して,細胞性免疫能が低下し,そのためカンジダの発育が促進され,その結果として,IgG及びIgG(4)抗体の産生亢進が見られることが明らかにされている。すなわち,気管支喘息におけるカンジダに対するIgG系抗体の産生亢進は,cell-mediated immunityの低下と言う共通の基盤を有しており,病因的意義とは必ずしも関連していないことを述べた。
抄録(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans was discussed in patients with bronchial asthma. An increased production of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans has been observed in patients with atopic between the ages of 0 and 30, those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 61, and elderly patients over the age of 61. The mechanism of an increased production of IgG and IgG(4) antibodies seems to be related to atopy in patients between 0 and 30, long-term glucocorticoid therapy in those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 60, and aging in elderly patients over age 61. Atopy, glucocorticoid therapy and aging in general suppress cell-mediated immunity, and suppressed cell-mediated immunity increases growth of C. albicans in patient's body, leading to an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans. These results show that an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans is not always related to the pathogenesis of bronchial asthma.
キーワード カンジダ (Candida) lgG抗体 (IgG antibodies) IgG(4)抗体 (IgG(4) antibodies) アトピー (Atopy) 気管支喘息 (Bronchial asthma)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 116
終了ページ 124
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307381
JaLCDOI 10.18926/15334
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Spa therapies effective for bronchial asthma and problems in future.
フルテキストURL 064_105_110.pdf
著者 谷崎 勝朗|
抄録 気管支喘息に対する温泉療法の作用,あるいは効果は,直接作用と間接作用,局所作用と全身作用,即時的効果と遠隔効果などに分類される。気管支喘息に対する温泉療法の直接作用としては,呼吸器症状およびそれに関連した検査成績の改善として,また間接作用としては副腎皮質機能の改善作用がみられる。一方,気管支喘息に有用な温泉療法としては,温泉プール水泳訓練,ヨードゾル吸入療法,および鉱泥湿布療法などが明らかにされており,現在これらの温泉療法を組み合わせた複合温泉療法が行われている。気管支喘息はその臨床病態より,Ia-1.Ia-2,Ib,およびII型に分類される。このうち,特にIb型やII型は薬物療法のみではコントロールし難い重症難治性喘息を多く含んでいる。温泉療法は,気管支喘息全般に有効であるばかりでなく,特に薬物療法のみではコントロール困難なIb型やII型の喘息に対しても有効である。しかし,今後新たに気管支喘息に有用な温泉療法を考案して行かねばならない。
抄録(別表記) Actions or effects of spa therapy on bronchial asthma are divided as follows : direct and indirect actions, actions for organs and whole body, and immediate and distant effects. Direct actions of spa therapy on asthma are observed in improvement of clinical symptoms and examination results related to clinical symptoms, and indirect actions of the therapy are found in improvement of suppressed function of adrenocortical glands. It has been clarified that swimming training in a hot spring pool, inhalation of iodine salt solution, and fango therepy are effective in patients with asthma. The combination of these three spa therapies is now administered for the treatment of asthma. Bronchial asthma is classified into four types accoding to clinical symptoms : Ia-1, Ia-2, Ib, and II. Type Ib and type II asthma include many of intractable asthma, and spa therapy is effective even in these intractable asthma that is difficult to control without glucocorticoids. It is necessary to develop newly devised spa therapy that is more effective in patients with asthma.
キーワード 温泉療法 (Spa therapy) 温泉プール水泳訓練 (Swimming training in a hot spring pool) ヨードゾル吸入 (Inhalation of iodine salt solution) 鉱泥湿布療法 (Fango therapy) 気管支喘息 (Bronchial asthma)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 105
終了ページ 110
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307660
JaLCDOI 10.18926/15333
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Inhalation therapy with hot spnng water and iodine salt solution
フルテキストURL 064_111_115.pdf
著者 谷崎 勝朗|
抄録 慢性閉塞性呼吸器疾患,特に気管支喘息に対する温泉療法は.温泉療法そのものの効果以外に,温泉保養地の周囲環境が疾患に極めて良好であるという利点を有している。温泉水やヨードゾルによる吸入療法は,気管支喘息に対して有効であるが,治療効果をより良好なものにするためには,各喘息症例の気道内病態を十分把握しておく必要がある。板状貯留を呈する過分泌型喘息や細気管支閉塞型喘息に対しては,吸入療法の効果は一般的に低い。代表的なヨー ドゾル吸入療法の臨床効果は,気管支喘息20例中,著効4例(20%),有効11例(55%),やや有効4例(20%),無効1例であった。
キーワード 温泉療法 (Spa therapy) 吸入療法 (Inhalation therapy) 温泉水 (Hot spring water) ヨードゾル (lodine salt solution) 気管支喘息 (Bronchial asthma)   
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 111
終了ページ 115
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307467
JaLCDOI 10.18926/15332
タイトル(別表記) 気管支肺胞洗浄液中リンパ球増多と患者年齢およびIgE系アレルギー反応との関連について
フルテキストURL 064_097_104.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 The proportion and number of lymphocytes in the airways were analyzed in 15 patients with a high proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid (more than 30%) and in 17 patients with less than 20% of BAL lymphocytes. 1. Both atopic and nonatopic asthma patients with a high proportion of BAL lymphocytes were aged more than 50 years. In contrast, the age of patients with less than 20% of BAL lymphocytes ranged widely, from 29 to 63 years, in the two asthma types. 2. Age at onset of the disease, serum IgE levels, and ventilatory function test were not related to the proportion of BAL lymphocytes. 3. In patients with a high proportion of BAL lymphocytes, the mean proportion of these cells was 47.3% in atopic patients and 36.4% in non-atopic patients, i. e., there was no significant difference between the two asthma types. The absolute number of BAL lymphocytes in these patients was significantly higher in atopic (5.62×10(6)) than in nonatopic asthma (0.77×10(6)) (p<0.01). These findings show that an increased number of lymphocytes in the airways is clearly related to patient age and IgE-mediated allergic reaction.
抄録(別表記) 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度が30%以上の15例および20%以下の17例の気管支喘息患者を対象に,BAL液中リンパ球頻度と年齢およびIgE系反応との関連について検討を加えた。1.BALリンパ球が高頻度(30%以上)を示す症例は,アトピー型,非アトピー型を問わず,50才以上の年齢層に多い傾向が見られた。一方,BALリンパ球20%以下の症例の年齢は,29-63才まで幅広く分布していた。2.発症年齢,血清IgE値,換気機能とBAL液中リンパ球頻度との間には関連は見られなかった。3.BAL液中リンパ球頻度が高い症例では,アトピー型では平均リンパ球頻度は47.3%,非アトピー型では36.4%であったが,両群間には有意の差は見られなかった。しかし,BAL液中のリンパ球の絶対数は,アトピー型(5.62×10(6))において,非アトピー型(0.77×10(6)) に比べ有意に高い値を示した(p<0.01)。これらの結果は,気道内リンパ球の増加は,患者年齢とIgE系反応と密接に関連していることを示唆している。
キーワード BAL lymphocytes patient age IgE-mediated allergic reaction bronchial asthma
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 97
終了ページ 104
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307637
JaLCDOI 10.18926/15320
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道の反応性および炎症反応におよぼす加齢の影響について
フルテキストURL 064_089_096.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function, cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and release of chemical mediators from leucocytes were examined in 25 older asthmatics (mean age 66.7 years) and 25 younger asthmatics (mean age 45.1 years) in relation to clinical asthma types. 1. Ventilatory function tests showed that the values of ventilatory parameters such as % MMF, % V(50) and % V(25) were lower in older subjects than in younger subjects, and a significant difference was found in the % V(50) value between the two age groups. Regarding clinical asthma types, the values of % MMF, % V(50), and V(25) were significantly lower in both younger and older subjects with type II. 2. In analysis of cellular composition in BAL fluid, the proportion of BAL lymphocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type. A significantly increased proportion of BAL neutrophils was observed in both younger and older subjects with type II. 3. The release of leukotriene C(4) (LTC(4)) from leucocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type, and LTC(4) release in patients with type II was also significantly lower than that in those with other asthma types in both younger and older subjects. The release of histamine and leukotriene B(4) (LTB(4)) from leucocytes was not significantly different between the two age groups. These results demonstrate that ventilatory function, cellular composition in BAL fluid, and the release of chemical mediators from leucocytes are affected by aging and clinical asthma types.
抄録(別表記) 25例の老年者気管支喘息と25例の若壮年者喘息症例を対象に,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などの気道反応と関連した要素について,喘息の臨床病型との関連のもとに検討を加えた。 1. % MMF, % V(50), % V(25)などの換気パラメーターは老年症例において全般的に低く, % V(50)では若壮年症例に比べ有意の低値を示した。臨床病型別では,II型喘息において,両年齢群とも他の病型に比べ% MMF, % V(50)及び% V(25)値は有意に低い傾向が見られた。 2. 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ有意に低い値を示した。BAL液中好中球頻度は,いずれの年齢群においても,他の病型に比べ有意に高い値を示した。 3. 白血球からのLTC(4)遊離は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ,また他の臨床病型に比べ有意に低い値を示した。ヒスタミンおよびLTB(4)遊離には両年歯群間に有意の差は見られなかった。これらの結果は,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などが,加齢や臨床病態により影響を受けることをある程度示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Cellular composition in BAL fluid (気道内細胞成分) chemical mediators (化学伝達物質) aging (加齢) clinical asthma type (臨床病型)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 89
終了ページ 96
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307744
JaLCDOI 10.18926/15319
タイトル(別表記) Effects of vitamin D and exercise on bone mineral density (BMD) measuured by QCT
フルテキストURL 064_071_074.pdf
著者 平松 順一| 瓦家 正志| 横田 聡| 杉本 啓介| 光延 文裕| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 40才~84才(平均64.1才)の患者38例における骨塩量を,ある期間(1~15カ月,平均8.2カ月)をおいて2回,定量的QCT(quantitative computed tomography)法を用いて測定し,その経時的変化によって,骨粗鬆症に対する治療法の効果判定を試みた。その結果,(1)全体として骨塩量に有意の増加は認められなかった。(2)骨強化剤使用例についても骨塩量に有意の増加は認められなかった。(3)運動療法施行者においても骨塩量に有意の増加は認められなかった。以上のことから骨粗鬆症の治療においては,約1年弱の経過では著明な反応は得られにくいものと思われた。ただし,一部の運動療法施行者,骨強化剤使用者において,骨塩量の著明な上昇が認められており,さらに経時的な観察が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured twice in 38 patients aged 40 to 84 years old for the last one year to evalute the effects of vitamin D and exercise on BMD. 1) In all patients, The BMD did not significantly increase. 2) In patients with vitamin D for osteoprosis, the BMD did not significantly increse compared to those without the drug. 3) In patients with exercise therapy, the BMD did not show any significant increase compared to those without exercise.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoprosis) 定量的QCT法 (QCT) 加齢 (Aging) 運動療法 (Exercise) ビタミンD (Vitamin D)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307358
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
JaLCDOI 10.18926/15315
タイトル(別表記) Effects of the spring water on the dissolution of aminophylline tablet and theophylline sustained-release preparations
フルテキストURL 064_060_064.pdf
著者 三牧 祐一| 藤井 義博| 古野 勝志| 五味田 裕| 荒木 泰典| 谷崎 勝朗|
抄録 薬物のbioavailabilityに影響する因子の一つとして,製剤からの薬物の溶出速度が考えられる。今回,温泉水による薬物溶出への影響を知る目的で,気管支喘息治療薬のアミノフィリン製剤およびテオフィリン徐放製剤の溶出挙動について検討した。溶出試験は第12改正日本薬局方に従い,第1法(回転バスケット法)および第2法(パドル法)で行い,試験液を蒸留水および三朝温泉水として両者の溶出挙動を比較した。アミノフィリン製剤では,10分後まで 温泉水の方が有意に高い溶出率を示した。また,テオフィリン徐放製剤においても温泉水が8時間後まで蒸留水に比べて有意に高い溶出率を示した。以上の結果より,アミノフィリン製剤およびテオフィリン徐放製剤は温泉水により薬物の溶出が促進されることか示唆された。
キーワード 溶出試験 (Dissolutionte test) 温泉水 (Spring water) 気管支喘息治療薬 (Bronchial asthma therapeutic drug)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 60
終了ページ 64.
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307434
JaLCDOI 10.18926/15314
タイトル(別表記) 気管支肺胞洗浄液中に一過性の好中球増多をきたしたアトピー型喘息
フルテキストURL 064_052_059.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 中桐 善康| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Clinical course of one asthma patient (64 years old, female), who had an increased proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, was observed in relation to the proportion of BAL cells and ventilatory function. The patient had large asthma attacks two times during her clinical course for 15 months observed. 1. An increased proportion of BAL neutrophils and suppression of ventilatory function were found after her first large asthma attacks. The increased proportion of BAL neutrophils continued for more than 5 months. A reduction in the proportion of BAL neutrophils was found 3 months after her second large asthma attack, accompanied by improvement of clinical symptoms and ventilatory function. The numbers of total cells and neutrophils in BAL fluid were also reduced. Transient increase in number of BAL lymphocytes was found 13 months after the first large attack when the number of BAL neutrophils was markedly decreased. The number of BAL eosinophils did not change during her clinical course.
抄録(別表記) 経過中に気管支肺胞洗浄(BAL)液中に一過性の好中球増多が観察されたアトピー型喘息症例について,若干の臨床的観察を加えた。症例は,64才の女性で,臨床症状,および血清IgE高値,ハウスダストに対するIgE抗体陽性などから,アトピー型喘息と診断された。なお,経過観察し得た15ヵ月の間に2回の大発作が観察された。1.第1回の大発作後,BAL液中好中球増多と換気機能の低下が観察された。そして,このBAL液中好中球頻度は明らかな改善が見られた。BAL液中の総細胞数および好中球の絶対数も徐々に減少傾向を示し,好中球頻度と同様,第2回目の大発作3ヵ月後には著明な減少が観察された。同時にこの時期には,BAL液中リンパ球の増加も見られた。しかし,BAL液中好酸球数は15ヵ月の経過観察中ほとんど変化は見られなかった。
キーワード Bronchial asthma (気管支喘息) transient BAL neutrophilia(一過性BAL液中好中球増多) ventilatory function (換気機能)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 52
終了ページ 59
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307805
JaLCDOI 10.18926/15312
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息における気道炎症細胞.喘息重症度と関連した気道細胞反応の特徴
フルテキストURL 064_083_088.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 中桐 善康| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was examined in 11 elderly asthmatics over the age of 70, and the results were compared with those of 11 younger asthmatics under the age of 50. In the subjects with mild asthma, the proportion of BAL cells in the elderly subjects was 86.2% macrophages, 11.0% lymphocytes, 1.9% neutrophils, 0.9% eosinophils and 0.08% basophilic cells. The proportion of neutrophils and eosinophils in the BAL fluid was slightly higher in younger subjects with mild asthma compared with that in elderly subjects, although no significant difference was found between the two groups. In subjects with severe asthma, the proportions of lymphocytes, neutrophils, eosinophils and basophilic cells were more increased in both younger and older patients compared to those with mild asthma, and a significant increase in the number of BAL eosinophils was found in younger subjects with severe asthma compared to those with mild asthma (p < 0.05). However, no significant difference was present in the proportion of BAL cells between younger and older patients with severe asthma. The results reveal that BAL cells are more increased in subjects with suvere asthma than in those with mild asthma in both younger and older subjects, and show the possibility that this increase is more predominant in neutrophils in older subjects and in eosinophils in younger subjects.
抄録(別表記) 70才以上の老年者気管支喘息11例(平均年齢71.4才)を対象に,重症度と気道細胞反応との関連について検討を加えた。なお,対照として50才以下の喘息症例11例(平均年齢33.5才)を選んだ。1.老年者の軽症型喘息における気管支肺胞洗浄(BAL)液中の出現細胞の頻度は,マクロファージが86.2%,リンパ球が11.0%,好中球が1.9%,好酸球が0.9%,好塩基性細胞が0.08%であった。BAL液中の好中球,好酸球の頻度は若青年症例でやや高い傾向が見られたが,両群間に有意の差は見られなかった。重症例では,老年症例,若青年症例とも,軽症例に比べリンパ球,好中球,好酸球などのBAL細胞の出現頻度が増加しており,特に好酸球では若青年症例の重症例で軽症例に比べ有意に高い頻度が観察された。これらの結果は, リンパ球,好中球,好酸球などのBAL細胞は,軽症例に比べ重症例で増加してくること,そして,その増加は老年症例では好中球,若青年症例では好酸球の増加が特徴的であることを示唆しているものと考えられた。
キーワード Neutrophils (好中球) Eosinophils (好酸球) Bronchoalveolar lavage (気管支肺胞洗浄) asthma severity (喘息重症度)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 83
終了ページ 88
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307736
JaLCDOI 10.18926/15311
タイトル(別表記) 抗原および Ca ionophore A23187 刺激時におけるアトピー型気管支喘息末梢血好塩基球の運動能
フルテキストURL 064_043_051.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 越智 浩二| 原田 英雄| 中川 二郎| 宗田 良| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 We examined histamine release and morphological changes in basophilic granulocytes from atopic subjects, in response to stimulation with antigen and Ca ionophore A23187. 1. Histamine release and a reduction in the rumber of basophils were more rapid and greater in extent at an early stage of antigen stimulation compared with Ca ionophore A23187 stimulation. 2. Morphological changes in basophils, represented by increased motility, in terms of an increased ratio of short to long axis diameter (L/S ratio), as well as the increased frequency of basophils with localized granules and those with pseudopods, were more often observed antigen stimulation than with Ca ionophore A23187 stimulation. In contrast, morphogical changes in which basophils appeared swollen, showing an increased mean cell diameter and an increased frequency of cells with 5 vacuoles or more were more predominant with Ca ionophore A23187 than with antigen stimulation. The results obtained here show that bridging of IgE receptors is essential to activate basophils and induce increased motility in these cells.
抄録(別表記) アトピー型気管支喘息末梢血好塩基球を用い,抗原および Ca ionophore A23187 刺激時のヒスタミン遊離およびその形態的変化について比較検討した。1.抗原刺激時には, Ca ionophore A23187 刺激時に比べ,好塩基球からのヒスタミン遊離および好塩基球数の減少の程度は,より急激でかつ高度であった。2.好塩基球の形態的変化,すなわち,長経/短経比の増大,限局性顆粒あるいは偽足を有する好塩基球の出現頻度の増加などの運動能の亢進を示唆する好塩基球の形態的変化は, Ca ionophore A23187 に比べ抗原刺激時により高度であった。一方,平均直径の増大,5個以上の空砲を有する好塩基球の出現頻度の増加などの,むしろ膨化傾向を示唆する好塩基球の形態的変化は,抗原刺激時に比べ, Co ionophore A23187 刺激時により高度であった。これらの結果より,抗原刺激によるIgE受容体のbridgingが,好塩基球を活性化し,運動能の亢進をひき起こすものと判断された。
キーワード histamine release (ヒスタミン遊離) increased basophil motility (好塩基球の運動能の亢進) bridging of IgE receptors (LgE 受容体) antigen (抗原) Ca ionophore A23187
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 43
終了ページ 51
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307677
JaLCDOI 10.18926/15310
タイトル(別表記) 気管支喘息の臨床分類とその細胞性および液性因子の特徴
フルテキストURL 064_036_042.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 中桐 善康| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Characteristics of each asthma type classified by clinical symptoms and findings were studied in 72 patients with bronchial asthma. 1. Ventilatory function tests showed that the values of % MMF, % V(50) and % V(25) were significantly lower in patients with bronchiolar obstruction (type II) compared to the values of those with simple bronchoconstriction type (type Ia) and those with bronchoconstriction + hypersecretion (type Ib). 2. The proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was significantly higher in type II than in type Ia and type Ib. Several patients with type Ib showed higher proportion of BAL eosinophils. 3. The release of LTC(4) from leucocytes was significantly lower in type II compared with type Ia and type Ib. There was no significant difference in the release of histamine and LTB(4) among the three asthma types.
抄録(別表記) 気管支喘息72例を対象に,その臨床病態の特徴を,気道炎症性の細胞および化学伝達物質の観察により検討した。1.気道反応の特徴を換気機能の面から検討すると,II細気管支閉塞型において,MMF,V(50)やV(25)などの小ないし細気管支領域の換気障害を示すパラメーターの値は,Ia型,Ib型に比べ 有意の低下を示した。2.気道細胞反応では,II型において,他の臨床病型に比べ,BAL液中好中球の出現頻度の有意の増加が観察された(Ia, p<0.001 ; Ib, p<0.01)。好酸球の出現頻度は,Ib過分泌型において著しい増加傾向を示す症例が見られたが,その平均出現頻度には3病型間に有意の差は見られなかった。3.好中球からのメジェー夕ー遊離では,ヒスタミン遊離は,Ia単純性気管支撃縮型において最も高い値が示されたが,推計学的には3病型間に有意の差は見られなかった。ロイコトリエンC(4)では,Ia型においてII型に比べ有意に高い遊離が観察された(p<0.05)。ロイコトリエンB(4)遊離には,3病型間に差は見られなかった。
キーワード Bronchial asthma Asthma classification BAL fluid chemical mediators
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 36
終了ページ 42
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307662
JaLCDOI 10.18926/15308
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について
フルテキストURL 064_075_082.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Humoral and cellular immune responses in bronchial asthma were examined by comparing the results of older asthmatics (group OA) with those of older healthy subjects (group OH) and of younger asthmatics (group YA). In humoral immune response, IgE-mediated immune system expressed by elevated serum IgE levels and IgE antibodies for house dust mite (HDm) and/or Candida albicans was clearly found in older asthmatics, while there was no finding showing the presence of IgE-mediated immune response in older healthy subjects. There was no significant difference in levels of serum IgG and IgA among the three groups. However, the serum IgM level was significantly lower in older asthmatics than in younger asthmatics. IgE antibodies to HDm and/or Candida albicans were more frequently found in older asthmatics compared with older healthy subjects. In contrast, IgG(4) antibodies to HDm were not different among the three groups. IgG(4) antibodies to Candida albicans were significantly higher in both older groups than in younger group. However, there was no significant difference between asthmatic and healthy subjects in the elderly. Delayed skin reaction to PPD was significantly more decreased in older asthmatics. These results show that bronchial asthma in the elderly is characterized by the presence of IgE-mediated immune response and by the changes of immune response with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について,老年者気管支喘息,老年者健常人,および若年者気管支喘息の間で比較検討を行った。1.まず,液性免疫では,血清IgE値高値,ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体陽性などのIgE系反応は,老年者気管支喘息においては明らかに観察されたが,老年者健常人では全く観察されなかった。血清IgGおよびIgA値には3者間に有意の差は見られなかったが,血清IgMは,若年者喘息に比べ老年者喘息で有意に低い値を示した。2.ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体は老年者喘息において老年者健常人に比べより高い頻度で陽性であったが,一方,ハウスダストに対するIgG(4)抗体は3者聞に有意の差は見られなかった。また,カンジダに対するIgG(4)抗体は,老年者喘息および健常人において,若年者喘息に比べ有意の高値を示した。しかし,老年者の喘息と健常人との間には有意の差は見られなかった。3.PPDによる遅延型皮膚反応は,若年者喘息に比べ老年者喘息において有意の減弱傾向を示した。これらの結果は,老年者喘息はIgE系反応を有していること,そして,加齢による免疫反応の変化の影響を受けること,を示している。
キーワード IgE IgG(4) Immunoglobulings (免疫グロブリン) PPD Bronchial asthma (気管支喘息) 加齢
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 75
終了ページ 82
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307261
JaLCDOI 10.18926/15307
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるハウスダストアレルギー. 血清IgE値とIgE抗体価と年齢との関連
フルテキストURL 064_031_035.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Serum IgE levels and IgE antibody values in relation to patient age were examined in 50 patients with house dust mite (HDm) sensitive asthma, 1. IgE antibody values to HDm were highest in patients between the ages of 10 and 19, and the values generally low in those over the age of 40. 2. High IgE antibody values to HDm were accompanied by high serum IgE levels in patients between 10 and 19. IgE antibody values and serum IgE levels were in general low in patients over age 40. In patient under age 9, serum IgE levels were less than 500 IU/ml in 5 of the 10 subjects despite an increased value of IgE antibodies to HDm. These results suggest that an increased production of IgE antibodies to HDm is usually accompanied by an increased production of total IgE in younger subjects. However, an increase in production of IgE antibodies is not always related to an increase in production of total IgE in patients under age 9. The results also show that production of IgE antibodies to HDm and total IgE is in general low in older patients despite the hyperreactivity to HDm.
抄録(別表記) ハウスダストが原因抗原であるアトピー型気管支喘息50例を対象に,血清IgE値とIgE抗体価を年齢との関連のもとに検討した。1.IgE抗体価は10-19才の年齢層の症例において最も高く,一方40才以上の症例では全般的に低い傾向が見られた。2.10-19才の年齢層の症例では,IgE抗体価の高値と同時に血清IgE値も高い値を示したが,40才以上の症例では,IgE抗休価および血清IgE値いずれも10-19才の症例に比べ全般的に低い値を示した。9才以下の症例では,IgE抗体価の高値にもかかわらず,血清IgE値は比較的低く,500IU/ml以下を示した症例が10例中5例に観察された。これらの結果は,若年症例では,IgE抗体の産生亢進と総IgEの産生亢進が同時に見られること が多いが,9才以下ではIgE抗体産生亢進に総IgE産生亢進が必ずしもともなわない場合があることを示している。また,40才以上の症例では,ハウスダストに対する過敏性は有しているものの,IgE抗体価および血清IgEは全般的に低い値を示す傾向が示唆された。
キーワード Serum IgE (血清IgE) IgE antibodies (IgE抗体) house dust mite (ダニ) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 31
終了ページ 35
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307674
JaLCDOI 10.18926/15305
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道炎症反応の臨床的意義。慢性閉塞性細気管支炎との比較検討
フルテキストURL 064_024_030.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Clinical significanoce of airway inflammation was assessed in 28 patients with bronchial asthma, and the results were compared with those in 9 patients with chronic obstructive bronchiolitis (COB). 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage(BAL) fluid was markedly increased in patients with COB (51.0×10(6)), which was significantly greater than that in those with bronchial asthma (9.6×10(6) ). 2. The proportion of BAL macrophages was significantly higher in patients with bronchial asthma than in those with COB. However, the, absolute number of BAL macrophages was not significantly different between them. 3. The proportion of BAL lymphocytes was higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, but this difference was not signifcant. In contrast, the absolute number of BAL lymphocytes was significantly greater in patients with COB than in those with bronchial asthma. 4. The proportion and the number of BAL neutrophils were markedly increased in patients with COB compared to those with bronchial asthma. 5. The proportion and the number of BAL eosinophils were higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, although these defferences were not significant. The results suggest that airway inflammation in bronchial asthma is not so intensive as that in COB.
抄録(別表記) 気管支喘息28例および慢性閉塞性細気管支炎9例を対象に,気道炎症反応の臨床的意義について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄(BAL)液中の総細胞数は,慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており(51.0×10(6)),気管支喘息(9.6×10(6))との間に有意の差が見られた。2.BAL液中マクロファージの頻度は気管支喘息において,慢性閉塞性細気管支炎に比べ有意に高い値を示したが,絶対数での比較では両疾患群間に有意の差は見られなかった。 3.BAL液中リンパ球の頻度は,気管支喘息においてやや高い傾向が見られたが,絶対数の比較では慢性閉塞性細気管支炎において有意に高い値であった。 4.BAL液中の好中球は,その頻度および絶対数とも慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており,これは気管支喘息と比べ有意に高い値であった。 5.BAL液中好酸球の頻度および絶対数は,気管支喘息においてやや高い値であったが,両疾患群間に有意の差は見られなかった。以上の結果より,気管支喘息における気道炎症反応は,慢性閉塞性細気管支炎ほど高度ではない ことが明らかにされた。
キーワード airway inflammation (気道炎症反応) bronchial asthma (気管支喘息) chronic obstructive bronchiolitis (慢性閉塞性細気管支炎) lymphocytes (リンパ球) neutrophils (好中球)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 24
終了ページ 30
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307730
JaLCDOI 10.18926/15303
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるActivated Tリンパ球について,喘息発作との関連
フルテキストURL 064_011_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 The number of CD4(+) T-Iymphocytes, CD4/CD8 ratio, and the number of IL2R(+) T-Iymphocytes (CD25) were examined in 14 patients with bronchial asthma, and the results were compared in three different asthma stages : symptom-free stage, wheeze stage, and attack stage. 1. The proportion of blood CD4(+) T-lymphocytes was more decreased in patients with asthma attacks than in those without symptoms. The CD4/CD8 ratio was also more decreased in patients with attacks than in those without symptoms. However, these differences were not significant. 2. The proportion of blood activated T cells (IL2R(+) cells, CD25) was significantly increased in patients with attacks than in those without symptoms. The proportion of activated T cells in 5 asthma patients was 2.9±0.8% in symptom-free stage and 6.6±1.1% in attack stage(p<0.001). These findings show that numbers of activated T-lymphocytes in peripheral blood were increased during asthma attacks, and this increase suggests the participation of activated T cells in the pathogenesis of asthma.
抄録(別表記) 気管支喘息14例を対象に,末梢血CD4(+)リンパ球の頻度,CD4/CD8比およびIL2R(+)Tリンパ球の頻度について,喘息発作との関連のもとに検討を加えた。1.CD4(+)リンパ球の頻度は,非発作時の症例で最も高く,喘鳴のみの症例,発作の見られる症例へと順次低くなる傾向が見られたが,推計学的には有意の差は見られなかった。CD4/CD8比も同様に,非発作時に最も高く,発作を有する症例では非発作時に比べ低い値を示したが,推計学的には有意の差は見られなかった。2.IL2R(+)Tリンパ球(activated Tリンパ球)の頻度は,非発作時の症例で最も低く(3.5±1.1%),喘鳴のみをともなう症例(3.8±1.1%),発作の見られる症例(5.8±1.9%)へと順次高くなる傾向を示し,発作のある症例では,非発作および喘鳴のみの症例に比べ有意に高い値 を示した。また,非発作時と発作のある時期にIL2R(+)Tリンパ球を観察し得た5症例では,非発作時2.9±0.8%,発作のある時期6.6±1.1%であり,発作のある時期に有意の高値を示した(p<0.001)。これらの結果は,発作のある時期にはactivated Tリンパ球の頻度が増加すること,そして,この増加はactivated Tリンパ球が喘息発作の病態と密接な関連を有していることを示唆するものと考えられた。
キーワード CD4(+) T cells (CD4(+)リンパ球) CD4/CD8 ratio (CD4/CD8比) IL2R(+) T cells (IL2R(+)Tリンパ球) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 11
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307394
JaLCDOI 10.18926/15301
タイトル(別表記) 気管支喘息における副腎皮質ホルモン長期投与による免疫抑制と気管支肺胞洗浄液中好中球増多との関連
フルテキストURL 064_017_023.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was compared between two age-matched steroid-dependent intractable asthma (SDIA) groups : 17 group A patients (serum IgG level < 1000mg/dℓ) whose immunity was regarded as being suppressed by long-term glucocorticoid therapy and 17 group B patients (serum IgG level > 1200mg/dℓ). 1. The levels of serum IgA and IgM were significantly decreased in group A compared to the levels in group B patients. 2. The number of blood lymphocytes was also significantly lower in group A than in group B patients. However, the number of blood neutrophils was not different between the two asthma groups. 3.The number of BAL lymphocytes was significantly lower in group A than in group B patients. 4. BAL neutrophilia (more than 1.5×10 (4)/mℓ) was observed in 6 of the 17(35.3%) patients in group A, but not observed in any patients in group B. The number of BAL neutrophils was significantly greater in group A than in group B patients. These results suggest that there is a correlation between immunosuppression by glucocorticoids and BAL neutrophilia in patients with bronchial asthma.
抄録(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息を,免疫抑制の見られる症例(血清IgG値1000mg/dℓ以下)(グループA)と抑制の見られない症例(血清IgG値1200mg/dℓ以上)(グループB)の2群に分け,気管支肺胞洗浄液中の細胞成分について比較検討した。1.血清IgAおよびIgM値は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に低い値であった。2.末梢血リンパ球数は,グループAにおいて,グループBに比べ有意に少ない傾向が見られた。しかし,末梢血好中球数は両群間に有意の差は見られなかった。3.BAL液中リンパ球数は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に少 ない数であった。4.BAL液中好中球増多(1.5×10(4)/mℓ以上)を示す症例は, グループAの17例中6例(35.3%)に見られたが,グループBでは全く 見られなかった。また,BAL液中好中球数は,グループAにおいてグループBに比べ有意に多い数であった。以上の結果により,副腎皮質ホルモン長期投与 による免疫抑制とBAL液中好中球増多とはある程度関連があることが明らかにされた。
キーワード immunosuppression (免疫抑制) BAL neutrophilia (BAL好中球増多) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 17
終了ページ 23
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307882
JaLCDOI 10.18926/15299
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息に対する温泉療法の重要性。過去10年間の181例を対象に。
フルテキストURL 064_001_010.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Characteristics of 181 patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) who were admitted to our hospital and had spa therapy for last 10 years were examined in relation to the methods of spa therapy. For last 10 years, three kinds ofspa therapies were administered: spa therapy A (swimming training in a hot spring pool) in the first atage (1982-1985), spa therapy B (swimming training + inhalation of iodine salt solution) in the middle stage (1986 -1989), and spa therapy C (swimming training + inhalation of iodine salt solution + fango therapy) in the last stage (1990-1991) of this study. 1. The number of patients with SDIA who were admitted to our hospital and had spa therapy tended to increase from 2 in 1986 to 35 in 1991. 2. The number of SDIA patients over the age of 60 or over the age at onset of 40 tended to increase from the first stage to the last stage. 3. The proportion of patients from distant areas (prefectures other than Tottori) was decreasing for the last stage, although the number of these patients was increasing in recent years. 4. The proportions of patients divided by serum IgE levels and by clinical asthma types did not change for last 10 years. 5. The proportion of type Ib and type II asthma was considerably high in patients with SDIA for last 10 years. 6. Clinical effects of spa therapy were observed in 21 of the 30 (70.0%)patients with SDIA in the first stage (1982-1985) with spa therapy A, 68 of the 83 (74.7%) patients with SDIA in the middle stage (1986-1989) with spa therapy B, and 61 of the 68 (89.7%) patients with SDIA in the last stage (1990-1991) with spa therapy C.
抄録(別表記) 最近10年間に三朝分院へ入院し,温泉療法を受けたステロイド依存性重症難治性喘息181例を対象に,温泉療法の方法との関連のもとに,対象患者の背景について検討を加えた。最近10年間に3種類の温泉療法が行われた。温泉療法A(温泉プール水泳訓練)は初期(1982-1985),温泉療法B(水泳訓練+ヨードゾル吸入)は中期(1986-1989),また,温泉療法C(水泳訓練+ヨードゾル吸入+鉱泥湿布療法)は後期(1990-1991)に行われた。1.当院へ入院し,温泉療法を受けたステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)患者の数は,1986年の2例から1991年の35例へと増加の傾向を示した。2.SDIA患者のうち,60才以 上の症例および40才以降の発症症例の数は,1986年以降急激な増加傾向を示した。3.鳥取県以外の他県(遠隔地)からの入院患者の頻度は,近年減少の傾向を示したが,その絶対数は増加の傾向であった。4.血清IgE値はいずれの時期においても200IU/mℓ以下の症例が多い傾向が見られた。5.臨床病型では,通常の喘息に比べIb型およびII型の頻度が高い傾向が見られた。6.温泉療法の臨床効果は,温泉療法Aが行われた初期では70.0%,温泉療法Bの中期では74.7%,温泉療法Cの後期では89.7%であった。
キーワード swimming training in a hot spring pool (温泉プール水泳訓練) inhalation of iodine salt solution (ヨードゾル吸入) fango therapy (鉱泥湿布療法) SDIA
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307391